自宅WiFi

TP-Link Archer AX23レビュー | 極限まで筋肉質。過剰スペックを取り去ったコンパクトWiFiルーター

4.0
TP-Link Archer AX23 WiFi6対応 WiFiルーター レビュー

提供:TP-Link

TP-Link様のご厚意で、2022年2月発売のWiFi 6ルーターArcher AX23を先行レビューさせていただけることになりました。

Archer AX23は、機能・性能・本体・価格、すべてがコンパクトなWiFi 6ルーターです。

従来のTP-Linkのルーターはスペック過剰で、使わない機能・性能が価格に上乗せされる形でした。(機能性能/価格比でいうコスパは優れているものの、絶対値として過剰気味)

Archer AX23は、そんな過剰な機能・性能を大胆に削ぎ落としました。結果、とても筋肉質なWiFiルーターに仕上がっています。そのぶん価格もコンパクト。

その裏返しで、環境や家のレイアウトを選んでしまう側面もありますが、「必要十分なスペックを最低価格で」という言葉にピンとくる人は見る価値ありです。

NAE
NAE

OneMesh対応やギガビットLANポート等、必要な拡張性は確保されているのでご安心を

TP-Link
¥6,479 (2022/11/25 20:50時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

Archer AX23が気になった理由

「使わない機能・性能が削ぎ落とされた」に強く惹かれたからです。

わがやではTP-LinkのWiFiルーターを使っています。が、多くの機能が宝の持ち腐れ状態でした。

特に無駄だと感じるのは以下の4点。

  • そもそもネット回線が1Gbps
    →WiFi速度も1Gbpsで十分。WiFiだけ早くても仕方ない(参考
  • NAS持ってない
    →USB対応は不要
  • 自宅サーバはないし、子供のペアレンタルコントロールは別でやってる
    →HomeShieldセキュリティは不要
  • 電波範囲拡張は中継器でやるし、デバイス数も多くない
    →アンテナ数やストリーム数は少なくていい

そこで登場したのがArcher AX23です。上記4点をキレイに削ぎ落としてきました。

過去に紹介したWiFiルーターArcher AX55Archer AX72との比較を見れば違いは一目瞭然。具体的には以下。

Archer AX55Archer AX72Archer AX23
WiFi速度(Mbps)2042+5744804+5741201+574
WiFi範囲戸建て3階建/
マンション4LDK
戸建て3階建/
マンション4LDK
戸建て3階建/
マンション4LDK
同時接続台数48台80台36台
WiFiストリーム数4ストリーム6ストリーム4ストリーム
USB対応ありありなし
HomeShieldありありなし
比較全量はこちら(TP-Link公式)

こうして並べると過剰感がよくわかりますね。Archer AX23が出たということは、ぼく以外にも「無駄多いな」と思っていた人が多かったのでしょう。

NAE
NAE

Archer AX55やArcher AX72も機能性能/価格比でいうとコスパに優れた良いルーターなんですけどね

Archer AX23の概要

  • 規格値1201Mbps + 574Mbpsの高速通信
  • WiFi 6、IPv6 IPoE対応
  • 5基のギガビットポート搭載
  • 4本の高性能アンテナ、デュアルバンド
  • OneMesh等、流行りの機能を搭載
  • 使いやすい専用アプリでかんたん管理

詳細な仕様・スペックはTP-Link公式サイトにて。

Archer AX23レビュー

それではレビューしていきます。

外観・デザイン:見た目と排熱を両立

TP-Linkらしい同色ツートン仕上げ。デザイン性の高い排気口もいい感じ。

前後にインターフェース類。必要最低限です。

裏面も全面スリット+排熱口。中央のシールには、初期設定に必要な情報が記されています。

壁掛け用の穴や直置き用の樹脂足も配備。さまざまな取り付けシーンに対応可能です。

アンテナは4本。側面から生えていないので場所を取りません。

なお大きさはニンテンドースイッチと同じくらい。

WiFiルーターにしては小さい方です。置き場所に困らなさそう。

初期設定や設定変更:解説不要レベルで簡単

付属の「かんたん設定ガイド」の通りやれば初期設定は完了します。

途中で出てくる専用アプリはこちら↓

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

Archer AX23だけでなく、TP-Linkのルーター全般を一括管理できるスグレモノです。

わざわざブラウザから「192.168.0.1」にアクセスしなくて良くて便利。

たとえば、

こんな感じで、代表的な設定なら一発アクセス、その他かなり細かい設定項目もわかりやすく整理されています。

こういった使い勝手面を磨けるのは、多くのWiFiルーターを世に送り出しているTP-Linkならではの強みでしょう。

SSID:2.4GHz用と5GHz用を分けなくて良い

通常、2.4GHz用と5GHz用でSSIDは分かれるもの。

しかしArcher AX23は、2.4GHzと5GHzでSSIDとパスワードを共通化してSSIDを1つにする「スマートコネクト」機能に対応。

接続する機器ごとに使う帯域をふりわける等、細かいことを気にしなくてOKです。

通信範囲、通信速度:電波が回り込むと一気に減速

家の各所でWiFi通信速度を測定してみました。

測定の前提
  • 約70平米のマンション
  • インターネット回線はマンション型の1Gbps
  • LANケーブルはCat 5e(1Gbpsまで対応)
  • 有線接続の実測値は最大600Mbps
  • 15〜20個のデバイスが常時通信中
  • WiFi 6対応スマホで測定
NAE
NAE

インターネットのプロバイダがIPoE非対応のためIPoEは検証できずです

パターン1:すぐ近く

有線接続の実測値Maxに近い速度が出ました。

Archer AX23の処理性能がボトルネックにはなっていない証拠です。

パターン2:見通しの良い、遠い場所

距離は遠くとも、電波の届きやすい場所だと安定して200Mbps以上出ました。

余裕で4K動画がストリーミング可能。

ただし……

パターン3:障害物の多い、遠い場所

電波が回り込む場所には弱いようです。

通信速度は安定せず、接続が切れることも。Archer AX55やArcher AX72では起きなかった現象です。

要因はおそらく、Archer AX23が信号範囲と障害耐性を強化する技術「高性能FEM」「4T4R」に対応していないから。(参考:スペック比較

家のレイアウトによっては、Archer AX23本体の配置場所を工夫したり中継器を使うなど、ひと手間かける必要がありそうです。

NAE
NAE

同じ「4LDK対応」でも中身が違うんですね

メッシュWiFi化:OneMeshで対応可能

電波が回り込む場所に弱いArcher AX23を補強するのが、「OneMesh対応」です。

OneMeshとは、WiFiルーター本体とWiFi中継器で同じSSIDが使えるようになるTP-Linkの独自技術。

RE600XRE605Xなど、OneMesh対応のTP-Link社製のWiFi中継器を組み合わせると、メッシュWiFiが組めます。

そのため、たとえば……

電波の回り込みが必要な場所とArcher AX23の中間地点にWiFi中継器を設置することで、Archer AX23の弱点をカバーできる、というわけです。

NAE
NAE

WiFi中継器ぶんの追加コストを出すかは迷いどころですが、自宅ネット環境はQOLへの影響が大きいため、管理人としては導入をおすすめします

有線接続:もちろんOK

Archer AX23は4つのギガビットLANポートを備えています。

ゲーミング用途など、通信の速度や安定性、応答時間に重きを置くなら有線接続で使うと良いでしょう。

安定性・耐久性:問題なし

2週間動かし続けて、一度も不具合は起きませんでした。目立った通信断もありません。

WiFiルーターは電気や水道みたいなものなので、この安定感は頼りになります。

NAE
NAE

ちなみに、これまで何台かTP-Linkのルーターを使ってきましたが、故障したことは一度もありませんでした

保証:3年

TP-Link製のNW製品には標準で3年のメーカー保証がつきます。

WiFiルーターは一度買うと長く使うもの。保証が長いと安心ですね。

TP-Link
¥6,479 (2022/11/25 20:50時点 | Amazon調べ)

実際に使ってみた感想

良かったところ

  • 過剰な機能・性能が削られており値段も安い
  • 5GHzと2.4GHzでSSIDを統一できる
  • 手軽にメッシュWiFiが組めるOneMesh対応

ポイントは押さえつつ、8割の人にとって使わない機能・性能が削がれているのが一番の良いところです。

まさに「必要十分」というところ。

悪かったところ(とその対策)

  • 電波が回り込む場所に弱い

一方で、「必要十分」は裏返すと「余剰がない」ということ。想定する環境や用途から外れると、使えない部分が出てきます。

それが顕著に現れたのが、電波が回り込む場所に弱い、という点。Archer AX23にとってその環境は「必要十分」の範囲外なのでしょう。

そういう場合、設置場所を工夫したり、中継器を追加したりが必要。ここをどう捉えるかで、Archer AX23の評価は変わるかと思います。

TP-Link
¥6,479 (2022/11/25 20:50時点 | Amazon調べ)

Archer AX23はこんな人におすすめ

  • 自宅WiFi環境をアップグレードしたい
  • 3LDK程度の家に住んでいる
  • 電波の回り込む場所が少ない

まとめ:環境がマッチすれば最適解

総合評価:

Archer AX23にとっての「必要十分」に環境がマッチするかで評価が大きく変わります。

具体的には、

  • 電波が回り込む場所ができてしまう、かつ
  • その場所で安定した高速通信が必須

という条件にマッチするなら、配置の工夫やWiFi中継器の追加など追加の手間やコストが必要になります。

逆に、そうでなければArcher AX23は最適解になりえます。

その意味で万人向けではないかな、という意味で-★1しました。

ぜひ自宅のレイアウトやLANポートの場所を確認し、電波の回り込みが必要な場所ないか見てみてはいかがでしょうか。

以上「TP-Link Archer AX23レビュー | 極限まで筋肉質。過剰スペックを取り去ったコンパクトWiFiルーター」でした。

TP-Link
¥6,479 (2022/11/25 20:50時点 | Amazon調べ)
さらにお得に買うために

Amazonで買うならAmazonギフト券経由にするとお得。

いつも代わるがわるポイント還元キャンペーンをやっているので、最新情報をチェックしてみてください。

使わない手はないので、ぜひどうぞ。

※ギフト券の残高は10年有効
注意

自宅のネット速度はWiFiルーターだけで決まるわけではありません。

WiFiルーターでカバーされるのは、5つの要素のうち2つだけ。5つすべてケアしてはじめて速度が改善されます。詳細は以下記事で解説しています。

参考 自宅のネット・WiFiが遅い5つの原因と対策

スポンサーリンク
フォロー
2ミニッツ

タイトルとURLをコピーしました