モバイルバッテリー・充電器

CIO KJ-PD3レビュー | USB-Aポート不足を解消しつつPD充電もこなせる、42W出力の1C3Aチャージャー

5.0
CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー

提供:CIO

CIO社のご厚意で、同社が2020年10月に発売した1C3A構成のチャージャー「CIO KJ-PD3」をレビューさせていただけることとなりました。

USB-Cが広まってきた昨今ですが、まだまだUSB-Aは健在です。

特にガジェットに付属する充電ケーブルとなると、汎用性とコストカットため、充電器側の端子がUSB-Aで作られることがほとんどです。結果、充電用のUSB-Aポートが慢性的に不足しがちです。

一方で、スマホやタブレットは急速充電がデファクト。PD対応のポートは少なくとも1つは備えておきたいものです。

これらを解決するのが、CIO KJ-PD3です。3つのUSB-Aポートと30W PD対応のUSB-Cポートにより、USB-A系ガジェット類と急速充電系スマホ・タブレット類を4台同時に充電できます。

値段は2,000円台と、ポート構成と出力W数にしてはリーズナブル。さらに発売記念で、2020年11月30日までAmazonクーポンコード「CIOKJPD3」で378円OFFの1,800円で購入可能です。

USB-A不足に悩まされている方は、ぜひ見てみてください。

Amazonで使えるクーポンコード

CIOKJPD3

  • 378円オフ(2,178円→1,800円)
  • 11/30 23:59まで
スポンサーリンク

CIO KJ-PD3の概要

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 機能概要

注目ポイント

  • PowerDelivery充電 最大30W出力対応
  • 合計出力42W・4ポート搭載
  • ポケットコンパクトサイズ

仕様・スペック

  • 製品名:CIO-KJ-PD3
  • 入力:100-240V 50/60Hz 1.0A Max
  • 出力:
  • USB-C1:5V=3A 9V=3A 12V=2.5A 15V=2A 20V=1.5A(30W Max)
  • USB-A1/A2/A3:5V=2.4A (24W Max)
  • USB-C1+USB-A1/A2/A3:30W+12W(42W Max)
  • サイズ:約57 x 57 x 30mm
  • 重量:約92g

CIO KJ-PD3レビュー

それでは実機レビューです。

外観・デザイン:シンプル

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 本体 前面

正面は、PD対応USB-Cポートに、合計2.4Aまで出力可能なUSB-Aポートが3つ。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 本体 背面 コンセント 折りたたみ

背面には折りたたみ式のコンセントプラグがあります。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 本体 底面 各種認証

底面に各種認証が印字されています。PSE認証もあります。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー LEDライト

なお前面にあるSmartIC印字の下にLEDが仕込まれており、通電すると青く光ります。

重さ・大きさ:軽くてコンパクト

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 大きさ

手に持ったときのサイズ感はこのくらい。重さはあまり感じません。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 大きさ iPhoneと比較

iPhone 8(iPhone SE 2020と同じサイズ)におさまってしまいます。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 重さ実測

重さは実測で94g。スペック表通りです。

機能・性能:十分

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 機能と性能

USB-Cポートは30WまでのPD給電が可能。USB-Aとあわせると、合計42Wの出力が可能です。

さらに3つのUSB-AポートはSmartICに対応しており、充電状況に応じて電力供給量が自動振り分けされます。

無駄な放電はしない仕組みになっている、ということです。

耐久性:未検証

使って2日目のため、耐久性は検証できていません。

動作不具合など耐久性で課題が出たときには、ここに書き足していきます。

保証:180日

CIO KJ-PD3には、180日間の国内保証がつきます。

初期不良だけでなく、通常利用の範囲内ならサポートが対応してくれますので、安心です。

実際に使ってみた感想

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 使っている様子

デスク下のタップに仕込んでみました。

片側がUSB-Aでもう片側が専用端子の充電ケーブルを3本、さしています。

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 接続した充電端子

ケーブルの先端は、デスク脇にマグネットでつけた100均のカゴから頭が出るように配置。

そして……

CIO KJ-PD3 1C3Aチャージャー 充電中
奥:SoundPEATS Watch 1 手前:AfterShokz Aeropex

こんな感じで、充電中のガジェットはカゴの中に置いておけるようにしました。

これにより、

  • 無駄にコンセントを消費しない
  • ケーブルも充電中のガジェットも、デスクの上の置かなくて良い

という環境になりました。

これまでは充電する都度、ノートPCに接続するケーブルを切り替えていて大変手間だったので、今の形は満足です。

NAE
NAE

必要に応じて、USB-C充電口もスマホ充電などに使っていこうと思います

CIO KJ-PD3はこんな人におすすめ

  • 充電用USB-Aポートが慢性的に不足している
  • とはいえ、スマホは急速充電したい
  • コンセントの空きが少ない
  • 配線はスッキリ保ちたい

まとめ:これは買いなのでは

総合評価:

2,000円なら買いなのではないでしょうか。

配線がシンプルになって気持ちがいいですし、USB-Aの充電ポートはなにかと使う機会があるので、数あって損はないと思います。

特に本体側の充電端子が独自規格なガジェットを複数持っている方にとっては便利だと思うので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上「CIO KJ-PD3レビュー | USB-Aポート不足を解消しつつPD充電もこなせる、42W出力の1C3Aチャージャー」でした。

Amazonで使えるクーポンコード

CIOKJPD3

  • 378円オフ(2,178円→1,800円)
  • 11/30 23:59まで

タイトルとURLをコピーしました