モバイルバッテリー・充電器

Lilnob 3C1Aレビュー | 100W出力4ポート構成の小型チャージャーは一家に1台あっていい

4.0
Lilnob 3C1A

提供:CIO

ガジェットメーカーCIO様のご厚意で、同社がクラウドファンディングで開発した充電器「Lilnob 3C1A(CIO-G100W3C1A)」をレビューさせていただけることとなりました。

Lilnob 3C1Aは、

  • パワフル
  • 多ポート
  • 最小・最軽量

を目指して開発されたチャージャー。

特に「最軽量(170g)」は、クラウドファンディング当時では他に類を見ない軽さとして、非常に注目されていました。

一方、手元に届いた実機は、実測で207g。企画者いわく「設計当初以上の発熱があり、安全重視で放熱剤を追加した結果」とのこと。

とはいえ、100Wクラスの3C1Aチャージャーとしては小型な部類、というポイントは変わらず。

特にUSB-Cが3ポート揃っているため、PD対応のガジェットを多く持っている人にとっては、必ずどこかで登場するだろうユーティリティープレイヤーになるかと思います。

スポンサーリンク

Lilnob 3C1Aとは

Lilnob 3C1Aクラウドファンディング

注目ポイント

  • 3つのUSB-Cポート
  • 100Wの高出力
  • 小型・軽量

仕様・スペック

  • 材質:PC
  • カラー:ブラック・ホワイト
  • GaNチップ:Navitas NV6127
  • AC入力:100-240V,50-60Hz
  • ポート数:4ポート(Type-C x3・USB-A x1)
  • 急速充電対応規格:PPS/PD3.0/PD2.0/QC4+/QC4.0/QC3.0/QC2.0 AFC,FCP,SCP,PE2.0/PE1.0,SFCP APPLE2.4,BC1.2
  • サイズ:約60 x 75 x 29mm
  • 重量:約207g(実測)
  • プラグ:折り畳みタイプ

Lilnob 3C1Aレビュー

それでは実機レビューです。

外観・デザイン

Lilnob 3C1A 本体 前側 見た目

表面はサラッとしています。

サイドにCIOのロゴ、前面にはUSB-Cポートが3つとUSB-Aポートが1つ。

Lilnob 3C1A 本体 後ろ側 見た目 コンセント 折りたたみ式

反対側は折りたたみ式のコンセントになっています。

Lilnob 3C1A 本体 底面 規格 印字 PSEマーク

底面には各種認証の印字。

PSEマークも確認できます。

Lilnob 3C1A 本体 LED 青 通電時

コンセントに挿すと、LEDが青く光ります。

重さ:クラファン当時より+30g

Lilnob 3C1A 本体 重さ 実測207g

クラウドファンディング時は「重さ約170g」が売りだったはず。

ですが、重さは実測で207g。30g以上オーバーしています。

企画者に問い合わせたところ、「設計当初以上の発熱があり、安全重視で放熱剤を追加した結果」とのこと。

NAE
NAE

安全重視なら、致し方なしです

充電性能:100W、各種急速充電規格対応

出力仕様は以下の通り。

  • 単ポート充電時
    • C1(PD):100W Max
    • C2(PD):100W Max
    • C3(PD):30W Max
    • A(QC3.0,SPC,Xiaomi急速充電):30W Max
  • 2ポート充電時
    • C1(PD)+C2(PD):65W+30W
    • C1(PD)+C3(PD) :65W+30W
    • C1(PD)+A:65W+30W
    • C2(PD)+C3(PD):65W+30W
    • C2(PD)+A:65W+30W
    • C3(PD)+A:15W Max (5V 3A)
  • 3ポート充電時
    • C1(PD)+C2(PD)+C3(PD):45W+30W+18W
    • C1(PD)+C2(PD)+A:45W+18W+30W
    • C1(PD)+C3(PD)+A:65W Max + 15W Max (5V 3A)
    • C2(PD)+C3(PD)+A:65W Max + 15W Max (5V 3A)
  • 4ポート充電時
    • C1(PD)+C2(PD)+C3(PD)+A:45W+30W+15W Max(5V 3A)

合計100W出力まで対応のため、

  • スマホなら4台は余裕
  • ノートPC+複数の周辺機器への給電もOK
  • 機種によってはノートPCを2台同時充電も

という感じ。

デバイスを選ばずマルチに使えます。

熱と音:なし

複数ポートから同時給電しても、わりとヒンヤリしています。

コイル鳴きのような音は、一切聞こえません。

とても安定しています。

NAE
NAE

安全重視で放熱剤を入れた効果ですね

耐久性:未評価

使って1週間ほど。これまでは問題なく動いていますが、それ以上の耐久性は評価できません。

なにか気になる事象や兆候が出たら、追記していこうと思います。

保証:1年

クラウドファンディングのページでは、「商品到着より1年保証」とされています。

メーカーであるCIO社の他のプロダクトと同じなので、一般販売後も1年保証がつくと考えて差し支えないでしょう。

実際に使ってみた感想

Lilnob 3C1A 実際に使ってみた

4ポート構成ということで、デスク下のタップに挿して、USB系デバイス向けチャージャーにしました。

RAVPower RP-PC133からの入れ替えです。

こんなふうに接続してみた

主な接続先は2つ。

  • USB-C:MSTハブ経由でノートPCへ
  • USB-A:15.6インチのサブディスプレイへ

Lilnob 3C1Aとしては65W+30W(合計95W)出力になるパターン。

今回、サブディスプレイは10W入力なので、実質合計65W+10W=75Wです。

1週間使い続けた結果

この構成で1週間使い続けましたが、なにも問題なく給電され続けています

給電先であるノートPC、MSTハブ、サブディスプレイの動作にも不具合はありません。

ビジネスユースにも耐えられる給電能力、と呼んで差し支えないと思います。

Lilnob 3C1Aはこんな人におすすめ

  • USB給電のガジェットを複数持っている
  • デスクのタコ足配線をスッキリさせたい

まとめ:みんなのチャージャー

総合評価:

クラウドファンディング時より実測で30g重かった点から、期待値を満たしているとは言い切れない、という意味で★-1。

とはいえ、

  • 十分な出力
  • 多ポート構成
  • 手のひらサイズのハンディさ

と、多方面で優秀であることはたしか。

なので、Lilnob 3C1Aが全く活躍できないケース、ほぼないんじゃないでしょうか。

その意味で、誰向けというよりは、みんな向けといえます。

もし多ポート構成のチャージャーを持っていないなら、1ついかがでしょうか。きっとどこかで役立つと思います。

以上「Lilnob 3C1Aレビュー | 100W出力4ポート構成の小型チャージャーは一家に1台あっていい」でした。

タイトルとURLをコピーしました