モニター

モニターアームよりモニタースタンドが優れていると判断した理由

モニターアームとモニタースタンドの比較

自宅モニターの高さを変えたい。

そう考えたとき、まっさきに思い浮かぶのが、モニターアームだと思います。

しかし、ぼくはモニターアームではなく、あえて(下位互換と思われがちな)モニタースタンドを選びました。

本記事では、その判断理由を共有します。

スポンサーリンク

ぼくがやりたかったこと

ぼくの要件は以下の4つです。

  • モニターの高さをもっと上にあげたい
  • ひんぱんにモニターの位置を動かす予定がない
  • なるべくデスクの奥にモニターを配置したい(手元スペースを広く保つため)
  • モニターのグラつきは可能な限りゼロにしたい

これらをコスパ高く満たすものはなにか?というスタンスから、幅広に探してみたところ、モニターアームとモニタースタンドの勝負に行き着きました。

要件に基づくモニターアームのデメリット

ただモニターアームだと、

  • デスクの奥に、畳んだアームの収納スペースが必要だが、奥行き60cmのデスクにそんなスペースはない
  • アームの収納スペースをゼロにするには、アームを伸ばした状態でモニターを中央に配置することになるが、それでは揺れが心配

というデメリットが。

また、ひんぱんにモニターの位置を調整する予定がなかったので、ぼくの用途ではモニターアームのメリットを活かしにくいのでした。

モニタースタンドのメリット

一方、モニタースタンドは

  • デスクの奥に配置できる(奥行き60cmのデスクでも余裕ができる)
  • モニターアームより構造がシンプルなぶん、安定しやすい
  • ガススプリング式のものなら、高さ調整もワンタッチでできる
  • 値段が安い(4,000円前後)

という点で、モニターアームに勝っていました。

要するに、ぼくの実現したかったことを最低コストでカバーできるのは、モニタースタンドだったということです。

追記:実際に両方試した結果

LG 34WN780-B」という、モニターアームつきのウルトラワイドモニターを買ってみたのですが、揺れが許容範囲オーバーしており使いものになりませんでした

いろいろ手を尽してみたところ、揺れを実用範囲内におさえられたとはいえ、それでもモニタースタンドの安定性には勝てず。

結局モニターアームは使わず、モニタースタンド「GREEN HOUSE GH-AMCM01」に付け替えて使っています。

画面が揺れないことを優先するならモニタースタンドを選ぶべきだと、身を持って実証できました。

GREEN HOUSE GH-AMCM01レビュー | とにかく揺れない、がっちり設計のモニタースタンド
モニタースタンド(ディスプレイスタンド)GREEN HOUSE GH-AMCM01を購入。画面の高さがまっすぐ前を見た目線の先にくるようになり、姿勢がスッキリ。買ってよかったと思います。

ただし、エルゴトロンLXだと話は別でした。最高級モニターアームは、やはりしっかり安定しています。

とはいえ、エルゴトロンLXの値段はGREEN HOUSEモニタースタンドの3倍。安定性だけで見ると、モニタースタンドのほうがコスパが優れています。

安定性以外の点でこの値段差が埋まるかは、人それぞれ。良い点・悪い点を以下記事で詳しく紹介しているので、考えの足しにしていただければと思います。

エルゴトロンLX詳細レビュー | モニターアームを諦めるため購入したが、完全に期待を裏切られた
エルゴトロンLXを批判的にレビュー。モニターアームを諦めるために難癖をつけようとした結果。

まとめ:アームもいいけどスタンドもいい

モニターの位置調整といえば、まずはモニターディスプレイアームを探す人がほとんどだと思います。

しかし自分のやりたいことを冷静に振り返ると、実はモニターアームよりモニタースタンドの方がしっくりくる可能性が十分にあります

モニターアームに絞り込んでしまう前に、モニタースタンドも含めて探してみてはいかがでしょうか。

やりたいことが半額で実現できるかもしれません。

以上「モニターアームではなくモニタースタンドを選んだ理由と両方試した結果」でした。