スピーカー

BlitzWolf BW-SDB1 Proレビュー | 無名の実力派。音場の広さと迫力が魅力のサウンドバー

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー レビュー

提供:Banggood

海外通販Banggood様より、BlitzWolfのサウンドバー「BW-SDB1 Pro」をご提供いただきました。

というより、ぼくから「レビューさせていただけないか」、とリクエストしました。

理由は、せっかく良いものっぽいに、知られていないのはもったいないからです。

というわけで、本記事ではBlitzWolf BW-SDB1 Proをご紹介します。

特に、これまで使ってきたアンダー1万円の廉価版サウンドバーと比べて音質はどうなのか、レビューしていきたいと思います。

NAE
NAE

先に結論をいうと、かなり良いので気に入っています

スポンサーリンク

BlitzWolf BW-SDB1 Proに惹かれた理由

端的にいうと、

  • BlitzWolfブランドは、日本では知られていない
  • しかし海外レビューは高評価
  • これは、もったいないのでは?

と思ったからです。

BlitzWolfブランド、日本では正直無名です。

Amazonにストアはあるものの、出ている商品は本記事初出時点(2021年6月12日)で7アイテムのみ。

ただ、海外通販ではよく見かけるんです。なにかとレコメンドに出てきたり、よくプロモーション対象になっていたり。

で、実際に商品詳細を見てみると、わりと高レビューが多い。レビューの中身もまともなものがほとんど

なので、「これはもしかしたら、知られていないだけの実力者なのでは」と思っていたのです。

なので、ぜひブログで紹介させてください、と。

NAE
NAE

良いものを発掘して広めるのもメディアの役目だと思うんです

BlitzWolf BW-SDB1 Proの概要

注目ポイント

  • 60W、2チャネル、4スピーカー
  • 360°ステレオサウンド
  • 独特の三角形フォルム
  • 有線3種、無線1種での接続に対応
  • バス・トレブルの10段階調整
  • 4種類のサウンドモード
  • 壁掛け・平置き両対応

仕様・スペック

  • Brand: BlitzWolf®
  • Model: BW-SDB1 Pro
  • Color: Black
  • Voltage: 110-220V
  • bluetooth Version: 5.0+EDR
  • Audio Decoding: SBC
  • bluetooth Distance: 10m
  • Input: 3.5mm AUX, USB, BT, HDMI, OPT
  • Power Supply: DC 24V, 1.75A
  • Power: 60W
  • Speaker: 4 speakers, 66mm
  • Product Weight: 2kg
  • Product Size (L x W x H): 90.00 x 7.80 x 7.6 cm / 35.00 x 3.10x 3.00 inches

BlitzWolf BW-SDB1 Proレビュー

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 外箱
かなり大きな外箱。凹んでいるのは海外通販あるある
BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 本体と付属品
ウォールマウント用のキットも付属
BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 説明書 ユーザマニュアル 日本語あり
説明書には日本語コーナーもある

ではレビューしていきます。

外観・デザイン:プラスチックだが高級感は十分

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 本体 全体像

前面は金属網のなかにスピーカーが入っています。

スピーカーは若干上に向いています。デスクに置くとちょうど自分の顔に向くくらい。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 左側 三角形のフォルム

横から見ると三角形型。

好みがわかれるかもしれませんが、スピーカーの向きを調整することで音の飛び方を調整していると考えれば、「なるほど」となりそう。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー BlitzWolfのロゴ

左側にはBlitzWolfのエンブレムがあります。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 右側 音源接続用USB 各種操作ボタン

反対側には操作ボタンが集まっています。

USB-Aは入力系統の1つです。珍しいですね。

前面の金属網部分以外はプラスチックですが、質感は悪くありません。

実際デスクやテレビ下に置くと、前の金属網しか見えないので、高級感は担保されるでしょう。

接続:複数系統で使い勝手よし

有線4種、無線1種の接続に対応しています。

  • HDMI
  • Optical
  • AUX(3.5mm)
  • USB-A
  • Bluetooth

これだけ多様な系統を備えていれば、いろいろなケースで使えるので、使い勝手としては十分でしょう。

HDMIに対応しているのは面白いですね。テレビ向けでしょうか。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー Bluetoothペアリングの際の認識のされ方
Bluetoothの表示名はBW-SDB1 PRO(大文字表記)

なおBluetooth接続はSBCです。

設置:平置き・壁掛け両対応だがプラグが……

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー デスクに置いてみた様子

壁掛け・平置きの両対応です。(壁掛け用のキットは付属)

今回はデスク用のサウンドバーなので、デスク奥に平置きしました。

いい感じにスチャッと収まっているのですが……

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 電源プラグ EU

付属するACアダプタがEUタイプ(Cタイプ)なので、コンセントに挿すときは変換プラグをかませなければなりません。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 設置時の電源部分
海外旅行用の変換プラグセットで取り急ぎ対応

