自宅WiFi

TP-Link RE600Xレビュー | 万能型WiFi 6中継器がスリムに進化。欠点が見当たらない

4.5
TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 レビュー

提供:TP-Link

TP-Link様のご厚意で、2021年11月発売のWiFi中継器「TP-Link RE600X」をレビューさせていただけることとなりました。

RE600Xは、「万能型WiFi装置」と呼べる優秀な先代機種RE605Xのスリム版。

用途として

  1. WiFi中継器
  2. WiFiアクセスポイント
  3. メッシュWiFiのノード
    OneMesh対応WiFiルーターとの組み合わせ

としてオールマイティに使えるという特徴を引き継ぎながら、奥行きが1cmスリムになりました

NAE
NAE

「1cmだけ?」と思うかもしれませんが、コンセントに直接差し込むと1cm差が結構大きいんです

先代のRE605Xは角張った筐体がかなり出張るのが減点ポイントでした。RE600Xはその課題をきれいにクリアしてきた形です。

これにより万能WiFi装置としての完成形に至ったと個人的には思っています。

値段も先代より安い7,000円台。価格面でも抜かりがありません。

自宅のインターネット環境を強化したい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

TP-LINK
¥6,712 (2022/11/29 20:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
スポンサーリンク

TP-Link RE600Xの概要

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 WiFi6 機能概要
出典:www.tp-link.com

注目ポイント

  • WiFi 6対応。デュアルバンドの高速通信
  • 2つの動作モード。WiFi中継器とアクセスポイント
  • OneMesh対応。メッシュWiFiのノードにもなれる

仕様・スペック

  • ポート:ギガビットポート × 1
  • ボタン:WPSボタン、Resetボタン
  • 消費電力:10.8W
  • 寸法(幅x奥行きx高さ):78×36×149 mm
  • アンテナ:内蔵アンテナ×2
  • ワイヤレス規格:IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz, IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
  • 周波数範囲:2.4GHz 及び 5GHz
  • 信号レート:574 Mbps (2.4GHz), 1201 Mbps (5GHz)
  • ワイヤレスセキュリティ:WEP, WPA, WPA2, WPA3
  • ビームフォーミング対応

TP-Link RE600Xレビュー

それでは実機レビューです。

外観・デザイン:壁に馴染むデザイン

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 本体 上面

白の四角い筐体にTP-Linkのロゴ。

TP-Linkらしい角張ったデザインですが、あまり主張は激しくありません。

中央部分が若干盛り上がっていますが、側面に向かって薄くなっていく形なので、壁に馴染みやすいように感じます。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 底面

右側面はメッシュ構造で放熱性を確保しています。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 WPSボタン リセットボタン WANポート

右側には、1Gbpsまで対応のギガビット・イーサネットポートを搭載。

ここLANケーブルを繋ぐことでWiFiアクセスポイントとしても機能しますです。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 背面

裏側にはコンセントと各種仕様が印字されたラベルのみ。

大きさ・重さ:薄くてスリム

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 厚み

横から見るとそのスリムさがよくわかります。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 コンセントに挿した際の厚み

実際にコンセントに挿して横から見るとこのくらい。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 コンセントに挿した様子

遠目で見るとこういう感じ。通行量の多い廊下でも邪魔になりません。

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 重さ

ちなみに重さは実測で230.6g。

コンセントに直接挿してもずり落ちてこない程度です。

コンセントとの干渉:なし

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 コンセントに挿した様子

よくある二口コンセント。上側に刺せば、下のコンセントはちゃんと使えます。

通信速度:WiFi 6対応、1Gbps回線なら十分

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 WiFi6
出典:www.tp-link.com

インターネット回線は1Gbps、LANケーブルはリンク速度1Gbpsのものを使って計測しました。

WiFi中継器として

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 コンセントに挿した様子
廊下のコンセントで中継器として利用中
TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 中継器として利用したときの通信速度
アクセスポイントから10m程度の距離で中継

RE600Xを別のWiFiルーターTP-Link Archer AX4800と接続して計測。

一番AX4800の電波が届きにくい場所の場合、

  • RE600Xなし:30〜100Mbpsをウロウロ
  • RE600Xあり:200Mbps以上で安定

くらい速度と安定性に差が出るようになりました。

NAE
NAE

安定した高速通信にWiFi中継器は必須ですね

WiFiアクセスポイントとして

TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 APモード
ギガビットポートにLANケーブルを直接挿して計測
TP-Link RE600X AX1800 WiFi6対応 中継器 アクセスポイント OneMesh対応 アクセスポイントとして利用したときの通信速度

