日用・家電

CrushGrind Columbiaレビュー | 粒度均一で味が安定。コンパクトさも魅力のコーヒー豆用ハンドミル

CrushGrind Columbiaレビュー

毎日、豆からコーヒーを淹れていますNAEです。

これまで電動ミルを使ってましたが、粉の粒度がまばらなのが気になって、粒度が安定するグラインダーを探しておりました。

そこでたまたま、定点観測しているクラウドファンディングサイトGREENFUNDINGで「CrushGrind Columbia」というグラインダーのプロジェクトを見つけまして。

「これはいいかも」と思って支援……ではなく、製品名でググると海外通販で安く買えそう(初回登録キャンペーン込み5,800円くらい)だったので、そちらで購入しました。

3週間使ったので、レビューしていきます。

スポンサーリンク

CrushGrind Columbiaの概要

CrushGrind Columbia公式イメージ画像
出典:www.crushgrind.com

注目ポイント

  • 35段階の細かな粒度調整
  • 特許取得の独自セラミック設計で粒度を均一に
  • 通常の細挽き(0.045mm)より細かい、0.03mmの超細挽きも可能

おもな仕様

  • カラー:ブラック
  • サイズ:幅5×奥行き5×高さ19cm
  • 重量:198g
  • 粒度調整:35段階(0.03mm〜)
  • 刃部:セラミック

CrushGrind Columbiaレビュー

それではレビューです。

外観・デザイン:ミニマル

CrushGrind Columbia 本体の全景

細長フォルム。リレーのバトンを思わせます。

CrushGrind Columbia 本体 レバー側

本体の丸みにフィットするようにレバーがくっついているのですが……

CrushGrind Columbia 本体 レバーは本体の磁石にくっつけられる

実は磁石式になっています。

レバーがなくなって困る、なんて事態になりにくそうです。

CrushGrind Columbia 本体 レバーをつけた様子。六角形の柱にスパナの要領でレバーをはめる

コーヒー豆を挽くときは、レバーをスパナの要領で装着します。

レバー先端は回転式なので、コーヒー豆を挽くとき持ち替え不要です。

CrushGrind Columbia 本体 豆受けはねじると外れる

粉受けは回すと外れます。

CrushGrind Columbia 本体 臼を取り外した様子

中のツマミを反時計方向に回し切ると、セラミックの臼を外せます。

CrushGrind Columbia 本体 臼の本体 粒度の違う二重臼の歯

独自設計のセラミック歯は2段構成。

CrushGrind Columbia 本体内側 粒度の違う二重臼の歯

内側も2段構成です。

真ん中のネジ部分(軸)がかなり強固に作られています。

安定した軸と2段構成の臼のあわせ技で、粉の粒度を均一に保つのでしょう。

大きさ:細身コンパクト

CrushGrind Columbiaを手に持った様子

手で持つと、その細長さが実感できます。

レバーが一体になるので、とてもコンパクトに収納できます。

一度に挽ける豆の量:20g

コンパクトなぶん、1回で挽ける量は少なく、20gが目安です。

上の写真は、

  • 深煎りの豆を20g入れてみたところ
  • それを全部挽いてみたところ

です、ギリギリですね。

ぼくはたまたま、「水250gに豆20g」が適量なので、ちょうどよく使えています。

が、それ以上を挽きたい人は何回かに分ける必要があります。

NAE
NAE

1人用って感じです

粉の粒度調整:35段階

CrushGrind Columbia 本体 挽き方を36段階で調整するためのツマミ

挽く細かさは、ミル部分のツマミで35段階に調整可能。

  • 時計回し:細かく
  • 反時計回し:粗く

同じ豆でも引き方で味わいが変わるので、毎回調整しつつ味の変化を楽しめます。

粉の均一さ:さすが

CrushGrind Columbiaで挽いたコーヒー豆。中挽き

↑細かめ設定で挽いてみたところです。

粉の粒度が揃っているのがわかるかなと。

羽が回るタイプの電動ミルと比べるとどうかというと……

砕き残しの豆が浮いてきて粒度差がわかりやすい出しガラで比較。前者が電動ミルで、後者がCrushGrind Columbiaです。

CrushGrind Columbiaのほうが「砕き残し」が少ないことがわかります。

挽く速度:早くも遅くもない

豆20gで平均30秒前後かかります。

もちろん、かかる時間はレバーを回す速度によるので、人によっては20秒とかで挽き終われるかもしれません。

なお、電動ミルだと10〜13秒くらい。どれだけ頑張っても2倍の時間はかかります。

これは手動グラインダーの宿命でしょう。

メンテナンス性:不便なし

CrushGrind Columbia 歯ブラシを使って残った粉を落とすメンテンナスの様子

メンテナンスは簡単。

  1. 挽き具合ツマミを緩めていく
  2. 臼の部分がパカっと外れる
  3. 歯ブラシ等で粉を落とす
  4. 元に戻す

このくらい楽なら、週1くらいでメンテしても負担にはならなさそうです。

耐久性:未検証

使って3週間くらい。まだ壊れてません。

長期的な耐久性は未検証。なにか起きたら追記します。

保証:購入元によるが……

保証が効くかは、購入元によります。

ぼくは海外通販で買ったので、保証はあってないようなもの。壊れたら素直に買い直すしかありません。

冒頭で紹介したクラウドファンディングプロジェクトや、その後の公式販売における販売元から買った場合は、相応の保証が受けられると思います。

実際に使ってみた感想

CrushGrind Columbiaに豆を投入したあとに撮影したエモい写真

3週間ほど、毎日2杯、CrushGrind Columbiaでコーヒーを挽いてみました。

そこそこ握力が必要

レバーを回すとき、本体を持つ側の手をかなりギュッと握らなければなりません。

理由は、2つ。

  • 本体が細長フォルムなぶん、強く握らなければならない
  • 本体表面がサラサラしていて滑りやすい

本体にガムテープを巻くなど、滑り止めすれば楽になります。

が、デザイン的に微妙なので、やるなら黒のビニールテープなどにすると良いかと思います。

「豆が砕かれていく感」が気持ちいい

レバーを回していると、本体を持つ左手とレバーを持つ右手の両方に、豆が砕かれていく感覚が伝わってきます。

挽きが粗めなら豆がパキっと割れていき、細かめならすり潰されていく……という様子が、触感でわかるんです。

電動ミルで機械的に挽いていたときは、豆が砕ける様子は秒数だけで把握するデジタル情報でした。

が、CrushGrind Columbiaだと、それがアナログな生情報として身体に伝わってくるんです。これが新鮮で気持ちいい。

「このくらいの感触なら、次回はもう少し細かめにしようかな」という判断もできるようになるのも嬉しいですね。

収納がすごい楽

CrushGrind Columbiaをコーヒー棚に収納した様子

細長いフォルムのおかげで収納が楽ちんです。

わがやの狭めなコーヒー棚ではこのくらいのサイズ感がありがたい。

棚の高さが厳しかったので致し方なく横置きなのですが、レバーがちょうどすべり止になってくれます。

縦置きできたらもっとシュッと収納できると思います。

コーヒーの味がバラつかなくなった

肝心のコーヒーの味は、良し悪しはさておき、品質のばらつきが小さくなりました。

理由はきっと、挽いたあとの粉の粒度が均一になったからでしょう。

変に雑味が混ざったり、逆に薄味すぎたり……という、あきらかな失敗がなくなりました。

外れがなくなるだけでも安心感が違いますね。

コーヒー時間が楽しみになった

CrushGrind Columbiaを使うようになってから、

「今回はどのくらいの挽き方にしようかな」

「味はどんな感じになるんだろうな」

「今日から違う豆だけど、どう挽いたら美味しいだろうな」

と、毎日2杯のコーヒー時間が楽しみでしょうがなくなりました。

ぼくはもともと深さ方向の探究心が強いタイプなので、ハマったんだと思います。

CrushGrind Columbiaはこんな人におすすめ

  • コーヒーを豆から挽いている
  • 粉の粒度をなるべく揃えたい
  • ミルはコンパクトなほうがいい

まとめ:実用的、コンパクト、そして楽しい

総合評価:

いいものを買ったな、と思いました。

効率面では、これまで使っていた電動ミルのほうが上ですが、

  • 粉の粒度の均一さ(に起因する味の安定性)
  • コーヒーを淹れる時間における、単位時間あたりの楽しみの量

はCrushGrind Columbiaの圧勝。

コンパクトで収納しやすく、実用面もGoodなので、文句なしの★5……

と言いたいのですが、もう少し本体に摩擦があるほうが楽に挽けるかな、ということで-★0.5。

とはいえモノは良いですし、使っていて楽しいのはたしかなので、これからも大事に使っていきたいと思います。

以上「CrushGrind Columbiaレビュー | 粒度均一で味が安定。コンパクトさも魅力のコーヒー豆用ハンドミル」でした。