Chrome 69が白くて眩しいのでテーマを「Mono Light」に変えた

Mono Lightを入れたChromeの画面Chromebook

2018年9月にChromeブラウザ&Chrome OSが69にアップデートされたんですが、

  • ウィンドウバーがアクティブなのになぜか白い
  • スタートページの背景が真っ白でまぶしすぎる

と、なにかと配色が気にくわなかったので、テーマを変えて対応しました。

本記事では、ぼくが入れたテーマと、似た感じの暗めのテーマの探し方を紹介します。

Chrome 69がまぶしいと感じた方は参考になさってください。

入れたテーマは「Mono Light」

Mono Lightを入れたChromeの画面

参考 Mono Light – Chrome Web Store

「Mono Light」は

  • ウィンドウバーは暗めの色
  • インアクティブなタブは暗く、アクティブなタブは明るく
  • URLバーやブックマークバーとアクティブなタブの色が同じ
  • Chromeスタートページの背景がグレー

と、Chrome 68時代の「普通な色合い」をそのまま取り戻してくれます。

ウィンドウバーが黒系なのは好みが分かれるかもしれませんが、ぼくはもともとこういう色で使っていたので「まさに」という感じでした。

フラット/マテリアルデザインで暗めのテーマの探し方

「眩しくなくなるのはいいけど黒系の配色はちょっと」

と感じる方は、以下のキーワードでテーマを検索すると、いい感じのものが出てきます。

「material / minimal」 + 「色/色合い」

 

たとえば

  • 「minimal gray」:暗めのモノトーン
  • 「minimal blue」:青系のモノトーン
  • 「material yellow」:グレー+挿し色が黄色
  • 「material black」:真っ黒

といった感じ。

もっと幅広く探すなら

  • minimalist
  • monotone

などでざっくり探すのがおすすめです。

まとめ:とりあえず「Mono Light」を入れてみては

「Mono Light」を入れたおかげで、Chrome 69の変な色合いに目がやられなくて済みそうです。

Chrome 69が眩しい、ウィンドウバーの色使いが気に入らない、と感じている人は、とりあえず「Mono Light」を入れてみてはいかがでしょうか。

参考 Mono Light – Chrome Web Store

以上、「Chrome 69がやたら白いしまぶしいのでChromeテーマをMono Lightに変えた」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました