モバイルバッテリー・充電器

RAVPower RP-PC133 レビュー | 理想形の進化形。2ポート65W小型軽量急速充電器

RAVPower RP-PC133

提供:RAVPower

以前「理想のチャージャー」としてご紹介した「RP-PC112」の進化版、RP-PC133が2020年3月に発売されました。

さっそく入手し、1週間使ってみた感想を一言にまとめると……

NAE
NAE

もうこれだけでいいんじゃないかな

です。

ノートPC向けのチャージャーを探しているすべての人に、自信を持っておすすめできる逸品だと思います。

スポンサーリンク

RAVPower RP-PC133の概要

PD 充電器 RAVPower Type C 急速充電器 65W USB-A + USB-C 【GaN (窒化ガリウム)採用/2ポート/PD対応/折りたたみ式/PD Pioneer Technology採用】 iPhone/MacBook/ノートパソコン/Switchなど対応 RP-PC133 (ブラック)

注目ポイント

  • 高出力:65Wの高出力で充電がすぐ終わる
  • 多ポート:USB-CとUSB-Aの2ポートを備える
  • コンパクト:MacBookのアダプターより約52%の小型化
  • 安全・安心:PSE認証済み・マルチ保護システム搭載

スペック

  • サイズ:約55 x 55 x 31.5mm
  • 重量:約120g(充電器本体)
  • 入力:100~240V 50/60Hz 1.5A
  • USB-Cポート出力:PD3.0対応 5V/3A,9V/3A,12V/3A,15V/3A,20V/3.25A 最大65W
  • USB-Aポート出力:QC対応 5V/3A,9V/2A,12V/1.5A 最大18W
  • カラバリ:ブラック、ホワイト

RAVPower RP-PC133のレビュー

それでは、実物レビューに入ります。

デザイン:シュッとミニマル

RAVPower RP-PC133はUSB-C(PD 3.0)とUSB-A(iSmart)の2口構成

今回はブラックを選択。

表側にはUSB-CとUSB-Aの2口、サイドにRAVPowerのロゴ。

RAVPower RP-PC133は折りたたみ型コンセント

裏側には折りたたみ式のコンセントプラグ。

サイドに「65」の刻印がされています。

RAVPower RP-PC133の下方にある各種認証や仕様の一覧

下側に各種規格。PSE認証マークも確認できます。

RAVPower RP-PC133をコンセントに挿すと青色LEDが光る

コンセントに挿すと青色のLEDが光ります。

全体的に無駄がなく、最低限のデザインで好感が持てます。

大きさ:とにかく小さい

RAVPower RP-PC133を手に持ってみたところ
手:172cmの男性

手にすっぽりおさまってしまいます。

RAVPower RP-PC133の大きさをiPhone 8と比較
右:iPhone 8

iPhone 8と比べると半分未満。下から3列目のアプリアイコンまでくらいにおさまる高さです。

カバンのサイドポケットにするっと入れておけるサイズ感です。

重さ:ただただ軽い

RAVPower RP-PC133は重さ実測115g

公式では「約120g」でしたが、実測は115gでした。

会社PC(ThinkPad X280)の標準ACアダプターが200gオーバーなので、だいたい半分くらいの重さです。

移動のときに肩が楽になりそうです。

充電速度:十分

RAVPower RP-PC133で18W急速充電対応のスマホを充電してみた
スマホを充電すると「急速充電」の表示が

3パターン試し、いずれも十分な充電速度が出ています。

  • USB-C→USB-C(60W)のノートPC
  • USB-C→USB-C(18W)のスマホ
  • USB-A→Micro-USB(5W)のワイヤレスイヤホン

発熱:ほぼなし

USB-C(60W)とUSB-A(5W)を接続して1週間ほど使ってみましたが、目立った発熱は見られませんでした。

触るとほんのり温かいくらい。「熱い」という人は誰もいないと思える水準です。

PSE認証済なだけあって、発熱はじめ各種安全面は大丈夫そうです。

保証:最長30ヶ月

  • 購入日から18ヶ月の長期保証
  • 製品登録すると+12ヶ月延長保証

2年半あれば十分でしょう。

(参考)似た製品との比較

前作RP-PC112とRP-PC133の比較

RAVPower RP-PC133とRP-PC112の大きさを比較
黒:RP-PC133 白:RP-PC112
RAVPower
RP-PC133
RAVPower
RP-PC112
出力65W61W
ポートUSB-C
USB-A
USB-C
大きさ55x55x31.5mm49x49x32mm
重さ115g104g
コンセント
折りたたみ
可能可能
値段4,599円3,999円

前作のRP-PC112と比べると、RP-PC133は

  • 少し大い(+5mm四方)
  • 少し重い(+10g)
  • 出力アップ(61W→65W)
  • ポートが増えた(1C→1C1A)
  • 値段が+600円

という感じ。

値段差が小さいため、迷わずRP-PC133を選ぶほうが良いと思います。

AUKEY Omnia Duo PA-B4との比較

RAVPower
RP-PC133
AUKEY
Omnia Duo PA-B4
出力65W65W
ポートUSB-C
USB-A
USB-Cx2
大きさ55x55x31.5mm52x52x30mm
重さ115g103.5g
コンセント
折りたたみ
可能可能
値段4,599円5,980円

2020年4月発売の後発、同じ出力の2ポート構成である「AUKEY Omnia Duo PA-B4」と比べると、RP-PC133は

  • 少し大きい(+3mm四方)
  • 少し重い(+10g)
  • ポートが違う(USB-A)
  • 安い(-1400円)

ということに。大きさと重さは誤差レベルです。

そのため、どちらを選ぶかは要件と値段の考え方によります。おおまか

  • 「USB-Cが2つ」が必須なら、AUKEY Omnia Duo PA-B4
  • そうでない限りは、RAVPower RP-PC133

と選べば良いでしょう。

実際に使ってみた感想

Garageケーブルトレーに電源タップやケーブル、配線類を収納した様子
左手前がRAVPower RP-PC133

1週間、RP-PC133を仕事専用の充電器として使ってみました。

結論、「もうこれだけで十分」です。

ノートPC+ワイヤレスイヤホンにぴったり

ぼくはいつも仕事で

  • 会社用ノートPC(USB-C/60W)
  • コール用ワイヤレスイヤホン(Micro-USB/5W)

を使っているのですが、実はこの組み合わせ、RP-PC133の給電量にぴったり。

無駄なく充電できるのは気持ちがいいですね。

配線まわりがスッキリして嬉しい

これまでは、会社用ノートPCとコール用ワイヤレスイヤホンで1つずつチャージャーを使っていました。

しかしRP-PC133のおかげで、使うチャージャーを1つに集約できました。

電源タップの配線まわりがスッキリできて満足です。

軽さ・小ささは正義。持ち歩きも楽々

RP-PC133は小型・軽量なので、電源タップを圧迫しないし、持ち歩きのとき重さが気になりません。

本記事初出時点(2020年5月11日)ではテレワークのため自宅書斎で使っていますが、テレワークが解除されてもRP-PC133を持ち歩く気まんまんです。

RAVPower RP-PC133はこんな人におすすめ

  • USB-C給電のノートPCを使っている人
  • 電源まわりをスッキリさせたい人
  • 持ち歩く荷物を小さく・軽くしたい人

まとめ:理想形の進化形

総合評価:

理想だと思っていた充電器の進化版として、これから長くつきあう相棒になってくれると確信しています。

今後にわたって電源まわりをスッキリさせたい、持ち歩く荷物を小さく軽くしたい方は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。きっと後悔しませんよ。

以上「理想のチャージャーの進化版、RAVPower RP-PC133のレビュー」でした。

タイトルとURLをコピーしました