NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

LINEブログのPVはPVではない。アプリ、サービス、コンテンツの特徴から見えた正体

ブログ ブログ-LINEブログ
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【お知らせ】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

ブログの常識が通じない

こんにちは、NAEです。

LINEブログをはじめて2日目なんですけど、

ブログって1〜2日でこんなPV出るもんだっけ?

という気持ちでいっぱいです。

LINEブログにおけるPVって実はいわゆるブログのPVと違うんじゃないかな・・・

今回はそんなお話。

PV(ページビュー)とは?

PVとは「ページビュー(Page View)」の略で、ブログが何回表示されたかを示す値です。

YouTubeの再生回数やホームページのアクセス数とほぼ同じ意味と思ってもらってかまいません。

一般的にPVが多いほど注目を集めていることになります。(人気がある、もしくは炎上している)

そのためブログを書く人にとっては、PVを増やすことがひとつの目標になっています。

ブログ初日で200PVっておかしいでしょ

さて、こちらが2016-11-16時点でのほくのLINEブログのPV数です。

1日200PV超えてる

初日で約200PV

ブログをはじめてすぐはPVなんて上がらないもの。当ブログだって初期は1日2桁PVいけば御の字でした。

それがLINEブログでは初日から200PV。Twitterや当ブログで宣伝していたとはいえ、あまりに調子がよくてニヤニヤしてしまいます。

・・・

いや、おかしい

この数字、明らかにおかしい。


ぼくは別にPV自慢をしたいわけではありません。

異常値だから興味を持ったんです。


これもしかして、PVと書いてありながらPVではない別モノなんじゃないの?

LINEブログの特徴をふりかえってみる

そこで、LINEブログの特徴をふたたびふりかえってみます。

  • LINEでおなじみのスタンプ絵文字が使える
  • たくさんのフォントが使える。30種類!
  • タグ(#こういうの)で気になる人や話題をカンタンに探せる
  • いいね!やフォローで気になった人とつながれる
  • 芸能人のブログを気軽にフォローできる
  • スマホからしか書けない
  • 検索サイトにのりにくい

参考:LINEブログで一般人がブログを始める前に知っておくべき注意点まとめ - NaeNote

ここでキーになるのが

「タグでの検索」「いいね!」「スマホからしか書けない」

の3つです。


つまりLINEブログにおいては、

  • 記事を書く側と読む側、双方の行動がいわゆる普通のブログと異なる
  • 結果PV=記事へのアクセスの重みが違う

なのかなあと思います。

LINEブログでの記事の書き方、コンテンツの質

LINEブログはスマホでしか記事が書けません。

スマホでの文字入力めんどいです。書いた文字を装飾するなんて余計にめんどい。

そのくせLINEブログのアプリの作り的に、画像や動画の挿入はやたらカンタン。

結果、自然と

  • 文章は短く装飾は少ない
  • 画像や動画が主役

というコンテンツが多くなります。

実際、LINEブログの記事ってそういうのが多いんです。ぼくのLINEブログもそう。

誰かさんが「チープな書き手」なんて言葉を使っていましたが、ブログサービスやアプリの作り的にチープな記事にならざるをえないんですよね。

重厚な記事を書くのにLINEブログは向かない。

LINEブログでの記事の読み方

そうなると逆に、LINEブログのアプリを使っていると長々と書かれた情報たんまりのお役立ち系記事なんて読みたくないって気分になってきます。

したがって、

チープな記事を大量に消費するようなスタイル

になっていくんです。

普段はお役立ち系が読みたくてしょうがないのに。アプリって不思議ですね。


実際にぼくがLINEブログで記事を読むときは

  1. ホームボタン()をタップする
  2. フォローしている人の記事のアイキャッチ画像とリード文が一覧表示される
  3. 目を引いて気に入ったものを「いいね!」する
  4. 興味があれば開いてみる
  5. 気が向いたらコメントを書く

という感じ。

ステップ2〜3では、1記事あたり1〜2秒くらいしかかけません。アイキャッチ画像がイケてたら4〜5に移行する感じ。

記事そのものが短いのでステップ4も時間がかかりません。

これ、ぼくがニュースフィードを高速処理するのと同じようなスタイルです。

参考:FeedlyとPocketを使って、1時間で800件のニュースに目を通す具体的な方法 - NaeNote

LINEブログでの記事の探し方

そしてあろうことか、タグ検索がこのチープな処理を加速します。

気になったワードでとりあえず検索してみて、ヒットした記事をとりあえず上から順に高速で読んでいく。

LINEブログにおける1PVは軽い

したがって、もしみんなも同じようなスタイルでLINEブログの記事を読んでいるとしたら

  • 記事の数は大量
  • 興味ある記事を探しやすい環境
  • 1記事にかける時間は極小

ということになりますね。

つまり

1PVの重みが極端に軽い

という事実が浮かび上がります。

逆に言うとユーザが時間あたりに読む記事数が圧倒的に多い。

これにLINEブログは話題のサービスである=ユーザ数は大量、をかけあわせると

LINEブログ全体で発生する「総PV数」は異常に多い

のではないでしょうか。

むしろ「インプレッション」と呼ぶほうがしっくりくる

となると普通のブログでの1ヶ月100万PVとLINEブログでの1ヶ月100万PVは全く意味が異なりますよね。

アプリやサービスの設計、結果としてのコンテンツの質の違いまで考えると、LINEブログのPVは「インプレッション」と近い概念な気がします。

インプレッション数が12000ある


Twitterでこんなことをつぶやきましたが・・・

1PVの軽いLINEブログなら

一般人でも月100万PV目指せるんじゃないの?

と思えてしまいます。

まとめ:言葉を言葉の通りに受け取るとバカを見る

というわけで、LINEブログのPVは実はインプレッションと同等じゃないのか、という小噺でした。

いちユーザとしてはPVと名のつく数字がドンドコ上がっていくのはとっても気持ちがいいです。

しかし数字は必要以上にモノを語ります。絶対的で、比較ができ、優劣がつけられる。それだけ尾びれ背びれがつきやすく、軋轢の原因にもなります。

言葉をその辞書的な意味通りに受け取らず、事実上の意味はなんなのかを一度立ち止まって考えることが大事だと改めて感じました。


そのうち「LINEブログでXXX万PV達成!」とかドヤ顔する人やメディアが出てくるかもしれません。

そのときは、涼しい目で生暖かく見守っていきたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク