テーマ別「買ってよかったもの」まとめ

「2ミニッツ」管理人が愛用中のベストガジェット一覧

「2ミニッツ」管理人が最後に選んだベストガジェット

「ミニマルガジェットレビュー」がテーマの当ブログの結論として、管理人の選ぶ一番よかったもの=実際に日々使っているベストガジェットをまとめました。

  • ガジェット概要
  • 2行解説
  • レビュー記事

の形で紹介していきます。

スポンサーリンク
さらにお得に買うために

Amazonで買うならAmazonギフト券払いがおすすめ。

ギフト券残高にチャージしてから支払うだけで、最大2.5%ポイント還元が受けられます。

使わない手はないので、ぜひどうぞ。

※チャージ残高は10年有効

PC・デスク・作業環境

デスクトップPC:Acer Chromebox CXI3-F38P

私用、仕事ともChromeOSで十分だったので、自宅書斎に導入したChromebox。

ChromeOS的にはハイエンドなスペック、コンパクトでミニマルな筐体に惚れました。

Acer Chromebox CXI3-F38P レビュー | Chromebook慣れした人は絶対に好きになる
...

ディスプレイ:LG 27UL500-W

Amazonで売れ続けている定番の27インチ4Kディスプレイ。

性能・機能はベーシックですが、そのぶん値段もこなれており、使い勝手も含めすべてがちょうどいい4Kディスプレイです。

LG 27UL500-Wレビュー | 機能も価格もちょうどいい、PC作業向け27インチ4Kディスプレイ
...

なお、高さが少し足りなかったので、こちらのモニタースタンドにVESAマウントして使っています。

GREEN HOUSE GH-AMCM01レビュー | とにかく揺れない、がっちり設計のモニタースタンド
モニタースタンド(ディスプレイスタンド)GREEN HOUSE GH-AMCM01を購入。画面の高さがまっすぐ前を見た目線の先にくるようになり、姿勢がスッキリ。買ってよかったと思います。

サブディスプレイ:Lepow Z1

USB-Cだけで使える15.6インチのFHDモバイルディスプレイ。

本当は持ち歩いて使うのが正解なんでうが、27インチ4Kディスプレイの横に「縦置き」するとちょうどぴったりハマるので、サブディスプレイとして活躍してもらっています。

Lepow Z1 15.6インチモバイルモニターレビュー | 27インチ4Kの横に縦置きすると捗る
横置きが前提のモバイルモニター「Lepow Z1」を、あえて縦置きで使ってみたら、思いのほか便利でした。27インチ・28インチの4Kディスプレイとの相性も抜群。

なお付属のケースでは縦置きに難ありだったため、こちらのタブレットスタンドを「なんちゃってモニターアーム」として使っています。

Klearlookタブレットスタンドレビュー | モバイルディスプレイの縦置きや、タブレットのデスクトップ化におすすめ
15.6インチのモバイルディスプレイを浮かせて縦置きするために、タブレットスタンドKlearlookを購入。揺れない・ずれない・垂れないと3拍子揃っています。

ヘッドセット:Aeropex OpenComm

Web会議用のインカムに使っているOpenComm。

音質、マイク品質、バッテリー特性、装着感。あらゆる面でテレワークな自分にとって理想的でした。

AfterShokz OpenCommレビュー | 通話特化型の業務用骨伝導ヘッドセット。テレワーク者なら買って損なし
AfterShokz OpenCommは、業務通話特化型の次世代骨伝導ヘッドホン(骨伝導イヤホン)。長時間のWeb会議でつけっぱなしでも痛くならない、電池も16時間持つなど、ビジネスユースでも十分な品質でした。

スピーカーフォン:eMeet Luna

有線でも無線でも使える小型スピーカーフォン。

便利機能は荒削りながら、ビジネスユースに耐える安定性をクリアな音質がお気に入りです。

eMeet Lunaレビュー | 荒削りだが役に立つ。テレワーク後も使いたくなる「わかってる」スピーカーフォン
有線でも無線でも使える1万円以下のスピーカーフォン「eMeet Luna」を1週間以上使い倒した実機レビュー。リモートワーク時のみならず、会社の会議室でのテレビ会議にも使え、ビジネスユースに耐える安定性を誇る、良いアイテムです。

キーボード(メイン):HHKB Professional HYBRID Type-S

ぼくにとってロトの剣のような伝説の道具である、Happy Hacking Keyboard。

中古のHHKB Professional 2を1ヶ月使ってみた結果、その使い心地に惚れ込んだので、最高級版に乗り換えました。もうこれ以外のキーボードには移れません。

結局、HHKB Professional HYBRID Type-S(英字配列・無刻印)を買ったのでレビュー
...

キーボード(サブ):KEMOVE

HHKBで60キーボードの魅力にハマった勢いで入手したメカニカル60キーボード。

当初は赤軸を選んだものの、その後Gateron黄軸に換装して、折に触れてゆるふわ打鍵感を楽しんでいます。

KEMOVEレビュー | 自由すぎる60%メカニカルキーボード。Fnキーすら割当変更可能
KEMOVE 61 SnowFoxをレビュー。普通は場所変更できないファンクションキーすらリマップできてしまう、柔軟性の高すぎる60%メカニカルキーボードです。

マウス:Logicool M590

マルチペアリング可能なLogicoolの定番マウス。

マウス1台で2台のPCにつなぎ分けられるのでデスクが片付きます。必要十分なコンパクトさとちょうどいい使い心地も魅力です。

Logicool M590レビュー | デスクがスッキリ。2台マルチペアリング対応の定番Bluetoothマウス
マルチペアリングに加え、独自機能のLogicool FLOWにより、2台のPCのを

充電器:RAVPower RP-PC133

仕事カバンを小さく軽くしたい一心で、標準ACアダプタの代替を探し続けた結果、たどり着きました。

小さい、軽い、高出力。もはやこれ以外のACアダプタを使う気が起きません。

RAVPower RP-PC133 レビュー | 理想形の進化形。2ポート65W小型軽量急速充電器
とにかく小さい、とにかく軽い。なのに65Wの高出力。USB-C PDとUSB-Aの2口。ガジェットへの給電力と持ち歩きやすさを兼ね備えた逸品。

ノートPCスタンド(持ち歩き用):MOFT mini

これまでさまざまなノートPCスタンドを使ってきた結論が、「持ち歩きならMOFT miniこそ至高」でした。

薄さ、軽さ、使いやすさ、安定性、排熱、そして値段。どの観点からも非常にバランスが取れており、非の打ち所のない逸品です。

MOFT miniノートPCスタンド レビュー | 隠れた逸品。まずこれを選べば間違えない
薄型軽量のノートPCスタンドを探しているすべての人に、まっさきにおすすめしたいと思える一品。

ノートPCスタンド(据え置き用):CIO-PCST-02

デスクをスッキリさせるために導入したもの。

独自のアーチ型アームにより前面から押す力に対する耐性が強い点が決め手。ノートPC上のキーボードを操作しなければならないので重宝しています。

CIO-PCST-02レビュー | 安全性と安定性がレベチ。設計工夫が光る卓上タイプ折りたたみ式ノートPCスタンド
CIO-PCST-02ノートパソコンスタンドを導入したら、ディスプレイの高さが揃ったり、デスク掃除がしやすくなったり、いいことづくめでした。

ノートPCスタンド(縦置き用):TrutDot

ノートPCをクラムシェルスタイルで使うときに持ち出すスタンド。

安かったわりにしっかりと重みがあり、デザインも最低限の高級感があり、「これがいい」というより「これでいい」が似合う一品です。

TrutDot縦置きノートPCスタンド レビュー | やたら安いけど実力はどうなのか、検証してみた
縦置きのノートパソコンスタンド「TrutDot」を購入したのでレビュー。品質はしっかりしながらも、機能と価格は最低限、という質実剛健な構成で、倹約家なぼくにはピッタリでした。

デスク:FlexiSpot EJ2

テレワークでありがちな「運動不足解消」「生産性の低下」を防ぐべく導入した、電動スタンディングデスク。

仕事の質や状況に応じて「立ち」「座り」を手軽に切り替えられる、心強い相棒です。

FlexiSpot EJ2レビュー | コスパと機能と安定感、どれも満足の電動スタンディングデスク
FlexiSpot EJ2を発売直後に購入。人柱として使い倒した結論は「最高」です。

