NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

1円も無駄な出費をしたくないぼくが、Amazonプライムに月325円払い続ける理由

テクノロジー PR テクノロジー-Amazon
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

Amazonプライム沼にはまって絶望しているダンボー

こんにちは、NAEです。

学生時代になんとなく登録したAmazon。

当時のぼくにとってネットショップといえば楽天であり、ほとんどの買い物を楽天で済ませていました。

そして時はたち、Amazonの存在をほぼ忘れかけていたとき、Amazonから一通のメールが届きました。

Amazonプライム 無料お試し30日

このメールこそ、ぼくがAmazonプライムに出会い、丸め込まれ、プライム漬けにされるすべての元凶だったのです。


それから2年、誰よりも無駄な出費を嫌うぼくは、未だにAmazonプライムを契約し続けています

それにはちゃんと、理由があるんです。

今回はそんなお話。

当時のAmazonプライムの魅力は「翌日配送」のみだった

Amazonプライムの無料お試しメールが発射されたのはAmazonプライムがはじまってすぐの頃だったと記憶しています。

へー、こんなんはじめたのか

リンクを開いて中身を読んでみて、唯一いいなと思ったのは無料翌日配送でした。

そう、ちょうどこんな感じ。

当時の楽天には「あす楽」サービスがなく、各ショップが発送処理を行っていました。そのため注文から配送までかかる時間がまちまちで、今ほしいのにすぐ届かないことがストレスの元になっていたのです。

翌日配送してくれる。それも無料で。

それだけでぼくにとってはプライムへ加入するのには十分な理由になりました。

なんせ無料ですしね。加入しておいて損はありません。

30日後、無言?の自動延長

とはいったものの、人の行動はなかなか変わらないもの。

カカクコムで底値を探して結局楽天で買うというネットショップスタイルは、Amazonプライムに加入しても変わりませんでした。

翌日配送よりもやはり値段の安さが優先だったのです。Amazonプライムの記憶は日に日に薄れていきました。

なんせ、こんな考え方で買う前に検証を重ねる人間ですから。無駄な出費なんて1円もしたくないんです。

www.naenote.net


それから2ヶ月くらい過ぎた頃だったかと思います。

なにかの拍子かは覚えてていませんが、ふと思い出したようにAmazonをのぞいてみたことがありました。

そこに書かれていたのは

Amazonプライム自動延長


やばい忘れてた・・・

そう、無料お試しキャンペーンが30日で終了することをすっかり忘れていたのです。

そして、無料お試し期間がすぎると自動的に有料プランへ移行するということも。


慌ててメールボックスをあさりました。

さすがに事前の通知くらいはあったはず。Amazonくらい有名な会社がそんなにアコギな商売をするはずがない。

すると、見つかりました。ゴミ箱に捨ててありました。楽天からのDMと一緒に。

おそらく、楽天から届くうざいDMをまとめてポイしたのに巻き込まれたのでしょう。

楽天ェ・・・

払ったもんはしょうがない。Amazonプライムを続けてみると・・・

といっても、払ってしまったものはしょうがない。

わざわざサポートセンターに連絡して返金してもらうのも面倒です。

それに、よく考えれば年会費3,900円なら5〜6回買い物すれば送料分で元が取れるレベルです。

よし、こうなったら元を取ってやる!

こうやって、なかばいたしかたなく、ぼくは楽天生活からAmazonプライム生活に切り替えていったのでありました。


ここで、ぼくがこれまでAmazonで使った金額の推移を見てみましょう。

こちらのページのスクリプトを使って、年別の購入金額を取得してみます。

Amazon で使った金額の合計を出す奴 (2014-2016 年バージョン) · GitHub

グラフ化した結果・・・




f:id:nice_and_easy:20161003132314p:plain




!?

!?

いやMENSA先輩出てこなくていいっす

www.naenote.net



Amazonプライムの無料お試しに釣られたのが2014年の末。

そしてAmazonプライム自動継続に気づき、「しまった!」となったのが2015年の初頭。

その後はご覧のとおり。もはやネットでの買い物はAmazonプライムオンリーです。

米や水、子供のおむつなど、かさばる日用品もいまやAmazon頼り。


はじめは年会費の元を取るために使い倒そうとしていただけだったんです。

しかし、いざAmazonプライムを使い始めてみると、その便利さとお得さに圧倒されてしまいました。

Amazonプライムのサービスラインナップがめっちゃ増えてた

Amazonのページを見るようになって気づいたのが

Amazonプライムのサービスラインナップがめっちゃ増えてる

そう、もはや翌日配送だけじゃなくなっていました。

というか、

こんなにやって月325円って採算平気?

って感じですよほんと。

プライム価格

たとえばプライム価格

Amazonのページを見たことある人は「プライム」の文字とともに割引された価格が書かれているのを見たことがあるかと思います。

Amazonプライムに加入していると、その割引価格が適用されるんです。送料だけじゃなくて代金でも元が取れてしまいそう。

このSpigenのiPhone 7のケースだって、参考価格2,790円に対してプライム価格2,230円、実に560円オフです。(2016/10/03現在)

Amazonプライムデー

たとえばAmazonプライムデー

年に1回開かれる、プライム会員専用の超お得なセール日なんですが、この割引率が実にえげつない

引っ越してすぐに、プライムデーにこちらの食器棚を買いました。

元値11.5万円の食器棚ですが、7万円で買えました。およそ4.5万円の節約です。

f:id:nice_and_easy:20161003140816p:plain

これだけで10年分のプライム会員料金のもとが取れてます。おそろしいおそろしい。

Amazonプライムビデオ

たとえばAmazonプライムビデオ

無料でアニメや映画が見放題。Amazonプライム専用の番組があったりする。

おととい見てみたらアバターインデペンデンス・デイが追加されててリアルに鼻水吹きました。

またDream Works制作のCG映画がたんまりありまして、うちの2歳の息子くんはカンフー・パンダの1、2を無限ループしてます。

あとはミニオンズやウサビッチも大好きですね。

わが家ではFire TV Stickをテレビに挿してAmazonプライムビデオ三昧しています。ちなみに買うなら絶対音声認識リモコン版にすべき。十字キーを使ってドラクエ方式で検索ワードを入れるの、かなーーーーり辛いです。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazonプライムミュージック

たとえばAmazonプライムミュージック。100万曲以上の音楽が無料で聴き放題。

全レーベルをカバーしているわけではありませんが、ジャズや女性ボーカルが充実しているので、カフェ的なBGMとして流しておくには十分すぎるレベル。

ラインナップに結婚披露宴のエンドロールビデオで使ったBENIの「永遠」を見つけたときは嬉しかったなあ。

Amazonプライムラジオ

たとえばAmazonプライムラジオ。Amazonプライムミュージックの進化版です。

超豊富なチャンネルを取り揃えたWebラジオが聴き放題。しかもそこらのWebラジオとは一線を画する高音質で。

一般公開されているWebラジオではなかなかレアなJ-popのチャンネルもあります。きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」だって好きなだけ聴けちゃいます。

家で仕事するときはだいたいプライムラジオでBGM流しながらやってます。一気にカフェ気分。

Amazonプライムフォト

たとえばAmazonプライムフォト

容量無制限で写真や動画を保存し放題。Googleフォトの容量無制限プランみたいに勝手に圧縮されることもありません。(あっちは無料なので比べるのはかわいそうだけど)

ぼくは一眼レフは持っていないんですが、RAWデータで無限保存というのは写真好きにはたまらないはず。

www.amazon.co.jp

Kindleオーナーライブラリ

たとえばKindleオーナーライブラリ

Kindleを持っている人なら、対象のKindle本から一冊無料で読めてしまいます。

1冊700円だとして、12ヶ月で8,400円・・・ってあれ?Amazonプライムって年額3,900円でしたよね?

まだだ、まだ終わらぬよ

ほかにも

1時間以内の超スピード配送AmazonプライムNow

日用品のまとめ買いに便利なAmazonパントリー

などなど、サービスたっぷりのAmazonプライム。


さっきAmazonプライムのページを見たらなんとAmazonプライム会員専用のお水(配送料無料)なんてものもありました。

f:id:nice_and_easy:20161003143328p:plain

ここまでやるのかAmazonプライム。おそろしいおそろしい

どっぷり浸かってるくせになに言ってんだおまえ

いやだから引っ込んでてくださいって

まとめ:Amazonプライムは沼

というわけで、Amazonの罠にかかりズブズブとAmazonプライム沼にハマって出られなくなった話でした。

ただ、沼といっても、居心地はすこぶる良いんです。むしろコスパ最強。

みなさんも、Amazonプライム沼に片足突っ込んでみてはいかがでしょうか。

30日間、お試し無料です


関連記事

スポンサーリンク