実際はこんな感じになります。

本当はUSプラグタイプがあればよかったんですが、海外製品の宿命です。致し方なし。

なお変換プラグはAmazonで400円くらいで買えます。

機能:モード切替やバス・トレブル調整が可能

リモコンと本体、それぞれに操作ボタンがあります。

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 付属のリモコン
リモコンでできること
  • 電源オン/オフ
  • 音質モード切り替え(3D、News、Movie、Music)
  • バス・トレブルの調整(それぞれ10段階)
  • 入力元の切り替え
  • ミュート
  • 音量アップ/ダウン
  • (USB内の音楽を再生する場合)再生/一時停止、曲送り/戻り
BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 右側 音源接続用USB 各種操作ボタン
本体のボタンでできること
  • 電源オン/オフ
  • 入力元の切り替え
  • ミュート
  • 音量アップ/ダウン

実際の使い方は

  • テレビの下に置くならリモコンで
  • デスクに置くなら本体直接操作で

となると思います。

ぼくはデスクに置いているので

  • 先に、リモコンで音質調整を済ませておく
  • 普段のオンオフや音量調整は本体ボタンで

としています。

なお入力元や現在の音量などは、サウンドバー中央にデジタル表示されます。

音質:迫力十分。音がこっちに飛んでくる

バスとトレブルを最大(+5)、音質モードは「Music」でレビューしています

第一印象は

1万円未満のサウンドバーの2倍くらいはいいんじゃないの

です。

BlitzWolf® BW-SDB1 Proはセール時で実売1.1万円くらい。アンダー1万円にこだわるより、2000円くらい追加で出してこっちを買うほうがいいです。

詳しくいいますと……

廉価版スピーカーにありがちな「こもっている感」「平べったさ」「単一点からしか音が出ていない感」がありません。

イヤホンほどの臨場感はないものの、音場が広く、奥行きの表現もしっかりしているので、音楽に没入できます。

音域別の印象は、ざっくり以下の通り。

  • 高音:きらめきは並だが響きが良い
  • 中央:ボーカル主眼で他はサブ
  • 低音:音圧ががっつり届く

特に低音。サウンドバーから1mの距離ならボンボンきますし、数m離れても十分しっかり届きます。

出力が60Wなので、18畳くらいの部屋なら難なく音で満たせます。

総じて、音質は「優秀」と呼んで差し支えありません

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー バーフバリを見てみた

音楽だけだと観点が足りないと思ったので、Amazonプライムビデオでバーフバリを流してみました。

地鳴り、金属音、音声。いずれの点をとっても、リビングのテレビより臨場感がありました。

NAE
NAE

もう1つ買ってテレビ下につけたくなってきました

耐久性:未検証

使って1週間くらいなので未検証です。

少なくとも初期不良はありませんでした。

保証:30日

海外製品の宿命で、メーカー保証は期待できません。

ただし海外通販サイトBanggood側で、30日間の返品・返金を受け付けています。

実施に使ってみた感想

1週間ほど、BlitzWolf BW-SDB1 Proサウンドバーとともに過ごしてみました。

幅広すぎてデスクの中央に置けない

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー 左右の位置関係

モニターの下にサウンドバー、というエモい構成を目指しているのですが、どうしてもサウンドバーが真ん中に配置できません。

理由は……

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー エルゴトロンLXの土台と当たってしまう

モニターアーム(エルゴトロンLX)の長さが足りず、土台部分とBlitzWolf BW-SDB1 Proサウンドバーの端っこが当たってしまうためです。

「別に中央きっかりじゃなくてもいいじゃん」と思いつつ、やっぱり真ん中きっかりのほうが気持ちいいので、どうにかしたいところです。

EUプラグはやっぱりどうにかしたい

BlitzWolf BW-SDB1 Pro サウンドバー EUプラグの出っ張り

もう1つも見た目関連なんですが、EUプラグに変換プラグがでっぱっているせいで、サウンドバーの向こう側にACアダプタが見えてしまうのです。

「デスク下とかの電源タップに挿せばいいじゃん」と思われるかもしれません。

しかし電源タップは、まわりの空きスペースの関係で電源プラグの出っ張りを収容しきれない、という事情が……。

もし出力の規格が同じ汎用ACアダプタが見つかれば、交換を考えたいと思います。

ただ音質には大満足。一人時間がより良い時間に

とはいえ、音質がいいんです。

音質と比べると、配置や見た目の微妙さなんて小さい話。

スピーカーの本懐は音質なのだから、本来は見た目1割、音質9割です。

今もBlitzWolf BW-SDB1 Proで音楽を聴きながらこの記事を書いていますが、好きな音楽にひたって脳みそトリップする時間は良いものですよ。

一人時間の品質が上がった気がします。

BlitzWolf BW-SDB1 Proはこんな人におすすめ

  • アンダー1万円のサウンドバーを使っている
  • しかし、音質や迫力にいまいち満足できていない
  • 定番よりも新しいものを試してみたい

まとめ:日本では知られていない実力者

総合評価:

プラグ問題さえなければ100%おすすめできたのに超もったいない!

-★0.5はEUプラグだからです。これさえなければ良いサウンドバーなんですが。

EUプラグしかない理由は、BlitzWolfブランドの客層がEUに多いからかもしれません。

そのうち、USプラグ版(=日本のコンセントにそのまま挿せるもの)、またはメガネ型コードで接続できる版が出ることを祈ります。

とはいえ、「プラグ問題など詮無きこと!」という人には100%おすすめできる品です。

ぜひチェックしてみてください。

以上「BlitzWolf BW-SDB1 Proレビュー | 無名の実力派。音場の広さと迫力が魅力のサウンドバー」でした。