メカニカルキーボード

OEMプロファイルな無刻印キーキャップを購入したら、ありえないパッケージングに泣かされた話

無刻印キーキャップ バラバラ 列がわからない

先日購入したメカニカルキーボードKEMOVE DK64-66を、DolchカラーのOEMプロファイル無刻印キーキャップに換装しました。

購入元はAliExpressのこちら。有名ではないショップでしたが無事に届き安心……

したのもつかの間、パッケージングに泣かされました。

スポンサーリンク

なぜパッケージングで泣いたのか

届いたパッケージがこちら。

Dolchカラー 無刻印キーキャップ OEMプロファイル パッケージング

1つの箱にキーキャップがぐちゃっと入れられています。

無刻印キーキャップを使うぼくにとって、このパッケージングは禁忌です。

理由は……

キーキャップは列によって形状が違う

メカニカルキーボードのキーキャップのプロファイルボトの高さの差
出典:deskthority.net

上の図のように、メカニカルキーボードのキーキャップはR1〜4/Space(=キーの列)で形が違います。(DSAのみほぼ同じ)

本来は、キーに印字された英数字や記号で「これはR1だ」など特定できるんです。

ですが……

無刻印キーキャップは印字から列が特定できない

Dolchカラー 無刻印キーキャップ OEMプロファイル どのキーがどの列かわからない
どれがどの列か全然わからない

しかし無刻印キーキャップには印字がありません。

なので「印字から列を特定」が不可能なのです。

結果、上の写真のような状態になります。

もやはどれがどの列なのかわかりません。

NAE
NAE

真っ白なジグソーパズルが目の前にぶちまけられたような気分です

どのように解決したか

Dolchカラー 無刻印キーキャップ OEMプロファイル キーを逆さまにして高さを比べる
  1. 明らかに背が高いキーを分別する
  2. 残りのキーを全部、裏返す
  3. キー底面の角度が同じものをグルーピングする
  4. 別のOEMプロファイルのキーを使って、各グループがどの列のものか特定する

うまい方法が思い浮かばなかったので、力技で解決しました。

104個のキー、全部分類し終わるまで30分くらいかかりました。

NAE
NAE

賽の河原で石を積んでいるような感覚でした

とはいえ、買い物としては満足

Dolchカラー 無刻印キーキャップ OEMプロファイル に換装されたKEMOVE DK64-66 斜めから見た全体像
Dolchカラーの無刻印OEMプロファイルキーキャップに換装したKEMOVE DK64-66

とはいえ、

  • 過去購入したグレーのキーキャップの色味が微妙に下品だった
  • そもそも筐体が黒・赤なので、Dolceカラーのほうが似合う

ということで、ずっと買いたかったDolchカラーのキーキャップ。

換装にそこそこ苦労はしたものの、

  • 色味が思った以上にきれいで、見た目がシュッとなった
  • 破格の値段だった(相場2,500〜円のところ、1,400円台で購入)

ということで、苦労の甲斐はあったし、買ってよかったと思っています。

NAE
NAE

商品名に「Dolch」と書いてあっても、アイテムによってグレーの上品さが全然違うようです。今回は良いものを引きました

まとめ:無刻印キーキャップユーザはパッケージングに気をつけよう

きっと、相場相応の金額のショップから買っていれば、ちゃんとキーの列ごとに個別にパッケージングされたものが届いたと思うんです。

今回は相場より4割ほど安いショップで買ったので、パッケージングも少し雑だったのかもしれません。

もし同じ無刻印キーキャップで値段差が大きいケースを見かけた場合、純粋なモノの良さの差はもちろん、パッケージングの差もあるかもしれない、と思っておくことをおすすめします。

以上「OEMプロファイルな無刻印キーキャップを購入したら、ありえないパッケージングに泣かされた話」でした。