RE600Xに直接LANケーブルを接続し、ブリッジモードに設定し計測。

前出のAX4800と同等、十分な速度が出ています。

NAE
NAE

WiFiアクセスポイントとしての運用にも十分耐えられます

電波の範囲:十分だが限界はある

TP-Link RE605X RE600Xの電波到達範囲 3LDKマンションの間取りでイメージ
3LDKマンションでのWiFi電波到達範囲イメージ

3LDKの自宅マンションでテストしたところ、電波到達範囲は上の図のとおり。1K〜2LDKなら1台で余裕でカバーできそうです。

RE600Xはビームフォーミング(接続先デバイスに通信電波を集中する機能)にも対応しているため、上の図で色が薄い範囲でも十分に高速通信できます。

ただし3LDK 以上になると電波強度が少し苦しくなってくくるので、

  • 1K〜2LDKまで
    →WiFiアクセスポイントとして使う
  • 3LDK以上
    →別のWiFiルーターと組み合わせ、中継器またはメッシュWiFiノードとして使う

と使い分けると良いでしょう。

メッシュWiFi対応:OneMeshで抜かりなし

普通は、WiFiルータと中継器を組み合わせるとSSIDが変わってしまう
OneMesh対応なら、WiFiルータと中継器の組み合わせでメッシュWiFiが組める

RE600XはTP-Linkの独自技術「OneMesh」に対応。

他のOneMesh対応ルーターと組み合わせることで、普通の中継器で問題になりがちな「SSIDが分かれてしまう」をスマートに解消できます。

NAE
NAE

先ほど速度計測で登場したArcher AX4800もOneMesh対応です

発熱:気になるレベルではない

ことさら気になるレベルの発熱はありませんでした。

背面側に多少の熱は持ちますが、触るとほんのり温かい程度です。

NAE
NAE

側面メッシュの排熱が効いているいるんだと思います

設定と管理:専用アプリ「Tether」で簡単

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

あらゆる設定や管理が、専用アプリ「Tether」で完結します。

初期セットアップは画面の指示に従えばすぐに済み完了。

各種設定もメニューを見ると一発で理解可能。

洗練されています。

NAE
NAE

さすがトップブランド、という感じです

保証:3年間の長期保証

RE600Xには、標準で3年間の長期保証がついてきす。

WiFi系の機器は一度買ったら長く使うものなので、保証もそれなりに長期間だと安心です。

TP-LINK
¥6,712 (2022/11/29 20:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

実際に使ってみた感想

RE600Xを別のWiFiルーターTP-Link Archer AX4800とOneMesh接続した状態で1週間使ってみました。

主な用途は

  • テレワークでのオンライン会議
  • Amazonプライムビデオで動画を見る
  • LINE通話(ビデオオン)
  • その他Webサイト閲覧

です。

良かったところ

  • 廊下のコンセントに挿しても全く目立たない
  • 必要十分な高速通信
  • 家の隅々までちゃんと電波が届く

コンパクトさと高性能がかけあわさって、ハッピーな感じです。

先代機種の気になりポイントだった「かさばり」「コンセントとの干渉」が見事にクリアされています。

悪かったところ

  • なし

お世辞ではなく、本当に悪いところが見つからないんですよね。

今後何か見つかるとすれば複数年使ったあとの摩耗や故障ぐらいでしょうか。

それですら3年間という長期保証でカバーされてしまうんですけれども。

TP-LINK
¥6,712 (2022/11/29 20:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

TP-Link RE600Xはこんな人におすすめ

  • 自宅WiFiの繋がる範囲を広げたい
  • 手持ちのTP-Link WiFiアクセスポイントを使って、安くメッシュWiFiを組みたい
  • 将来的を見越して、拡張性の高いWiFi機器を選んでおきたい

まとめ:完全体になった万能装置

総合評価:

機能に一切無駄がなく、デザインも価格も洗練された非常に優れたアイテムです。

辛口めの評価が多い管理人ですが、RE600Xは正直欠点が少ない。完全体と呼んで差し支えないと思います。

自宅のインターネット環境を強化したい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上「TP-Link RE600Xレビュー | 万能型WiFi 6中継器がスリムに進化。欠点が見当たらない」でした。

TP-LINK
¥6,712 (2022/11/29 20:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す

さらにお得に買うために

Amazonで買うならAmazonギフト券経由にするとお得。

いつも代わるがわるポイント還元キャンペーンをやっているので、最新情報をチェックしてみてください。

使わない手はないので、ぜひどうぞ。

※ギフト券の残高は10年有効
注意

自宅のネット速度はWiFiルーターだけで決まるわけではありません。

WiFiルーターでカバーされるのは、5つの要素のうち2つだけ。5つすべてケアしてはじめて速度が改善されます。詳細は以下記事で解説しています。

参考 自宅のネット・WiFiが遅い5つの原因と対策

スポンサーリンク
フォロー
2ミニッツ

タイトルとURLをコピーしました