【開催中】Amazonタイムセール祭りのおすすめガジェット情報を随時更新しています。詳しくはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

過去のレビュー記事一覧はこちら

Amazonプライムリーディングが結構よかったのでKindle Unlimitedを解約した

Amazonプライム会員向けの本読み放題サービス「プライムリーディング」が開始されました。

過去に「Amazonプライムの本読み放題サービス「Prime Reading」は日本上陸するか?」でアメリカのAmazonにおけるローンチを紹介してから1年、ようやくの日本上陸です。

さっそくラインナップ見てみたんですが、満足できそうなので、別で加入していたKindle Unlimitedを解約しました

スポンサーリンク

プライムリーディングとは

プライムリーディングとは、Amazonプライム会員向けの本読み放題サービスです。

プライム会員(年3900円)であれば、追加費用なしで対象本が読み放題になります。

読み放題本のラインナップ

読み放題対象のタイトルは、2017年10月5日現在で896冊。

内訳は下記の通りで、洋書とコミックがボリュームゾーンです。

ビジネス書では「ざっくり分かるファイナンス」「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」などの話題書に加え、「仕事は楽しいかね?」のように何度も読み返したい本が含まれています。

また小説では「陰日向に咲く」、コミックには「賭博黙示録カイジ」などの名作も。

とりあえず読書をはじめたい人向けのラインナップと言えそうです。

詳しくは「Prime Readingトップページ」から確認できます。

もともとアメリカでサービスイン

プライムリーディングは2016年10月にアメリカでサービスインしていました。

参考 Amazonプライムの本読み放題サービス「Prime Reading」は日本上陸するか?

それが、1年後に日本上陸した形です。

プライムリーディングとKindle Unlimitedとの違い

とはいえ、Amazonは「Kindle Unlimited」という有料(月980円)の読み放題サービスもやっています。

プライムリーディングとKindle Unlimitedの違いはなんでしょうか。

端的に言えば、読み放題対象タイトルの数が圧倒的に違います

詠み放題タイトル数

  • プライムリーディング:896冊
  • Kindle Unlimited:211,247

ケタが3つも違います。Kindle Unlimitedはプライムリーディングの200倍くらい読める計算です。(2017年10月5日現在)

有料サービスと比べるのはかわいそうではありますが、プライムリーディングは本当におまけ程度と言えそうです。

Kindle Unlimitedに加入していた理由

とはいえ、本の読み放題サービスとして丸かぶりなのは事実。

本当にKindle Unlimitedが必要か精査が必要です。

そこで、ぼくがKindle Unlimitedを契約した理由を思い出してみました。

トータルで得をしていた

Kindle Unlimitedは月額980円。1000円超えのハードカバーの本なら月1冊読めば元が取れます

また電子書籍しかないライトな作品も多数含まれています。(例:情報サイトでオーソリティーを目指そう

損得でいえば、通勤時間にちょっと本を読むくらいで十分に得してたんです。

Kindle Paperwhiteが使いたかった

次に、元も子もないですが、Kindle Paperwhiteを使いたかったのも理由です。

ぼくはKindle Paperwhiteが好きなので、Kindle Paperwhiteを使い倒すためにKindle Unlimitedも契約していたのもまた事実でした。

参考 Kindle Paperwhite

ネット立ち読みの要領で乱読していた

Kindle Unlimitedに加入した当初は、もの珍しさから立ち読みの要領で読み放題本を立ち読み感覚で乱読していました。

新着ラインナップをスマホからちょくちょく確認してはKindle Paperwhiteに送信しておく……という使い方をしていたんです。

もちろん、時にはスマホからそのまま読んだりもしていました。

プライムリーディングに一本化した理由

しかし今の状況を振り返ってみると、実はもうKindle Unlimitedに加入し続ける理由がないことがわかりました。

そもそも、乱読しなくなった

乱読が捗るので契約していたKindle Unlimited。

しかしここ2ヶ月ほど、乱読頻度が減りました。というより、Kindle本をあまり読まなくなりました。

損益分岐点の月1冊を割り込むペースです。損得観点で契約を続ける理由がありません。

プライムリーディングのラインナップで十分そう

加えて、ちょい読み程度ならプライムリーディングのラインナップで個人的には十分かなと。

1000冊近くあるんです。ちょい読み程度で探すにはちょうどいい分量でしょう。

ラインナップは定期的に更新されるんでしょうし「読みたい本がない」とはなりにくいはず。

興味本位でちょい読みなら、別にKindle Unlimitedはいらないかなと。

本当に読みたい本はUnlimitedにないことが多かった

加えて、ぼくはそもそも「本当に読みたい本は買ってでも読む」スタンス。

読みたい本がUnlimitedに含まれていたらラッキー……という感じでした。

しかし、Unlimitedのラインナップに含まれていることはほぼなかったんです。

結局

  • 読みたい本→普通に買う
  • ちょい読み本→読み放題から適当に選ぶ

となっていました。そしてちょい読み本の数はどんどん減っていくという……

Kindle Unlimitedの解約方法

というわけで解約してきました。

手順はとてもカンタン、2クリックで完了します。

Kindle Unlimitedメンバーシップ管理画面

アカウント画面から「Kindle Unlimited会員登録を管理」に行き、「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリック。

 

Kindle Unlimited解約画面

次に「メンバーシップを終了」をクリック。これで完了です。

面倒な引き留め策がなくて感じが良いですね。

 

ちなみにKindle Unlimitedを解約しても、読み放題対象本につけたメモやマーカーは消されません

Kindle Unlimitedの画面

「メモやマーカー=その本から得た学び」なので、消えないのは嬉しいですね。

まとめ:プライムリーディングは嬉しい

以上、Amazonプライムリーディングが始まったのでKindle Unlimitedの契約理由を見直した結果、解約してきたというお話でした。

プライムリーディングの追加はプライム会員にとって本当に嬉しい変更です。

プライム会員に嬉しいポイント

  • プライムリーディングで読み放題を無料体験できる
  • 試して気に入った場合のみ、Kindle Unlimitedを契約できるようになる
  • 純粋にプライムのコスパがアップする

すでに特典が満載なのに本まで読み放題になったAmazonプライム。これからも楽しんでいきたいと思います。

最新のAmazonプライム特典一覧は「Amazonプライムのトップページ」から確認できます。

コメント