【アプリ課金が最大17%オフ】Amazonコインはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

ChromebookだけでAWSのEC2にSSHする方法

ChromebookでAWSのEC2にSSH

Chromebookだけしか使えない環境で、新しく立ち上げたAWSのEC2インスタンスにSSH接続する方法をまとめました。

ChromebookでAWSを使っている方の参考になればと思います。

※AWS EC2インスタンスの立ち上げたときにダウンロードした秘密鍵が手元にあることを前提とします

Chrome拡張「Secure Shell」を使う方法

定番SSHクライアント「Secure Shell」を使う方法です。

参考 Secure Shell – Chrome ウェブストア

Secure Shellでは公開鍵と秘密鍵のペアが必要ですが、AWSでは秘密鍵しかダウンロードできないので、Chromebook上で公開鍵の生成を行います。

が、Chromebookにはssh-keygenコマンドがないので、Androidアプリ「Termux」を併用して乗り切ります。

参考 Termux – Google Play の Android アプリ

1. Androidアプリ「Termux」をインストールする

下記リンクから「Termux」をインストールします。

参考 Termux – Google Play の Android アプリ

2. Termux上でopensshをインストールする

Termuxを立ち上げ、「ssh-keygen」の実行に必要な「openssh」をインストールします。

$ pkg install openssh

3. 秘密鍵の中身をTermuxにコピペして保存する

AWSの秘密鍵をTermux上に読み込ませます。

Termux上からChromebookのファイルへアクセスできないので、ファイルの中身をコピペします。

$ touch aws_key
$ vi aws_key
〜vi上でコピペして保存〜

4. ssh-keygenで公開鍵を生成する

「ssh-keygen」コマンドで、秘密鍵から公開鍵を生成します

ssh-keygen -yf aws_key > aws_key.pub

5. 公開鍵の中身をコピペしてChromebook側に保存する

公開鍵の中身をChromebook側に戻すため、中身をコピペしてテキストファイルに保存します。

cat aws_key.pub
〜出力内容をコピペして保存〜

6. Secure Shellに鍵のペアをインポートして接続する

手元の公開鍵と秘密鍵のペアをSecure Shellにインポートして、EC2へ接続します。

これで完了です。

Androidアプリ「Termux」を使う方法

Androidアプリ「Termux」だけでもSSH接続が可能です。

こちらの場合、ネイティブのsshコマンドが使えるので、秘密鍵から公開鍵を生成する必要がありません。

ただしTermuxはAndrodアプリなので、テキストのコピペその他、少し操作に難があります。

できればChrome拡張「Secure Shell」を使うほうが作業は楽だと思います。

手順1〜3は「Secure Shell」を使う方法と同じです

1. Androidアプリ「Termux」をインストールする

下記リンクから「Termux」をインストールします。

参考 Termux – Google Play の Android アプリ

2. Termux上でopensshをインストールする

Termuxを立ち上げ、「ssh」コマンドに必要な「openssh」をインストールします。

$ pkg install openssh

3. 秘密鍵の中身をTermuxにコピペして保存する

AWSの秘密鍵をTermux上に読み込ませます。

Termux上からChromebookのファイルへアクセスできないので、ファイルの中身をコピペします。

$ touch aws_key
$ vi aws_key
〜vi上でコピペして保存〜

4.sshコマンドを使って接続する

AWSのヘルプにある通りのコマンドでSSH接続します。

$ ssh -i "秘密鍵の名前" ec2-user@ec2-XX-XX-XX-XX.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

これにて完了です。

従来の方法との違い

これまでも、ChrombookからEC2インスタンスへSSH接続する方法は解説されていました。

しかし、いずれの方法も「秘密鍵からの公開鍵生成」は別のマシンで行うことが前提とされていました。

今回紹介した方法は、鍵の生成部分もChromebookだけで行う、もしくは鍵の生成不要でSSH接続できる点で、ちょっとだけ違います。

まとめ:調べるより聞くほうが早かったかも

以上、ChromebookだけでEC2インスタンスへSSH接続する方法を共有してみたんですが……

ぼくがエンジニアとしてきわめて非力なせいか、調べるだけで1時間くらいはかかりました

でもコレ系って、知ってる人に聞くと一瞬でわかることが多いんですよね……

次からはteratailあたりでエンジニアの人に聞こうと思います。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク