【まとめ】2018年買ってよかったガジェット13選

deskHack レビュー | 魔法のような快適さ。机をQiにする次世代ワイヤレス充電器

deskHackは机をワイヤレス充電器にする魔法のデバイス モバイルバッテリー・充電器

提供:株式会社CIO

「デスクをワイヤレス充電器に変える」

そんな魔法のようなクラウドファンディングプロダクト「deskHack」の実物を入手したのでレビューします。

プロジェクトページやイメージ画像を見るだけだと便利さがイメージしづらかったんですが、実際に使ってみると「こりゃいいや!」とびっくり

Qi充電器を使っている人にぜひ使ってみていただきたい一品です。

スポンサーリンク

deskHackの概要

  • 充電規格:Qi
  • 充電出力:5W / 7.5W / 10W
  • 充電可能距離:12~32mm
  • 本体重量:230g
  • サイズ:132 x 102 x 21mm
  • カラー:白、黒、ウッド(Campfire先行販売)

Qi対応デバイスなら基本充電できます。スマホについては公式サイトに対応機種一覧が出ているので参考にどうぞ。

参考 『deskHack』 Qi(ワイヤレス充電)対応機種一覧

deskHackのレビュー

deskHackの外箱デザイン(表)
「次世代ワイヤレス充電器」だそう

ではレビューしていきます。

同梱物:必要十分

deskHackの同梱物
deskHackの同梱物。正確に取り付けるためのグッズが充実している
  • deskHack本体
  • DCアダプター
  • マグネットシート
  • deskHackシール(25mm×2、50mm×2)
  • 固定マグネット×2、ケーブル固定クランプ
  • 取付用シート(表・裏)
  • 取扱説明書

右下の台紙2枚は、取付用シート。deskHackを取り付ける際にガイドとして使います。

左下の黄色と黒丸は、deskHackシールおよびマグネットシート。デスクの上に「ここが充電ポイントだよ」と印をつけるためのものです。

NAE
NAE

見えるところに貼るシールに複数のデザインがあるのは嬉しいです

組み立て:若干クセがある

説明書が若干わかりづらいので、公式の解説動画を紹介します。

deskhack取り付け手順
deskHackの取り付け方法(公式動画)

こちらに従って取り付けた手順は以下のとおりです。。

deckHackの組み立て手順
  • Step 1
    設置位置を決め、 取付シート(表) を貼る
    deskHack設置予定部分を決めるため、強力磁石で位置決めをしているところ
    真ん中の穴は自分であける

    取付シート裏側の両面テープを使い、取付シートを設置位置に仮止めします。

    取付シートの真ん中にマグネットを通します。

  • Step 2
    裏側にマグネットをくっつける
    deskHack設置予定位置の裏側につけた強力磁石
    磁石は結構強力で、15mmの天板をはさんでもくっつく

    表側のマグネット位置にあわせて、裏側にマグネットをくっつけます。

  • Step 3
    取付シート(裏)をデスク裏に貼り付ける
    deskHack設置予定位置の裏側につけた強力磁石に、取付シート(裏)をはめ込んだところ
    仮止め前に、マグネットを動かして位置調整すると良い

    取付シート(裏)の 裏側にある両面テープを剥がし、真ん中に開けた穴にマグネットを通したうえで、デスクの裏に仮止めします。

    これで、デスクの表裏両方に、位置関係がマッチした状態で取付シートが貼られたことになります。

  • Step 4
    取付シート(裏)の型紙を外す
    deskHack設置予定位置裏側に取付シート(裏)を貼り付けたところ
    この穴にdeskHackをはめ込みます

    裏側中心の型紙をペリペリ外します。仮止めした取付シート(裏)の枠がdeskHack本体取付のガイドになるので、取れないように注意しましょう。

  • Step 5
    取付シート(表)の型紙を外す
    deskHack取付予定箇所に貼り付けた取付シート(表)から、シール貼り付け部分の台紙を取り除いたところ
    貼るシールの大きさに応じて

    表側も同様に、型紙を外します。貼りたいdeskHackシールのサイズに応じて、どの大きさの型紙を外すか決めましょう。

  • Step 6
    deskHackシールをデスクの表に貼る
    deskHack取付予定箇所に貼り付けた取付シート(表)にあわせて、deskHackシールを貼り付けたところ
    直径50mmのシールを貼りました

    先ほどはがした型紙にあわせて、deskHackシールを貼ります。

    「ここに置いたら充電されますよ」という目印になります。

  • Step 7
    deshHack本体をデスクの裏に貼る

    次はdeskHack本体です。

    deskhack本体から両面テープを剥がしたところ
    両面テープを剥がしたdeskHack本体

    両面テープを剥がして……

    deskHackを、取付シール(裏)のガイドにあわせて、机の裏に貼り付けたところ
    取付シートの枠にあわせて貼る

    デスク裏側の取付シート(裏)の枠にあわせて貼り付けます。

    これで、deskHack本体の真上にdeskHackシールがある状態になります。

  • Step 8
    取付シールを取り除き、電源をつなぐ
    机の裏に貼り付けたdeskHackに、AC電源をつないだ様子。緑のLEDが点灯する
    電源と近い場所に設置すると配線がキレイにまとまります

    位置合わせに使った取付シールを剥がし、同梱されているDC電源と接続すれば完成です。

最終的な仕上がりはこんな感じになりました。

deskHack取付済のデスクに置いたiPhone 8
iPhone 8とdeskHack

デスクの上はシール1枚だけ。スッキリしています。

充電能力:30分で20%充電

deskHackによるiPhone 8充電スピード
30分で54% → 今72%まで充電された

電池劣化のほぼないiPhone 8で計測した結果、30分で18%充電されました。

途中数分間deskHackからiPhoneを離したため、実際は30分で20%充電するくらいの水準です。

この結果ですが、USB-C〜Lightningケーブルを使うと30分で最大50%充電できることを考えると、充電速度としては中くらいの位置づけです。

とはいえこの水準は他のQi充電器でも同じなので、deskHackが悪いわけではありません。

NAE
NAE

そもそもdeskHackの価値は「机をワイヤレス充電器にする」ことなので、他のQi充電器と同じ速度が出れば十分です

充電可能距離:看板に偽りなし

deskHackの充電可能距離は、本体から12〜32mmとされています。

そこで、本当に32mmまでいけるか実験してみました。

  1. 距離15mm(デスク天板のみ)
  2. 距離30mm(デスク天板+文庫本1冊)
  3. 距離45mm(デスク天板+文庫本2冊)

結果は、距離15mm〜30mmで問題なく充電できました

NAE
NAE

30mmまでいけるということは、手帳型のスマホケースを使っていても問題なさそうです

デスク天板のみ(15mm)

deskHackシールの上にiPhone 8を置くと、ワイヤレス充電される
当然可能

なにも問題なく充電できました。

デスク天板+文庫本1冊

15mm厚の文庫本
特別出演:ラクをしないと成果は出ない

文庫本です。

文庫本の厚さをデスクの天板の厚さと比較。同じくらいなので15mm厚になる
15mm+15mm≒30mm

デスクの天板とほぼ同じ厚みなので、トータルで厚み30mmちょいです。

結果……

deskHackシールの上に15mm厚の文庫本を置き、その上にiPhone 8を置いてみたところ。無事充電されている
30mmの距離を越えて充電されるiPhone 8

なにも問題なく充電できました。

デスク天板+文庫本2冊

deskHackの上に15mmの文庫本を2冊置いた上にiPhone 8を置いてみたところ。充電されていない
特別出演:ビジネスマンのための「数字力」養成講座

同じ厚さの文庫本をさらに重ね、その上にiPhoneを置くと、充電されず。

さすがに45mmでは無理があったようです。

deskHackを使って嬉しかったこと

仕事用の会社携帯(iPhone)を自宅で充電するためにdeskHackを使っているんですが、結論、かなり良いです。

充電し忘れがなくなった

desckHackでiPhone 8を充電している様子
ポイと置くだけで充電できるのはEpoch Making

これまでずっと、帰宅後は会社iPhoneを触らないことに決めていました。(WorkとLifeは完全分断するタイプ)

そのため、会社iPhoneの電池残量が残り少しでも、仕事カバンに放り込んだままにしていたんです。

そしてそのまま翌朝を迎え、朝iPhoneでメールチェックしようと思ったら電池切れで慌てて充電……ということがよくありました。

こうなってしまう原因は、会社iPhoneを充電器に挿すのが面倒くさいからでした。

しかしdeskHackなら、ただそこに置くだけ。それで朝まで放っておけば充電完了。なんて楽なのでしょう

おかげで朝にiPhoneが充電切れして焦ることが全くなくなりました。

書斎がミニマルに保てた

deskHackを取り付け済のデスク。モノが増えずスッキリ
充電器がないのに充電できる書斎

先日作った自宅の書斎。モノが少ないミニマルな環境が好きなぼくとしては、PCもディスプレイもキーボードもマウスも、なるべくミニマルなものを使うつもりです。

そんな書斎において、充電のためだけにデスクにモノを置くなんて許せません。充電用のケーブルは論外。タップやハブなどもってのほか。

その点、deskHackはすばらしい。デスクの上に増えたのはたったのシール1枚。ほかに置くものは一切ありません

書斎をミニマルに保つことができ、非常に満足しています。

deskHackはこんな人におすすめ

  • 自分用の作業スペースを持っている人
  • デスクをシンプルに保ちたい人
  • Qi対応充電器を持っている人

deskHackは取付型デバイスで、移動ができません。自分専用の作業スペースなど、使う場所は決め打ちできることがdeskHackを使う前提条件です。

そのかわり、deskHackを使えばデスクの上はシール1枚。余計なモノを置かなくて良いので、デスクをシンプル&ミニマルに保ちたい人にぴったり。

特に、これまでQi対応充電器をデスクに出したままにして使っていた人ほど、deskHackを使うときっと驚くでしょう。「今までのQi対応充電器ってこんなに邪魔だったんだ」と。

まとめ:まさに次世代。お試しあれ

deskHackの黒と白
白と黒があります

deskHackは正直、実際に使ってみないとその価値がわかりにくいプロダクトです。

しかし一度使ったら手放せなくなるほど便利です。

iPhoneをはじめ、Qiでのワイヤレス充電ができるデバイスを持っている人や、ミニマリストな方々はお試しを。

以上「机をQiにする次世代ワイヤレス充電器、deskHackのレビュー」でした。

NAE
NAE

スタバが座席にワイヤレス充電器を仕込むという噂もありましたし、店に導入してもおもしろいかもしれませんね

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました