メカニカルキーボード

Kailh BOX茶軸レビュー | HHKBに似た打鍵感のキースイッチ。打鍵音も上品になった

4.5
Kailh BOX茶軸 brown switch メカニカルキーボード向けキースイッチ レビュー

キー仕様がHHKBとよく似ているKailh BOX茶軸を購入したのでレビューします。

結論、良いです。

2年以上HHKB Hybrid Type-Sを使ってきて指がHHKBの打鍵感に慣れきっているぼくでも、「これはよく似ているな」と感じています。

「メカニカルキーボードでもHHKBに近い打鍵感を」と考えている方はぜひ試してみていただきたいです。

スポンサーリンク

Kailh BOX茶軸の購入理由

手持ちのメカニカルキーボードをなるべくHHKBに近づけておきたかったからです。

ぼくは2年以上HHKB HYBRID Type-Sを使い続けており、その打鍵感に魅了されています。これからも使い続けたいと考えています。

しかし2022年4月末、HHKB事業がPFUからRICOHに譲渡されました。RICOH社長は「HHKB事業は大事にしたい」と言っているようですが、そこはあくまでビジネス。HHKB事業単体の収支が良くないと、最悪の場合、販売停止もありえます。

なのでそのバックアッププランとして、自分で部品交換ができるメカニカルキーボードでHHKBと近い打鍵感を実現できる軸を探しておくことにしました。

そこで、これまで使っていたGateron茶軸をベースに自分の好みの感触や&HHKBのキー仕様を再分析したところ、押下圧45gのタクタイル軸がもっともHHKBに近いのでは?という仮説に至ったのです。

この条件にマッチしたのが、Kailh BOX茶軸でした。主要なデータの比較は以下。

  • HHKB HYBRID Type-S:キーストローク3.8mm、押下圧45g(参考
  • Kailh BOX茶軸:キーストローク3.6mm±0.3mm、押下圧:約45g±10gf(参考

2022年4月末時点のAliExpress価格は、70個入りで3000円弱。よく売れているGateron茶軸が70個入りで2300円なので、そこそこ単価が高いものの、HHKBの代替と考えれば安いものです。

Kailh BOX茶軸の仕様

Kailh BOX茶軸 brown switch メカニカルキーボード向けキースイッチ レビュー 押下特性
  • タイプ:タクタイル
  • 押下圧:約45g±10gf
  • 動作圧:約60g±10gf
  • ストローク:3.6mm±0.3mm
  • 接点:1.8mm±0.3mm
  • プレートマウント(3ピン)
  • 耐久性:8000万回押下可能
  • 型番:CPG1511F01S03

Kailh BOX茶軸レビュー

それではレビューしていきます。

外観・デザイン

打鍵感

HHKB HYBRID Type-Sに近いです。

押下圧が同じなだけあって、キーを押すときの力の入れ具合がそっくり。

またタクタイル軸とあって、スコッと落ちていく感覚もほどよく再現されています。

もちろんデータシートレベルで詳細比較すると差はあると思いますが、少なくとも2年間HHKB HYBRID Type-Sを使ってきたぼくの指は「似ている」と評価しています。

NAE
NAE

赤・黃・茶といろいろ軸を使ってきましたが、一番好きな打鍵感です

打鍵音

Gateron茶軸との比較になりますが、打鍵音が落ち着きました。

同じキーキャップを使っているにもかかわらず、

  • Gateron茶軸:打鍵音にシャカシャカ音が交じり安っぽい
  • Kailh BOX茶軸:カタカタ・コトコト音がメインで上品

と、大きく差が出ています。

軸で打鍵音なんて変わらないだろうな、と思っていたので、思わぬ収穫でした。

NAE
NAE

キーキャップや静音リングによっては、もっとHHKBに音を近づけられそうです

実際に使ってみた感想

良かったところ

  • HHKB Hybrid Type-Sに近い打鍵感を得られる
  • (副作用として)打鍵音が上品になる

悪かったところ

  • Gateronなど普及価格帯のものと比べると単価が高い

こんな人におすすめ

  • HHKB Hybrid Type-Sの打鍵感が好きで離れられない
  • メカニカルキーボードでもHHKBに似た打鍵感を得たい

まとめ:めちゃくちゃ気に入った

総合評価:

とても良いです。

正直、Gateron茶軸のときは「なんか違うな」とHHKBに戻ることが多々ありました。

しかしKailh BOX茶軸に変えてから、HHKBに戻ることなくずっと使っていられます。

HHKBに慣れきった指でも違和感なく使えるため、HHKBに打鍵感が似ている、と評価して良いでしょう。

この記事もKailh BOX茶軸を装着したメカニカルキーボードで書いています。とてもサクサク書けて気持ちがいいですよ。

普及価格帯のGateron軸と比べると若干単価が高く、人によってはコスパを感じにくいだろうことから-★0.5としました。が、ハマる人なら★5でも良いと思います。キースイッチは好みの世界。

HHKBの打鍵感をメカニカルキーボードでも、と考えている方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上「Kailh BOX茶軸レビュー | HHKBに似た打鍵感のキースイッチ。打鍵音も上品になった」でした。