キーボード

効率化マニアのぼくが無刻印キートップにこだわる理由

無刻印キートップにこだわる理由

ぼくは原則、無刻印のキートップを使っています。

最初から選べるなら無刻印のものを、キートップが交換可能なら無刻印のキートップに換装します。

なぜそこまでして無刻印にこだわるのか、理由をお話しします。

スポンサーリンク

無刻印キートップにこだわる理由は、思考の邪魔を排除したいから

ぼくにとってキーボードは仕事道具です。

仕事において、効率を高く保つことは最重要事項です。したがって、思考の邪魔になりうる要素は可能な限り排除すべき。

その点、ぼくにとってキーボードの刻印は視覚ノイズにあたるため、排除対象なのです。

具体的には……

もともとブラインドタッチである

ぼくはもともとブラインドタッチ。タイプ時にほぼ手元を見ません。

左手の人差し指が「f」、右手の人差し指が「j」キーに乗っていれば、あとは手が覚えています。

そしてだいたいのキーボード(キートップ)は「f」「j」キーに突起がついています。触ればわかるのです。

なので、手元に目を落とす機会がそもそもほぼゼロなのです。

キーマップをカスタマイズしまくっている

くわえて、ぼくはホームポジションから手を動かさずにあらゆるキー操作を行うため、キーマップを自分流にカスタマイズしています。

CapsLockをCtrlに、というレベルではありません。矢印やHome/End、PageUp/PageDown等、常用するあらゆるキーをホームポジションから一切手を動かさずとも使える、独自のキーマップを作っています。

もともとHHKB用に作ったものですが、手になじむため、使っているすべてのキーボードに同じキーマップを投入しています。(詳細は以下記事にて)

参考 HHKBおすすめキーマップ設定。ホームポジションのまま全操作を高速化できる個人的最終解

結果、刻印は視覚ノイズにしかならない

以上2点に基づくと、キーボードの刻印は視覚ノイズでしかならなくなります。

たとえば、たまたまキーボードが目に入ったとき、手が覚えている配列と目から入ってくる配列が異なるとどうなるでしょうか。

「あれ、どっちだったっけ」と一瞬迷ったり、迷わないにせよ違和感を覚えたり、脳のリソースを無駄に使ってしまうことになります。

これは避けるべきです。脳のリソースは思考やアウトプットに向けるべき。小さな違和感もなるべく排除すべきです。

なので、ぼくにとってキートップは無刻印であることが必須条件なのです。

NAE
NAE

あと純粋に、無刻印キートップ使ってるとかっこいいですよね

無刻印キートップで困るケースはあるが、レアケースかつ対処法あり

無刻印で困らないケースがゼロなわけではありません。

ただかなりレアケースで、実用上問題にはなりません。

具体的には……メカニカルキーボードの特殊機能が誤作動したときです。

メカニカルキーボードの多くは、Fnキーを交えたキーの組み合わせによって、キーボード本体の制御を行う機能がついています。

たとえば、

  • レイヤーのスイッチ
  • Bluetooth接続先の切り替え
  • LEDパターンの切り替え
  • Windowsキーのロック・解除
  • Shift/Ctrl/Altの押下ロックの有効・無効

などです。

無刻印キートップ利用時にこれら機能が誤作動すると慌てます。これらキーの割当先なんて頭に入っていないからです。(そもそもブラインドタッチで覚える対象ではない)

なので、キーボードどこを押したら元に戻るのか、キートップの刻印を見たくなることがあります。

対処法は、キーマップ変更です。

たとえば、

  • そもそも不要な機能は、無効にしておく
  • 必要だが常に使うわけではない機能は、ホームポジションから手を動かさないと押せないキーの組み合わせに割り当てておく

などです。

これであらかた事故は防げますし、事故が置きたとしてもレアケース扱いにできるので実害を極小化できるでしょう。

NAE
NAE

なので、キーボードはキーマップが自由に変更できるものしか選びません

無刻印キートップの購入元

無刻印キートップに換装したキーボード
左から KEMOVE DK61KEMOVE DK64/66HHKB HYBRID Type-S英字配列無刻印

以上の理由により、ぼくは手持ちのキーボードをすべて無刻印キートップに統一しています。

では無刻印のキートップはどこで売ってるの?という話ですが……

無刻印のキートップ、そもそもラインナップが限られてきます。

たとえば、自作キーボード関連商品が多いAliExpressですら、「blank keycaps」で検索してヒットする商品は数少ないので、見つけるのに結構苦労します。

参考に、ぼくがこれまで購入した無刻印キートップのリンクを置いておきます。いずれもちゃんと届いたので安心して購入ください。

まとめ:無刻印キートップ、ぜひチャレンジしてみては

ともすると「マニアックすぎて需要あるの」と思われがちな無刻印キートップ。

が、ぼくのように無刻印キートップに強いこだわりを持っている人もいるんだよ、とお伝えしたく、この記事を書きました。

もしブラインドタッチを会得している場合、ぜひ無刻印キートップにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

慣れてくると、意外と刻印がなくてもなんとかなってしまうものですよ。

以上「無刻印のキートップにこだわる理由」でした。