その他作業環境

USB-C to HDMI変換ケーブルが熱暴走して調子が悪いので、ヒートシンクで対処した

USB-C to HDMI

書斎デスクのChromeBox4Kディスプレイを、こちらの4K60Hz対応のUSB-C to HDMIケーブルで接続して使っています。

最近、画面のチラつきやブラックアウトが出るようになってしまいました。

原因調査と暫定対処により症状が改善したので、記録に残します。

スポンサーリンク

症状:ブラックアウトやノイズが頻発

  • 画面が1秒ほどブラックアウトすることがある
  • 画面横方向に縦5cmほどの緑の線や3cmほどの白い線が現れることがある
  • 常に起こるわけではないが、なにが契機かは不明

ブラックアウトやノイズの発生時も、キーボードなどの入力は受付可能。

なので、とくにキーボードだけを使っているときは作業自体に影響はありません。

しかし、目障りなのわ変わりなく。

原因:HDMI端子の熱暴走

以下切り分けにより、被疑箇所はUSB-C to HDMIケーブルと断定しました。

  • USB-C to DisplayPortケーブル経由→症状なし
  • USB-C to HDMIケーブル経由で、入力元PCを変更→症状あり
  • HDMI to HDMIケーブル→症状なし

そこでUSB-C to HDMIケーブルの動作状況を調べてみたところ、以下事象を確認。

  • 端子を揺らしても症状再発せず、接続不良なし
  • HDMI接続端子の異常発熱を確認

HDMI端子の熱暴走が原因で、内部の回路に動作異常が出たのでは、と思われます。

対処:ヒートシンクで熱を逃す

熱が原因なら、取り急ぎ逃せばよいはず。

そこで小型ヒートシンクを貼ることにしました。

リビングのFire TVやChromecastに貼っているのと同じものを使いました。

USB-C to HDMIケーブルにヒートシンクを2枚貼り付けて放熱性を高めた

こんな感じで、上下それぞれ1枚ずつ。

結果:症状はおさまった

症状がなくなりました。

原因はやはり、熱暴走による内部回路の動作異常で間違いなさそうです。

NAE
NAE

ヒートシンクがめっちゃ熱くなりました……

考察:なぜ起きたのか

突然、症状が出始めた理由

当ケーブルを使い始めたのは2020年5月上旬。

症状を確認したのは、2020年6月15日。最高気温35度の夏日。

暑い季節に入り、室内温度が上がったことで、熱が悪さをする水準に達したものと考えられます。

原因は製品仕様か、変換ロジックの仕様か

USB-C to HDMIケーブルで発熱している事例を検索したところ

という感じ。

このことから、そもそも発熱自体がUSB-C to HDMIの変換ロジックの仕様によるものではない可能性が濃厚です。(変換が複雑→多くの処理が必要→回路に大量の電流→発熱しやすい)

したがって、今回購入したケーブルが出来の悪いもの、または不良品だったと考えるのが自然でしょう。

なぜ今回のケーブルが発熱したのか

中身の作りの良し悪しまでははわかりません。

しかし、

  • 端子が樹脂性で、放熱性能が低い
  • 他の同等品と比べ、値段が300円ほど安い(他は2000円前後、これは1,700円前後)

ということから、製品自体が「安かろう悪かろう」だったものと思われます。

まとめ:アルミ製端子のものを選ぼう

「コモディティ化しているアイテムだし安物でも最低限の品質は確保されているだろう」と考えたのが、そもそもの間違いでした。

ケチケチせず、端子がアルミ製で放熱がしっかりしているものを買うほうがよさそうです。

替えを探したなかで一番よさそうだったものを貼っておきます。ぼくも事故らないうちに買い換えなければ。

以上「USB-C to HDMIケーブルの調子が悪いので、ヒートシンクで対処してみた」でした。

※2020年7月14日追記

怖かったので、上記USB-C to HDMIケーブルに買い替えました。

チラつきもブラックアウトも、一切起こらなくなりました。

やはり買ったモノの問題だったようです。

タイトルとURLをコピーしました