自宅WiFi

WiFiルーターを買い替えればネットの通信速度は早くなる?→なりません

自宅WiFiのインターネット速度を決める5つの要素

WiFi 6対応!トライバンド!理論値4Gbpsの高速通信!

など、最新のWiFiルーターはなにかと魅力的です。

しかし覚えてきたいのは、

WiFiルーターを買い替えても、必ずしも自宅のネットが早くなるわけではない

という点です。

その理由を

  1. 自宅のインターネット速度はなにで決まるのか
  2. WiFiルーターは、そのなかのどの要素に影響するのか
  3. 最終的に、インターネット通信速度を上げるにはどうすればいいか

の3つの観点から、説明します。

※「自宅に敷かれた回線をWiFIルーター経由で無線で使う」という、よくあるケースで考えます。

スポンサーリンク

自宅のインターネット速度を決める5つの要素

自宅WiFiのインターネット速度を決める5つの要素

インターネットの速度を決める要素はざっくり5つ。

  1. 自宅に敷かれている回線の速度
  2. 自宅のLANポートとWiFiルーターをつなぐLANケーブルの規格
  3. WiFiルーターが対応している通信規格
  4. WiFiルーターからスマホ等までの電波状態
  5. スマホやPCが対応している通信規格

インターネット通信で流れるデータを水に、回線やWiFiルーターなどを水道の太さに例えるとわかりやすいと思います。

水道のどこか1つでも細いと、全体として流れる水の量は少なくなりますね。

それと同じで、自宅のインターネットを早くするには、1〜5の全部をケアする必要があるのです。

WiFiルーターは、その2つしか改善できない

WiFiルーターの買い替えにより改善が見込まれるのは、5つの要素のうち、

  • 「3. WiFiルーターが対応している通信規格」
  • 「4. WiFiルーターからスマホ等までの電波状態」

の2つのみです。

具体的にどうなるかというと、以下のとおり。

  • 3. 通信規格:WiFi 6対応等により、通信速度が変わる
  • 4. 電波状態:アンテナの長さや本数、バンド数、ビームフォーミングの有無、発信電波強度により、電波の届きやすさが変わる

いずれも大事な要素です。が、インターネット速度に関するすべての要素をカバーしているわけではありません。

WiFiルータ以外で、インターネットの通信速度を上げるためにケアすべき観点

自宅WiFiのインターネット速度を決める5つの要素のうち、WiFiルータ以外でケアが必要な部分

逆にいうと、5つの要素のうち残りの3つ、

  • 「1. 自宅に敷かれている回線の速度」
  • 「2. 自宅のLANポートとWiFiルーターをつなぐLANケーブルの規格」
  • 「5. スマホやPCが対応している通信規格」

をカバーすれば、インターネット通信を高速化できることになります。

どうすればいいか、見ていきましょう。

1. 自宅に敷かれている回線の速度

自宅の回線をより早いプランに変えるしか方法はありません。

WiFi 6の実力をフルに引き出すなら10Gbpsが理想です。

しかし2022年1月現在、10Gbpsのプランはコスパが悪いので、値段がリーズナブルな1〜2Gbpsのプランを選ぶべき。

たとえばNURO 光は、月5,200円で最大2Gbpsと、バランスが取れています。

2. 自宅のLANポートとWiFiルーターをつなぐLANケーブルの規格

LANケーブルを買い換えるしか方法はありません。

選ぶなら

  • 1Gbps対応の「CAT5E」
  • 10Gbps対応の「CAT 6A」

のどちらかにしましょう。

そこまで高い買い物ではないので、「CAT 6A」を買ってしまうのが良いです。

エレコム
¥429 (2022/06/21 22:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

5. スマホやPCが対応している通信規格

基本は買い替え。ただPCならネットワークカードの換装で対応可能です。

  • スマホ:WiFi 6対応の機種に買い換える
  • PC:ネットワークカードをWiFi 6対応のものに換装する

スマホは、楽天UN-LIMIT VIワイモバイルなどの乗り換えプランを使うとお得で良いです。

PCのネットワークカードは、PCの種類によるので、とりあえずAmazonで検索してみることをおすすめします。(3000円程度のものも出てきます)

まとめ:WiFiルーターはOne of them

まとめます。

WiFiルーターでケアできるのは、以下5要素のうち2つのみです。

  1. 自宅に敷かれている回線の速度
  2. 自宅のLANポートとWiFiルーターをつなぐLANケーブルの規格
  3. WiFiルーターが対応している通信規格
  4. WiFiルーターからスマホ等までの電波状態
  5. スマホやPCが対応している通信規格

つまり、WiFiルーターはあくまで1つのパーツ。

自宅のインターネット速度を早くするには、これら以外の要素もすべてケアする必要があります。

具体的には、以下の通り。

  • ネット回線プランの見直し
  • LANケーブルのアップグレード
  • WiFiルーターの買い替え
  • PCのネットワークカード換装や、スマホの乗り換え

ただ、WiFiルーターの買い替えは必要なステップの1つであり、全部カバーされないからといって買い替えない理由にはならないという点は、強調しておきます。

くわえて、これらすべてを一度でやるのは現実的ではなく、長い目で考えて1つずつ順番に買い替えていくことになることから、将来を考えてWiFiルーターはWiFi 6対応のものを選んでおくと良いと考えます。

自宅ネット環境のアップグレードを考えている方の参考になれば幸いです。

以上「WiFiルーター買い替えでネットの通信速度は早くなる?→なりません」でした。