白猫プロジェクトのロード時間が長い…原因はSDカードの性能だった

白猫プロジェクトのロゴ

昔ハマっていた白猫プロジェクトを久しぶりに再ダウンロードしてみました。

が、以前はなかったロード時間がやたら長いという問題にぶち当たりました。

いろいろ試した結果解決したので、備忘録的に残しておこうと思います。

白猫プロジェクトのロードが長い問題

白猫プロジェクトのロード画面が動かない様子

白猫プロジェクトではクエストや協力バトルに行く前に必要なデータをロードします。

ロード中はマスコットキャラクターである「星たぬき」が走るアニメーションが表示されます。

が、この画面で星たぬきの動きが止まってしまい、ロードがなかなか終わらないんです。

白猫プロジェクトの設定をいくらいじっても全く改善しません。

白猫プロジェクトのロード時間が長いと起きる問題

ロード時間が長いと、サクサクゲームが進められないうえに、人に迷惑をかけてしまいます

  • 一人でクエスト:待ち時間が長すぎてイライラ
  • 協力バトル:なかなかステージがロードされず、他の人がずっと待たなければならない

ぼくも何度か協力バトルにチャレンジしましたが、あまりにロードに時間がかかりすぎてステージが始まる前に全員離脱してしまう・・・なんてことが何回もありました。

白猫プロジェクトのロード時間が長い問題の対処法

そこでいろいろ試した結果、対処法を見つけました。

一言で言うと、Androidの設定でデフォルトの保存場所を「SDカード」から「内部ストレージ」に変更することです。

詳しい手順は以下の通りです。

設定から「メモリとストレージ」を選択します。

メモリとストレージ

「デフォルトの保存場所」を選択します。

デフォルトの保存場所

「SDカード」を「内部ストレージ」に変更します。

内部ストレージ

「OK」をタップしてスマホを再起動します。

再起動

以上です。

スポンサーリンク

SDカードだとロードが遅くなる原因

SDカードだとロードが遅くなる原因は、SDカードのデータの読み込み・書き込みスピードが内部ストレージに比べて遅いからです。

キャッシュデータの保存先

白猫プロジェクトはステージその他をロードするとき、スマホに保存されたデータ(キャッシュデータ)を読みにいきます。

キャッシュデータはAndroidの設定によって、SDカードか内部ストレージのいずれかに保存されています。

そのため、データの読み込み速度が遅いSDカードがキャッシュデータの保存先として指定されている場合、ロード時間が長くなってしまうんですね。

具体的にどのくらい違う?

では具体的にどのくらいスピードが違うものなのでしょうか?

下記アプリを使って、ぼくの使っているHuawei nova liteで内部ストレージとSDカードの読み書き速度を調べてみました。

A1 SD Bench

A1 SD Bench
開発元:Tuxera Inc.
無料
posted with アプリーチ

結果がこちらです。

SDカードと内部ストレージの速度差

表にしたのがこちらです。

SDカード内部ストレージ
読み込み速度42MB/秒113MB/秒
書き込み速度6.6MB/秒32MB/秒

3倍近い差がありました。

つまりデフォルトの保存場所がSDカードだと、ロード時間がいつもの3倍かかることになります。遅いわけだ。

ちなみに、ぼくが今使っているSDカード(マイクロSDカード)はこちらなんですが・・・

こちらのような、もっと性能の良いSDカードなら少し結果が違うかもしれません。(内部ストレージにはかなわないと思うけど)

スポンサーリンク

まとめ:キャッシュデータの保存場所を確認しよう

以上、久しぶりに白猫プロジェクトを起動してみたらロード時間が長すぎる原因はSDカードかもしれないよ、というお話でした。

ぼくの場合、

  1. もともとSDカードの使えないNexus 5で白猫プロジェクトで遊んでいた
  2. 白猫プロジェクトを辞めてから、Huawei nova liteに機種変しSDカードを使い始めた
  3. 再度白猫プロジェクトをインストールしてみたら問題が発生

という感じでしたので、SDカードが原因と気づくまで時間がかかってしまいました。

もし同じ症状で悩んでいる方がいたら参考になればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

あなたにオススメの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク