デスク・作業環境

ノートPCスタンドのタイプ別代表アイテムを比較。実際に使ったからわかる、おすすめの選び方も解説

ノートPCスタンドの代表アイテムの比較と選び方を解説

これまでさまざまなタイプのノートPCスタンドを使ってきたので、

  • それぞれの特性の比較
  • おすすめの選び方

について、まとめます。

ノートPCスタンドを初めて買う人、どれを選べばいいかわからない人の判断の助けになれば幸いです。

NAE
NAE

ノートPCに貼り付けるタイプのものが対象です。Megainvoのような別置きタイプは対象外なのでご承知おきください

スポンサーリンク

本記事で比較する代表的なノートPCスタンド

今回比較するのは、以下4つです。

  • Kickflip(折りたたみ系代表)
  • Majextand(金属素材系代表)
  • MOFT(一体化系代表)
  • MOFT mini(軽量系代表)

それぞれ、ざっくり紹介します。

Kickflip:ザ・元祖

Kickflipは、2014年発売で、ノートPCスタンドの元祖とも言える存在。

シンプルな機構と軽さで、2020年現在も根強い人気があります。(ぼくも使ってます)

最近は類似品が出回っていますが、粘着樹脂の取り外しやすさなど、長く使うことを前提とした使いやすさは他の追随を許しません。

ぼくの職場でも「最近これ買ったんだ」という人が出てくるくらいのロングラン製品です。

参考 Kickflipの詳細レビュー(を含む類似品のレビュー)はこちら

Majextand:ザ・最薄

Majextandは、2018年に登場した最薄のノートPCスタンド。厚さ1.7mmの記録は未だ破られていません。

薄さと頑丈さを両立させるため、素材は金属。

そのぶん若干重さはありますが、金属なだけあって排熱性能はピカイチ。

薄さや冷却効率を求める人におすすめの一品です。

参考 Majextandの詳細レビューはこちら

MOFT:ザ・新星

MOFTは、2019年にクラウドファンディングで話題になった新星。

独自の「立体折りたたみ機構」により、薄さ・軽さ・安定性のバランスに優れています。

折りたたみ方が特殊で使いこなすのに少し練習が必要である点を除けば、多くの人におすすめできる一品です。

参考 MOFTの詳細レビューはこちら

MOFT mini:ザ・最軽量

MOFT miniは、上記MOFTの親戚。

2段階の高さ調整機能を排除することでサイズと重さをカット。ノートPCスタンド界で最軽量の36gを実現しています。

薄さや使い勝手も優れており、「まず最初に買うならコレがおすすめ」と呼べるアイテムです。

参考 MOFT miniの詳細レビューはこちら

Kickflip、Majextand、MOFT、MOFT miniの比較結果

まずは結論。それぞれを特性別に比較してみました。(値段は2020年2月16日現在。最新価格はAmazonのリンク先をご確認ください)

項目MajextandKickflipMOFTMOFT mini
重さ×
(136g)

(50g)

(89g)

(37g)
薄さ
(1.7mm)
×
(6.0mm)

(3.0mm)

(3.0mm)
高さ7~12cm3cm5cm、8cm4.5cm
排熱
(金属素材、
底面覆わず)

(樹脂素材、
底面覆わず)
×
(樹脂素材、
底面を覆う)

(樹脂素材、
底面覆わず)
開閉×
(やりづらい)

(ワンタッチ)

(コツがいる)

(ワンタッチ)
付け外し×
(テープ交換必須)

(繰返し可)

(繰返し可)

(繰返し可)
値段6,460円2,600円2,580円1,899円
耐久性
(素材が頑丈)

(構造がシンプル)

(薄さゆえ)

(薄さゆえ)
その他情報AmazonAmazonAmazonAmazon

この比較結果にもとづくと、

  • 動画編集などをするので排熱重視 → Majextand
  • 移動が多く、薄さと軽さが最重要 → MOFT mini
  • なにより耐久性が気になる → Kickflip
  • 上記以外の人 → MOFT

という住み分けになるでしょう。

ノートPCスタンドのおすすめの選び方

正直、どれも一長一短あり、全員に100点を取れるアイテムはありません。

なので「自分にあっているものはどれか」の判別が必要です。

全部実際に使ってみたぼくが考える、おすすめの選び方は以下のとおりです。

  1. 好みの高さを見極める
  2. ノートPCの用途を省みる
  3. 値段を見て最終決定する

1. 好みの高さを見極める

まずはなにより高さです。

ノートPCの後ろ足部分に箱を置いてみて、違和感のない高さが何cmか試してみましょう。

高さが違うだけで、手首の角度や目線の高さ、背筋の伸び方が全然違うはずです。

そのうえで、一番しっくりくる高さに調整できるものにターゲットを絞ります。

具体的には、

となります。

2. 目的とノートPCの用途を見極める

高さの次に考えるべきは

  • 持ち歩き(軽さ・開閉のしやすさ)
  • 排熱(底が覆われるのを良しとするか)

のいずれを重視するか、です。

たとえば、次のような質問をしてみると良いでしょう。

  • ノートPCをどのくらいの頻度で持ち歩くのか(=1日のうちノートPCを持って移動する頻度)?
  • ノートPCで、発熱による処理スピード低下が気になるようなタスク(動画編集等)をやっているのか?

排熱重視ならMajextand、持ち歩き重視ならKickflipMOFT mini、どっちつかずならMOFTが無難です。

3. 値段を見て最終決定する

以上2つの観点で比較したうえで、値段を見て最終決定します。

どうしても排熱と薄さを捨てられないなら、6,000円以上のMajextandでも十分買う価値があるでしょう。

そうではなく、手軽に持ち運べるものが良いなら、2,500円程度のMOFTKickflipが良いでしょう。

上記すべて考えたうえで、とりあえず最安値のものを買うならMOFT mini一択です。

まとめ:個人的にはMOFT miniがベスト

個人的に、総合的にバランスが一番優れていると感じたのは、MOFT miniです。

理由は以下です。

  • 高さ5cm以上になると、壁に向かってタイピングしてる感じになってしまう→3〜4cmくらいがちょうどいい
  • その前提で、薄くて軽いものを選ぶと、MOFT miniになる
  • 構造的に排熱を妨げにくく、かつ開閉が楽
  • なのに値段が1,899円と、他のものより安い

なので、どれを選ぶべきか迷ったら、まずはMOFT miniを試すのが安全かなと思います。

気になった方は詳細レビューをどうぞ。

参考 MOFT miniの詳細レビューはこちら

以上「ノートPCスタンドのタイプ別代表アイテムを比較。全部実際に使ったからわかる、おすすめの選び方も解説」でした。

タイトルとURLをコピーしました