ちなみに床に直接立っていると足の裏がつらいので、マットを敷いています。

FlexiSpot DM1レビュー | 正直必須。足と脚に優しいスタンディングデスク向け足踏みマット
1日8時間はスタンディングデスクで仕事をしている管理人が、立ち仕事向けの足踏みマット「FlexiSpot DM1」をレビュー。足の裏や脚の痛みの変化、使ってみてわかった気づきを共有します。

電源まわり:ケーブルトレー+多ポートACアダプタ

雑になりがちなケーブル類は、多ポートなACアダプタでまとめつつ、ケーブルトレーとマグネット式のケーブルホルダーで整理しています。

だらしないデスクの配線をミニマルに整理。長く使う場所だから気分良く過ごしたい
PC、ディスプレイ、タブレットなど、ガジェットの集まりやすいデスクは配線が散らかりがち。ケーブルトレーやオーガナイザーできれいにしましょう。
CIO KJ-PD3レビュー | USB-Aポート不足を解消しつつPD充電もこなせる、42W出力の1C3Aチャージャー
CIO KJ-PD3 1C3A 42Wチャージャーは、不足しがちなUSB-Aポートをコンセント1つで供給してくれます。また30WのPD充電も可能なので、スマホ+複数のガジェット類の充電はこれ1台でOKです。

チェア:タンスのゲン G-AIR

4,980円の激安オフィスチェアです。

品質は値段なり。そもそも電動スタンディングデスクを使っており8割くらいは立っているので、座ったときのクオリティは二の次でOK。

タンスのゲン G-AIR ハイバックオフィスチェア レビュー | 良い意味で値段相応なPC作業椅子
...

スマホ、周辺機器

スマホ(メイン):Google Pixel 4a

Googleの作りたかった廉価版4Gスマホ。

持ち前の写真撮影の快適さは随一。「やっぱりこれからもPixelを使っていたい」と思える良作です。

Pixel 4aを1ヶ月使い込んだので「答え合わせ」してみる(カメラ・性能・バッテリーのレビューを中心に)
Pixel 4aだけを使い込んで1ヶ月。第一印象では見えなかったポイントが少しずつ見えてきたので、「答え合わせ」として使用感をレポートします。

スマホ(サブ):Google Pixel 2

日本未発売のGoogle Pixel 2です。

2017年発売の旧機種ですが、なにかと思い入れが深いため、パーツを交換しつつ使い続けています。

Google Pixel 2レビュー総まとめ:個人輸入してでも買ってよかった
Google Pixel 2のレビューをまとめます。本体デザイン、カメラ、処理性能からPixel 2限定の機能まで。あらゆる側面で評価した結果、「これは買うべき」「買ってよかった」と言いきれる逸品でした。

ワイヤレス充電器:deskHack

デスクをミニマルに保つ秘訣は、片付けるのではなく置くものを減らすこと。

机に置くだけでQi充電できるdeskHackは、まさに自分のためのワイヤレス充電器といえます。

deskHack レビュー | 机がQiになる魔法のワイヤレス充電器。デスクがミニマルに保てます
...

充電ケーブル:CAFELE

持ち歩き用。PCにつないで周辺機器をUSB給電するのに使っています。

3 in 1の巻取り式なので超コンパクト。おすすめです。

3 in 1巻き取り式USBケーブル「CAFELE」 レビュー | 持ち歩くケーブルが減ってすっきり
CAFELEの3 in 1巻取り式USB充電ケーブルを購入したのでレビュー。Lightingはデータ転送と高速充電、Micro-USBとUSB-Cは高速充電に対応。巻取り式なのでカバンの中でも散らからずコンパクト。持ち歩くケーブルを少なくしたい人にぴったりです。

モバイルバッテリー:SMARTCOBY 20000 60W

高性能、多機能、大容量、小型軽量。

すべて揃った完璧なモバイルバッテリーです。

SMARTCOBY 20000 60Wレビュー | これは良い。高出力・大容量・小型・軽量・高性能な全部入りモバイルバッテリー
高出力・大容量なのに小型・軽量でしかも高機能。力と技と素早さのすべてを兼ね備えたモバイルバッテリーが「SMARTCOBY 20000」です。

スマホスタンド:Stonfecn

どのスマホスタンドよりも薄くて軽くて丈夫。

カバンの内ポケットに入れておくとなにかと便利です。

スキマ時間でも効率よく執筆できる、おすすめミニマルガジェット3選
ネタはある。記事の骨子もできている。しかし記事を仕上げる時間が取れず、下書きがたまる一方。そんな状況を脱するべく、スキマ時間にさっと執筆できる環境を整えました。

スマートウォッチ:SoundPEATS Watch 1

気負わず使えるスマートウォッチ。15日間持つバッテリーとハードウェア面の品質はさすがのSoundPEATSブランドといったところ。

同社初のスマートウォッチであることからソフトウェア面は荒削りですが、良い品であることは確かです。

SoundPEATS Watch1レビュー | 多機能で安いが荒削り。アプリのアプデで化けそうなスマートウォッチ
SoundPEATS社はじめてのスマートウォッチ、Watch 1。安定のSoundPEATSブランドと3,000円台の低価格が光るアイテムですが、初作のせいか多くの部分が荒削り。今後のソフトウェア・アップデートに期待したい一品です。

タブレット

読書用:Kindle Paperwhite

家での読書は全部これ。

なによりフォルムが良いので、壊れない限り買い換えるつもりもなく。

Kindle Paperwhiteがかわいい。物理デザインが秀逸で心揺さぶられる
Amazon Kindle Paperwhiteはかわいい。ガチでかわいい。そう思わせるプロダクトデザインってすごい。

電子メモ:Xiaomi Miijaライティングタブレット

Xiaomi Mijia LCDライティングタブレット ボード 電子黒板 手書きメモパッド グラフィックボード 作例

パッと考えついたことをシュッと文字や図に落としたり、思考整理したいときに使う電子メモ。

「ただ書ける」「ボタンで全部消える」と機能がシンプル。だからこそ汎用性が高く、意外と出番が多いです。

Xiaomi Miija LCDライティングタブレットレビュー | スキマ時間の一人ブレストや0秒思考的なメモ書きに
いわばブギーボードの特大版である電子メモパッド。思考の整理や一人であれこれゼロベースで考えるのに便利です。子供のお絵かきにも使えるかも。

イヤホン・ヘッドホン

オールアラウンド:Jabra Elite Active 65t

シュッとしたデザイン、すばらしい音質、そして使い勝手。あらゆる面で惚れ込んだ完全ワイヤレスイヤホン。

アレクサ対応でKindle本の読み上げもできるため、読書が捗ります。

Jabra Elite Active 65t レビュー | 見た目も中身もハイレベルな完全ワイヤレスイヤホン

Jabra Elite Active 65tを買ったのでレビュー。残念だったアプリの出来も改善し、非常に満足度の高い買い物になりました。

インパクト重視:EarFun Air

基礎力と完成度の高さが群を抜いており、特に高精細ながら迫力のあるサウンドは圧巻。

イヤホンのなかでは一番使う頻度が高いです。それだけ優秀ということ。

EarFun Airレビュー | 5,000円台と思えない。基礎力と完成度の高い、受賞歴も納得の完全ワイヤレスイヤホン
5000円台の完全ワイヤレスイヤホンとは思えない音質とバッテリー性能。軽い装着感は絶妙な設計の賜物。高評価レビューや各賞受賞も納得。EarFun Air、おすすめです。

ナチュラル重視:SIMGOT EM2

恋しくなるほど高精細でリッチな音質を奏でる、本気の有線イヤホン。

普段は他のものを使いながらも、「今日はEM2で聴きたいな」と思い立つレベルで気に入っています。

SIMGOT EM2 レビュー | 音もデザインも美しく、上級者も楽しめる、隙のない高品位イヤホン
...

分解能重視:SoundPEATS Truengine 3SE

粒感・抜け感・臨場感に優れており、分解能が高く、音域や楽器別の聴き分けが捗る完全ワイヤレスイヤホン。

音楽を1つの音としてでなく、複数の音が連関する集合体として捉え楽しむぼくにはクリーンヒット。手放せなくなりました。

SoundPEATS Truengine 3SEレビュー | この音質はズルい。音の分解とバランスが秀逸な完全ワイヤレスイヤホン
5,000円台でこんなに分解能が高い完全ワイヤレスイヤホンがあったなんて。聞いてはいけない音まで聞こえてしまい、、まるで楽譜を聞いている気分。

無線化:TRN BT20S

手持ちの有線イヤホンを無線化するために入手したアダプタ。

有線のSIMGOT EM2をどうしても無線で使いたくて導入したのですが、音質と便利さが両立されて完璧です。

TRN BT20Sレビュー | これは良い。有線イヤホンを完全ワイヤレス化するリケーブルアダプタで音質と便利さを両立
お気に入りの有線イヤホンが、音質はそのまま完全ワイヤレスイヤホンになったとしたら?その夢を叶えるアイテム、あります。

スマートホーム

動画キャスト系:Fire TV、Chromecast

ミニマルかは置いておいて、リビングのTVで動画ストリーミングするには必須の2つ。

2018年Amazonプライムデーで買ってよかった・後悔しなかったものまとめ

Amazonプライムデーでなにを買うべき?買って後悔しないものは?ぼくが買って本当によかったと思ったものを紹介します。次回プライムデーで迷わないために、ぜひチェックしてみてください。

音声操作系:Echo Dot、Google Home

アレクサ用の音声リモコンとして設置。

BluetoothでGoogle Homeと接続し、音はそっちで鳴らしてます。そのほうが音質いいので。

2018年Amazonプライムデーで買ってよかった・後悔しなかったものまとめ

Amazonプライムデーでなにを買うべき?買って後悔しないものは?ぼくが買って本当によかったと思ったものを紹介します。次回プライムデーで迷わないために、ぜひチェックしてみてください。

リビングルームでの音楽再生、音声でYouTubeをテレビに流す、天気予報やニュースを聞く、など。

未就学児が2人いると音声コマンドのありがたみがわかるってもんです。

【2018年】買ってよかったガジェット13選。自信をもっておすすめできるものを厳選

2018年に買ったガジェットのうち、心の底からおすすめできる「よかったもの」をピックアップして紹介します。

インターネット接続

WiFi:TP Link Deco X20

コロナの影響で、仕事・プライベートにわたり家のネット環境の重要性が高まったので導入したもの。

ネットの早さが5倍になったことでWeb会議や4K動画再生もサクサク。WiFiのSSIDも統一され、設定や管理もアプリで簡単にできるようになり、いいことづくめです。

TP-Link Deco X20レビュー | ネットが5倍早くなった。WiFi 6対応のメッシュWiFiで「おうち時間」をアップデート
自宅WiFiをTP-Link Deco X20でメッシュWiFi化してみました。ボトルネックだった古いルータがなくなったことでインターネット通信速度が5倍になり、中継器を使わなくてよくなったので同じSSIDを使え、良いことづくめでした。

楽天モバイルUN-LIMIT

ガジェットではありませんが、どうしても紹介しておきたいのでラインナップに入れさせてください。

楽天回線エリアでは通信し放題。混雑時間帯でも平均で50〜80Mbpsくらい出ており、ハマる人には最高の通信回線です。

楽天モバイルUN-LIMITだけ生活1ヶ月。乗り換えた理由と結果のふりかえり
楽天モバイルの「UN-LIMIT」だけを使っていて感じた、便利なこと、不便なことのまとめ。「本当に大丈夫?」と思っている人はぜひご一読を。

日常系ガジェット

ショルダーバッグ:Mi City Sling Bag

ゴテゴテしがちなショルダーバッグ界で、このミニマルデザインはピカイチ。

重めなガジェットを入れても肩が痛くなりにくく、ガジェットメーカーの心意気を感じます。

Xiaomi Mi City Sling Bag レビュー | ガジェットの持ち歩きに特化したボディバッグ
...

財布:Kohdou マネークリップ

いわゆる「薄い財布」。ぼくの使い方的に小銭入れが必須だったので、折衷案的に買ってみたもの。

赤黒のデザインやミニマルな機能性がGoodで、壊れても同じものを買いたいと思ってます。

Kohdouマネークリップ レビュー | 初めての薄い財布におすすめ
薄くて軽い小銭入れつきの財布「Kohdouマネークリップ」をレビューします。脱小銭は難しいものの、薄い財布に興味があって試したい。そんな方におすすめです。

ひげ剃りクリーナー:RazorPit

やたら値が張るカミソリの替刃代を削減するために買った、カミソリの刃の寿命をポテンシャルいっぱいまで引き出すクリーナー。

その効果は凄まじく、刃の交換頻度は激減。1年間で約7,000円ほど節約できています。

RazorPitレビュー | カミソリが3倍長持ちするクリーナーをガチ評価してみた
...

まとめ:随時更新していきます

今後も使ってよかったもの&日常使う水準に至ったものがあり次第、更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました