その他作業環境

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1レビュー | ケーブル着脱可能。世界最小級の10Gbps対応5 in 1 USB-Cハブ

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1 5 in 1 USB-Cハブ レビュー

提供:フォーカルポイント

フォーカルポイント様のご厚意で、同社が実行者を務めるクラウドファンディングプロジェクト「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」の開発中サンプルをお借りできましたので、ご紹介します。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1は、世界最小級の10Gbps対応USB-Cハブ。

特長は、小さくて高機能であること。

  • とにかく小さくて軽い
  • ケーブル着脱可能
  • 出力用USB-Cポートが2つ

ただし、PD給電とモニター出力には対応していない点は要注意。「PCにつなぐのはUSB-C1本だけ」を目指す人向きではありません。

とはいえ、5 in 1のUSB-Cハブとしては最小級のため、出歩くときの荷物をなるべく小さく軽く保ちたい場合は、要チェックです。

スポンサーリンク

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1の概要

出典:greenfunding.jp

注目ポイント

世界最小クラスの超小型ボディの5-in-1 USB ドッキングステーション

ケーブルは着脱可能。市販のケーブルに切り替えれば、自由な長さで使用OK

2つ搭載されているUSB-CポートはUSB 3.2 Gen2(最大10Gbps)の高速データ転送を実現

プリンタやマウス、ペンタブレットなど、周辺機器に対応するUSB-AもUSB 3.2 Gen2(最大10Gbps)に対応

Mac、iPad、Windows PC、Androidなど、USB-Cポートを持つすべてのデバイスに利用可能。ドライバ不要

最大2TBに対応するSDカード、Micro SDカードスロットを搭載

カラーラインナップは、スペースグレイ、シルバーの2種類

出典:greenfunding.jp

↑クラウドファンディングプロジェクトページで謳われている注目ポイントです。

このなかで注目すべきは、「世界最小クラスの超小型ボディ」という点。

USB-Cハブはポート構成や対応規格がさまざまで同条件での比較は難しいのですが、一旦同じ「5 in 1」の代表格と比べてみると、

と、体積ベースでは圧倒的な小ささを誇ります。

にもかかわらず、USB 3.2 Gen2対応のポートを3つ、特にUSB-Cを2つ備えている点は他にはない特長です。

NAE
NAE

小さくて高性能、ということです

仕様・スペック

  • 製品名:ALMIGHTY DOCK nano1
  • 寸法:約126.9mm x 32mm x 10.5mm
  • 重量:約36g (本体)
  • カラー:シルバー/スペースグレイ
  • 本体素材:アルミニウム合金ほか
  • 接続インターフェイス:USB Type-Cコネクタ
  • USB-Cポート規格:USB 3.2 Gen 2×1(最大10Gbps)
  • USB-Aポート規格:USB 3.2 Gen 2×1(最大10Gbps、USB2.0/1.1下位互換)
  • SDカード:SD/SDHC/SDXC(最大2TB)、SD3.0 UHS-1、最大104MB/S
  • 注記事項:PD給電、映像出力には未対応

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1レビュー

本レビューは開発中サンプルを貸与いただいて執筆しています。正式版と仕様・デザインが異なる場合がありますので、ご了承ください。

それではレビューしていきます。

外観・デザイン:文字での印字が地味に嬉しい

今回お借りしたのはシルバー。

上面はTUNEWEARのロゴと製品名が印字されており……

裏面は、社名、各種認証マーク、そして各ポートの規格が印字されています。

3つのUSBポートすべてに「3.1 Gen2」と明記。アピールポイントだからかもしれませんが、こう書いておいてもらえるとガジェット好きにとってはわかりやすくて嬉しいですね。

USB-Cポートが多いせいか、「PCにつなぐのはここだよ」という案内も明記されています。

アイコンで示すUSB-Cハブが多いので、文字できちんと書いてあるのはちょっと目を引きます。

好みはあるかもしれませんが、文字で書いてあるほうが誤解が少ないのは確かでしょう。

付属のUSB-Cケーブルも、もちろんUSB3.2 Gen2対応。

TUNEWEARのロゴ等の印字や刻印はありませんでした。(ワーキングサンプルだからかもしれません)

PCと接続するとLEDが白く光ります。

重さ・大きさ:びっくりするほど小さい

持ってみた感想は「ふわっふわじゃん」。

実測35.1gはめちゃくちゃ軽いです。

小型と言われるiPhone SE2と比べると半分未満。

対等な比較ではありませんが、7 in 1のUSB-Cハブと比べると雲泥の差です。

機能・性能:問題なし

本当は

  • USBデバイスの同時接続
  • 読み書き速度

で評価したかったのですが……

あいにく、USB 3.2 Gen2に対応するデバイスが手元にないので、理論値10Gbpsが実際出るのかテストできません。

なので、USBデバイスの同時接続の点だけで言いますと、

を同時接続しても、まったく問題なく動いてくれています。

今回貸し出していただいたのは開発中サンプルということで、安定性を心配していましたが、杞憂だったようです。

音と発熱:気になる点はなし

1日使用した中では、コイル鳴きや驚くような発熱は見られませんでした。

発熱については、触るとほんわか温かいくらい。

筐体がアルミニウム合金であり熱伝導率が高い=排熱効率が高いことから、きちんと外側に排熱されているようです。

仮に熱暴走が起こっても、小型のヒートシンクを貼り付ければOKでしょう。

参考 USB-C to HDMI変換ケーブルが熱暴走して調子が悪いので、ヒートシンクで対処した

ケーブル:着脱式は良いが、注意点も

USB-Cハブとしては珍しく、ケーブルは着脱式です。

こちらメリットもあるのですが、デメリットもあります。

メリット
  • PCまわりのセットアップなど、状況に応じてケーブルを交換できる
  • ケーブルが断線や破損しても、ケーブルのみ交換すれば良い
デメリット
  • 各種USB規格とケーブル長の制約に関する知識が必要

要するに、「自由なぶん知識をつけないと性能を引き出せないよ」ということです。

USB規格はかなり複雑でわかりにくいのですが、以下2サイトがとても簡潔にまとめてくれていますので、ぜひ見てみてください。

参考 USB 3.0/3.1/3.2の違い—速度・形状・4つの注意点を簡単にまとめたよ!|8vivid

参考 USBケーブル延長の長さと速度

NAE
NAE

一旦は付属のUSB-Cケーブルを使ってみてから考えるのでもOKだと思います

耐久性:未評価

今回は開発中サンプルということで、耐久性は未評価とさせていただきます。

ただ、1日使ったなかでは動作に不具合は見られませんでした。

保証:1年

説明書サンプル(製本前の原稿)には、「保証期間:ご購入より1年」とありました。

念のためフォーカルポイント様へ確認したところ、1年で確定、とのことです。

保証期間内はしっかり対応いただけるようなので、安心して支援・購入できそうです。

実際に使ってみた感想

良かったところ

  • 小さくて軽い
  • ケーブルが着脱式

小さくて軽いのは是非に及ばずとして、ケーブルが着脱式である点は意外と良いです。

理由は、PCまわりのセットアップが自由になるから。

ぼくは個人的に、ノートPCの横からケーブルがニョキニョキと生えている様子がどうしても許せないんです。見た目が悪いから。

なので、コネクタがL字型のUSB-Cハブを使っています。

しかしL字コネクタのUSB-Cハブ、国内だと全然ないんです。L字のUSBケーブルならたくさんあるのに。なのでわざわざ海外通販サイトから輸入して買いました。

が、TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1はケーブルが着脱式なので、

  • TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1をゲットする
  • ケーブルだけL字のものに買い換える

とすれば、すべてが事足ります。

この自由度はいいですよ。

悪かったところ(とその対策)

  • PD給電に対応していない
  • 画面出力が不可能

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1は、接続先PCへのPD給電、およびAlternate Modeによる映像出力に対応していません。

そのため、USB-Cハブに対し「PCへの接続はUSB-C1本だけ」を求める人にとって選択肢から外れます。(実はぼくもその1人……)

対策は、ありません。そういうものだと割り切って使うのみです。

とはいえ、

  • PD給電も映像出力も不要、という人にとっては世界最小級の高性能USB-Cハブであることには変わりない
  • USBバスパワーによる5W充電(PCからUSB機器への給電)は可能

である点は、強調しておきます。

こんな人におすすめ

  • PCのセットアップ的に、PD給電や映像出力は間に合っている
  • USB-C接続のデバイスを複数同時に使うことが多い
  • 今あるUSB-Cハブをより軽いものに買い替えたい

まとめ:小ささ・軽さ・自由さを求める人向け

総合評価:

用途がハマる人には唯一解になりえるのではないでしょうか。

ぼくはUSB-CハブにPD給電や映像出力も求めているので、残念ながら、TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1はぼくにはマッチしませんでした。なので★-1つ。

しかし、

  • USB機器に対する拡張性を求めている(特にUSB-Cを多用している)
  • しかもそれらを持ち歩くことが多い
  • ケーブルの取り回しにもこだわりたい

など、小ささ・軽さ・自由さを求める人はマッチすると思います。

ぜひチェックしてみて下さい。

以上「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1レビュー | ケーブル着脱可能。世界最小級の10Gbps対応USB-Cハブ」でした。