【まとめ】2018年買ってよかったガジェット13選

テレビの音をスマートスピーカー(Google Home)から鳴らして音質改善させてみた

Google Homeでテレビの音質改善 スマートスピーカー

テレビの音質がショボすぎるので、手持ちのスピーカーで一番良い音を出すGoogle Homeにつないでみました。

やり方と結果を紹介します。

スポンサーリンク

テレビの音をスマートスピーカーから鳴らす理由

一番の理由は音質改善ですが、それ以外にもあるので、紹介します。

テレビのスピーカーの音質がショボすぎる

わがやのテレビは8年モノの廉価版。スマートでも4Kでもなければ、スピーカーも価格なり。

音は全般的に平坦で、

  • 映画もドラマも臨場感がなくショボい
  • 音楽を鳴らすと「うわ……」と思う

くらいには、音質が悪いです。(まあ古いですし……)

なので、手持ちのスピーカーでもっとも高音質なGoogle Homeに頼ってみよう、と。

音声で音量操作したい

わがやは小さな子供が2人おりまして、

  • リモコンは簡単になくなる
  • そもそもリモコンを探す時間がもったいない

という状況のため、音声コマンドをめちゃくちゃ使ってます。(Google HomeとAmazon EchoDotは本当にありがたい……)

なのでテレビの音量も「OKグーグル」できたらいいな、と。

遠くのキッチンでもテレビの音を鳴らしたい

将来的には、テレビから遠いキッチンにGoogle Home miniを置いて、そこからテレビの音を鳴らすこともあるかなと。

料理しながらドラマや映画を見るシーン、今後は増えてくると思うので。

テレビとスマートスピーカーの接続方式:Bluetoothトランスミッターで接続

テレビとスマートスピーカーの接続は、間にBluetoothトランスミッターを挟む
Bluetoothトランスミッターを使う

Google Homeは有線接続に未対応。一方、テレビは無線接続に未対応。

なので、それぞれをBluetoothトランスミッターでつなぎます。

今回はAUKEYの「BT-C6」を使いました。

理由は、

  • 2台同時に接続できる
    → テレビ前のGoogle Home+キッチンのGoogle Home Miniの2台構ができる
  • 電源さしっぱで使える
    → 常時オンなスマートスピーカーと相性がいい
  • apt-X LLやAACへ対応
    → 将来、低遅延なBluetoothスピーカーを買っても対応できる
  • 価格が安い
    → 言わずもがな

の4点です。

レビューはこちら▼
参考 AUKEY BT-C6レビュー | 低遅延aptX LL対応、マルチに使えるBluetoothトランスミッター

音質と音ズレについて、動画の種類ごとの感想

テレビとGoogle HomeとAUKEY BT-C6をつないだところ
実際の距離感はこんな感じ

というわけで、さっそく接続して試してみました。

結果をざっくり言うと

  • 音質はめちゃくちゃ良くなった(特に低音)
  • 一部動画で音の遅延=音ズレが気になるようになった
  • 音声操作で音量調整ができるのはやっぱり便利

です。

特に気になるであろう音質と音ズレについて、動画の種類ごとにくわしい感想を書きます。

音楽PV:厳しい

音質改善により臨場感は高まるものの、画面と音の同期が取られなくなるので、PVとしては見られるレベルではなくなってしまいます。

たとえばYouTubeでDA PUMPの「U.S.A.」のPVを流してみたところ、サビのフリが半テンポずれて、「カーモン」の「モン」にあわせて足を引っ込めてる感じになります。

映画、ドラマ:臨場感すごい。音ズレも許容範囲

低音が強く出るようになり、爆発音などの臨場感は爆上がり。人の声にも奥行きを感じられるようになりました。

音ズレは、口の動きと声がピタッと同期しなくはなるものの、海外ドラマの吹替版を見ているイメージなので許容範囲内です。

アニメ:まったく違和感なく見られる

いくつかアニメを見てみましたが、日常シーンや戦闘シーンでは違和感ありませんでした。もともと口の形のパターンが限られているところに声を当てているからだと思われます。

ただし、登場キャラクターがダンスするエンディングやライブのシーンなど、音楽PVに近い性質の局面だと違和感が出てしまいました。

音ズレの理由は、おそらくコーデックの問題

Google Homeで音ズレしたのは、Google Homeが低遅延のコーデックに対応していないのが理由だと思われます。

コーデックとは、音でデータを転送する方式のこと。主に音の遅延=音ズレの大きさに影響します。

  • 古いコーデック(SBCなど) → 遅延が大きい
  • 新しいコーデック(aptXやAAC) → 遅延が小さい

スマホや完全ワイヤレスイヤホンでは、当然のように遅延コーデックが使われています。今回使ったBluetoothトランスミッター「BT-C6」は、遅延を最低限におさえる最新コーデック「aptX LL」が使えます。

しかし、肝心のGoogle Homeが古いコーデック(SBC)にしか対応していませんaptX対応機器一覧とかに載ってない)。だから音ズレが大きめに出たのでしょう。

NAE
NAE

Google Homeはあくまでスマートスピーカーであって外付けスピーカーではない、ということなのだと思います

まとめ:低遅延コーデックへの対応が待たれる

テレビの音をBluetooghトランスミッター経由でGoogle Homeから鳴らしてみた結果、音質改善はすさまじかったものの音ズレのせいで音楽PVは厳しい、となりました。

音ズレだけが残念すぎるので、Google Homeさん、はやく低遅延コーデックに対応してくださいという思いでいっぱいです。

以上「テレビの音をBluetooth経由でスマートスピーカー(Google Home)から鳴らす」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました