スマホとワイヤレスイヤホンで正しくハイレゾを楽しむための条件

ワイヤレスイヤホンイヤホン・ヘッドホン

aptX HDやLDACなど、ハイレゾ対応コーデックのワイヤレスイヤホンを持っているからといって、聞こえる音がハイレゾ音質になるわけではありません。

スマホとワイヤレスイヤホンでハイレゾ音質の音を聞くには、越えるべきハードルがあります。

スポンサーリンク

スマホとワイヤレスイヤホンでハイレゾを聴く条件

ハイレゾの音源を使う

まず、音源がハイレゾである必要があります。

「音源」とは音のデータ、「ハイレゾである」とは音データのビットレートが24bit/48kHz以上であることを指します。詳しい説明はさておき、「24bit/48kHz」の数字が大きい方が音質が良いと思ってください。

たとえるなら、ハイレゾでない音源はドット絵で、 ハイレゾ音源は3DCGで描かれた絵。いくら解像度の高いモニターで映しても、ドット絵はドット絵でしかありません。

それと同じで、ハイレゾを聞くにはそもそも音源がハイレゾであることが前提になる、ということです。

ハイレゾ音源を扱っているサイト

ハイレゾ対応のスマホを使う

次に、スマホ自体がハイレゾの処理に対応していなければなりません。

なぜなら、音源を再生するのはスマホのハードウェアやOSですし、その音をイヤホンに伝えるのはスマホのBluetooth通信モジュールだからです。

たとえるなら、いくらいい音譜(音源データ)を持っていても、演奏者(スマホ)が下手くそならダメな音しか鳴らないよ、ということ。

特に使えるコーデック(後述)がハイレゾ対応してるかは見落としやすいポイントです。

ハイレゾ対応スマホの見分け方

Amazon Music HDのヘルプサイトが参考になります

ハイレゾ対応のアプリを使う

くわえて、音楽再生アプリ側でもハイレゾ対応している必要があります。

音楽を再生するときは音源データを実際の音にコンバートする処理を行うのですが、その処理の一部に音楽を再生するアプリのモジュールを使うからです。

たとえるなら、音譜(音源データ)と演奏者(スマホ)がいくらよくても楽器(アプリ)がダメだと良い音なんて鳴らないよ、ということ。

ハイレゾ対応のコーデックを使う

まだあります。コーデックです。

コーデックとは、スマホとワイヤレスイヤホンがBluetooth経由で音のデータを通信する規格。AACとかaptXとかのことです。

aptX HDやLDACなどのハイレゾ対応したコーデックを使わないと、スマホからワイヤレスイヤホンに音データを飛ばすとき、せっかくのハイレゾ音源が圧縮されてしまい、音質が損なわれます。

たとえるなら、ハイレゾ対応コーデックは演奏者とオーディエンス(自分)の間に障害物がない状態、ハイレゾ非対応のコーデックだと間に敷布団が挟まっている状態です。

ハイレゾ対応コーデック
  • aptX
  • aptX HD
  • LDAC

ハイレゾを十分表現できるワイヤレスイヤホンを使う

そしてイヤホン本体の表現力も、ハイレゾを楽しむために重要です。

めちゃくちゃキレイな音楽でも、スピーカーがダメだと聞くに堪えない音になりますね。それと同じです。

とはいえ、ハイレゾコーデックに対応しているワイヤレスイヤホンの多くは十分な表現力を持っているはずです。(でないとハイレゾコーデックに対応している意味がない)

(ストリーミングの場合)通信速度・通信量を確保する

最後に、通信速度も影響します。

ハイレゾ音源はデータ量も大きくなるもの。そのため、データダウンロード待ちがないようにストリーミング再生するには

  • 通信速度が高速であること(Amazon Music HDの推奨は1.5Mbps~)
  • 高速データ通信量が十分に確保されていること(ハイレゾは1曲3分10MB~)

の2点が必須です。

特に格安SIMを使っている人はデータ通信量に注意が必要。ハイレゾ音源は1曲で10MB以上あるので、1曲3分とした場合、1時間聴くと200MB使います。

事前に音源をダウンロードしておくなら気にしなくて良いですが、オンデマンドでストリーミング再生したい場合は留意しましょう。

高速通信し放題のサービス
  • UQ WiMAX: データ通信上限なし「ギガ放題」
  • BIGLOBEモバイル:Amazon Musicが通信し放題「エンタメフリー・オプション」

NAE
NAE

Amazon Music HDなど一部アプリでは、ダウンロード待ちを避けるため、通信が遅いトキ自動的に音源のビットレートを下げる機能があります

1つでも満たされなければ「ローレゾ」になる

これら条件はすべてANDです。すべてを満たさない限り、あなたの耳にハイレゾの音は届きません。

仮にあなたがハイレゾ対応コーデックの使えるワイヤレスイヤホンに買い替えただけで「音質よくなった!」と思ったとしたら、それは単なる気分です。

音源、スマホ、アプリ、コーデック、イヤホンのスピーカー、そして場合によっては通信速度。どこか1つでも「ローレゾ」があったなら、あなたの耳に届く音は「ローレゾ」になります。

まとめ:ハイレゾ道は深い

正直、これら条件を全部満たすのは結構キツいもの。

そもそもハイレゾ音源となると曲ごとの単品売りがほとんどですし、ハイレゾのストリーミングサービスは結構お金がかかります。(Amazon Music HDで1,780円~)

また、ハイレゾ対応コーデックが使えるスマホとワイヤレスイヤホンとなると、選択肢が結構限られてしまいます。

通信速度も、ハイレゾ音源のストリーミングとなると1曲で少なくとも10MBは通信しますので、月3GBなどの格安SIMだと一気にスッカラカンです。

・・・こういった制約を乗り越えてなお、スマホとワイヤレスイヤホンでハイレゾを楽しみたい。そこまでやる価値を見いだせる人のみ頑張ればいいでしょう。正直、趣味の世界です。

だって多くの人にとって、外出中に外の雑音と一緒に「ながら」で聴くぶんには、ハイレゾとハイレゾ以外の違いなんて、ほとんど気づかないと思うので。

以上「スマホとワイヤレスイヤホンで正しくハイレゾを楽しむための条件」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました