Xiaomi Mi Note 10カメラレビュー | 1億画素、マクロ、ズームやナイトモードの実力をふんだんな作例で紹介

5.0
Xiaomi Mi Note 10 カメラレビュー海外スマホ

Xiaomi Mi Note 10を買ったのでレビューします。

外観や性能面は最低限に、最大の売りであるカメラ機能を、実際の作例をふんだんに交えてご紹介していきます。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Note 10の概要・スペック

Xiaomi Mi Note 10の外箱と付属するコンセント変換器

Xiaomi Mi Note 10は、2019年11月発売の海外スマホ。

世界初の108MP(1億800万画素)カメラを搭載し、カメラ性能を示すDXOMARKでトップタイの121点を叩き出しています。

一方、SoCはミドルハイ向けのSnapDragon 730Gを採用。重いゲームもプレイ可能ではあるものの、ハイエンドに比べると性能は抑えめです。

このような特性から、カメラ特化型のスマホと呼ぶのがふさわしいでしょう。

詳細はスペックは以下のとおり。(ですが、GearBestの商品ページを見るのが早いです)

項目スペック
画面6.5インチ 有機EL
解像度2340×1080
画素密度398ppi
画面占有率87.84%
本体サイズ157.8 x 74.2 x 9.67 mm
重さ208g
SoCSnapDragon730G
RAM6GB
ROM128GB
OSMIUI 11(Android9.0ベース)
リアカメラ108MP+12MP+5MP+20MP+2MP
インカメラ32MP
バッテリー5260mAh
充電速度30W
ワイヤレス充電なし
防水/防塵なし
イヤホンジャックあり
ハイレゾ対応(aptX HD、LDAC)

スペックのなかでも注目すべきポイントは、過去記事「Xiaomi Mi Note 10を買った5つの理由」で触れているので、あわせてどうぞ。

Xiaomi Mi Note 10のカメラレビュー

それではさっそく、カメラの実力をレビューしていきます。

メインカメラ

Xiaomi Mi Note 10で撮影した屋内風景

屋内撮影。壁の大理石の模様を含め、精確でキレイに撮れてます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したRody

手持ちのブツ撮り。単焦点レンズのように被写体にフォーカスされ背景は自然とボケます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した栗のパフェ

ねっとりしたチョコソースがおいしそう。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したハンバーグ

デミグラスソースのギラつきも完全再現しています。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した日が落ちる直前の花

日暮れ時の花壇。見たままの色合いが表現されています。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夜闇の中の花壇

夜の花壇。0.5秒だけ止まって撮ったんですが、バシッとフォーカスが合うので撮影しやすいです。

夜景、暗所、ナイトモード

Xiaomi Mi Note 10で撮影したクリスマスツリー

光がつぶれることなく捉えられています。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したイルミネーション

色合いや枝の細かいところまで精細です。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したイルミネーション

クリスマスツリーにフォーカスして撮影。電球1つ1つがちゃんと写っています。’

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夕焼けの町並み

夕焼けも美しく撮れていますね。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夜の住宅街

光量の少ない住宅街。スマホカメラ泣かせのシチュエーションでは、さすがのMi Note 10も判断に迷ったようで、少しボヤッとしています。

Xiaomi Mi Note 10の等倍撮影した暗がりのドラゴン

同じく光量が少ない洞窟内のオブジェ。これだけ撮れれば十分です。

Xiaomi Mi Note 10の通常モードで暗闇のなかで撮影したナッツ袋の写真

夜、ビルの合間の真っ暗なゴミ捨て場で、通常モードで片手撮影してみました。さすがに若干ブレましたが、フォーカスした商品名部分はわりとくっきりです。

Xiaomi Mi Note 10のナイトモードで撮影した夜道の酒樽。全体像とその等倍ズーム

暗がりの夜道、夜景モードで撮影した写真を等倍に拡大してみました。文字の跳ねや網目まできっちり捉えています。

Xiaomi Mi Note 10のナイトモードで撮影した真っ暗闇の中の植え込み。全体像とその等倍ズーム

さらに暗闇の道、特長のない植え込みを夜景モードで撮影してみました。縄の網目までくっきり。

1億画素(108MP)

実際の108MP写真は1枚20MBくらいあるので、全体像と等倍アップの比較を載せます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した都会の景色。108MPとその等倍ズーム

高層ビルからスカイツリー方面を撮影。等倍拡大すると1つ1つの骨組みが見えます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した街の風景。108MPとその等倍ズーム

街なかで立ち止まって撮影した1枚。枝の先や葉っぱの模様まで見えます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したステーキ。108MPとその等倍ズーム

ステーキを撮ってみました。ゴマが見えます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したラーメン。108MPとその等倍ズーム

ラーメンの場合、スープに浮かぶ調味料やネギの繊維まではっきりと写りました。

ズーム性能(2倍、5倍)

Xiaomi Mi Note 10の2倍ズームで撮影した夕焼けと三日月

2倍ズームで夕方の月。夕焼けの色あいもさながら、三日月の形までくっきり。

Xiaomi Mi Note 10の2倍ズームで撮影した波しぶきの瞬間

2倍ズームで波しぶきの瞬間を撮ってみました。いい粒度感出てます。

Xiaomi Mi Note 10の5倍ズームで車窓からの景色を撮影

こちらは5倍ズーム。走る電車の車窓から見えた富士山を撮ってみました。流れる景色も一瞬でピタッと切り取れます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夜の街。通常撮影、2倍ズーム、5倍ズーム

ちなみに等倍・2倍・5倍の見え方の差はこんな感じ。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夜空の飛行機。通常撮影と5倍ズーム

通常撮影でなんとか撮れた夜の飛行機。5倍ズームでもちゃんと写りました。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した昼の富士山。通常撮影と5倍ズーム

遠くの富士山を撮るのに5倍ズームは重宝しました。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夕焼け空の富士山。通常撮影と5倍ズーム

こちらは夕方バージョン。通常撮影で全景を撮りつつ、5倍ズームで単体も撮るのもいいものです。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した夕焼け空の景色と月。通常撮影と5倍ズーム

通常撮影だとポチになってしまう月も、5倍ズームならご覧の通り。

マクロモード

Xiaomi Mi Note 10のマクロモードで撮影した雨上がりの水滴と葉っぱ

親指サイズの葉っぱに雨上がりの露。みずみずしく撮れています。

Xiaomi Mi Note 10のマクロモードで撮影したThinkPadの赤ポチ

Lenovo Thinkpadの通称赤ポチ。マクロモードなら表面のつぶつぶだって撮れちゃいます。

Xiaomi Mi Note 10のマクロモードで撮影したKindle Paperwhiteの壁紙

Kindle Paperwhiteのスクリーンセーバーをマクロモードで撮ってみました。さすがに液晶のピクセルまでは捉えられませんでしたが、目視と同じ水準の見え方は確保しています。

Xiaomi Mi Note 10のマクロモードで撮影したクモ

道端で小指の爪におさまる大きさのイエグモを見つけたので撮ってみました。3センチくらいまで寄れます。脚の模様も写ってますね。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したパンダのぬいぐるみ。通常撮影とマクロモードの比較

実際どのくらい寄れるのかお見せすると、フカフカな人形の繊維1本1本が写るレベルまで寄れます。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したヨーヨー。通常撮影とマクロモードの比較

ファミレスでもらった子供用おもちゃのヨーヨー。マクロ撮影すると、表面の印刷のドットが見えました。

Xiaomi Mi Note 10で撮影した葉っぱ。通常撮影とマクロモードの比較

1.5mくらいの距離だと上記左側くらいですが、3cmくらいに寄ると右。マクロレンズは肉眼と同じくらい高精細です。

Xiaomi Mi Note 10で撮影したピンクのうんちのマスコット。通常撮影とマクロ撮影

ちなみにメインカメラで限界まで寄ったところとマクロモードの違いはこんな感じ。寄れる距離が全然違いました。

ポートレートモード

Xiaomi Mi Note 10の通常撮影とポートレートモードの差を比較

ポートレートモードは、メインカメラの通常撮影と目立った差がありません。少し光量が多い(写真が明るい)かな、くらいでさ。

Xiaomi Mi Note 10の通常撮影とポートレートモードの差を比較

そもそもメインカメラが単焦点レンズのようなふるまいをするため、被写体にフォーカスすると自然と背景がボケます。

あえてポートレートモードを使う意味は、2週間使った中ではあまり感じられませんでした。

カメラ総評

  • メインカメラは良くも悪くも単焦点
  • 108MPはさすがにすごい
  • 夜景や暗所撮影は高水準
  • 2倍/5倍ズームは十分武器になる
  • マクロモードはとにかく楽しい
  • ポートレートモードは空気
  • 広角モードはお好みで

メインカメラは被写体検出などを行わない単焦点レンズのような動作をします。そのため「1写真1被写体1メッセージ」を明確に意識する必要があり、玄人向けです。「なんとなく撮って全般的に焦点があえばいいや」な人には向かなさそうな気がします。

108MPの解像度は圧巻。肉眼で見える範囲を超え、望遠鏡のようなレベルで瞬間を切り取れます。ただし画素数の多さから、撮影から保存まで5秒ほどかかります。データが多いからしょうがありません。

夜景や暗所撮影は、結構ハイレベルな水準です。少なくともVisual Coreを積んだPixel 2よりはハイレベル。とはいえ、記事に載せてはいませんが、走る子供を追いかけながらの撮影だとさすがにブレます。これはスマホカメラ全般そうなのでしょうがないでしょう。

2倍/5倍ズームは、シャッタースピードが落ちず、画質も等倍ズームばりに良いので、十分に実用範囲内です。等倍のまま寄るより、その場で2倍/5倍に切り替えるほうがキレイに早く撮れます。

マクロモードはめちゃくちゃ楽しいです。ここまで寄れる&キレイに撮れると、撮影しなくていいものでも撮りたくなってしまいます(割り箸の表面の毛羽立ちとか……)。120点。

なおポートレートモードもあるにはありますが、メインカメラが単焦点レンズに近い挙動なので、ほぼ使いません。

0.6倍の広角モードもありますが、スナップ写真なら十分な画質だと感じるものの、取り立ててここで紹介するほどのものではありません。お好みで使えばOKくらいです。

Xiaomi Mi Note 10の外観や性能、使い勝手

Xiaomi Mi Note 10の外箱を開けたところ

カメラ特化なMi Note 10ですが、カメラ以外もちゃんとしています

付属品:しっかり

Xiaomi Mi Note 10の付属品
  • Mi Note 10本体
  • TPUクリアケース
  • 30Wチャージャー
  • USB-A〜USB-Cケーブル
  • コンセント変換プラグ
  • 取扱説明書

必要なものは揃っています。

クリアケースが付属するので、裸で使う期間をゼロにでき、傷つかないように使うことができます。

外観・デザイン:美しい

Xiaomi Mi Note 10の背面デザイン

惚れ惚れする上品な緑です。

Xiaomi Mi Note 10の5眼カメラ

左から

  • 2MPマクロカメラ
  • 20MP超広角カメラ
  • 108MPプライマリカメラ
  • 12MPポートレートカメラ
  • 5MP望遠カメラ(10倍ハイブリッドズーム、50倍デジタルズーム)

の5眼。

画面側の自撮りカメラも32MPと、カメラに本気の構成です。

Xiaomi Mi Note 10のカメラのでっぱり

メインカメラ部分は結構でっぱっています。

ケースでの保護は必須。

Xiaomi Mi Note 10の底面はUSB-C充電口とイヤホンジャック、スピーカー

充電口は下部分。USB-Cです。

3.5mmイヤホンジャック完備。

性能:カメラ+SNSがメインなら必要十分

Xiaomi Mi Note 10のAntutu、Geekbench、AItutuベンチマークスコア
  • Antutu:約26万点
  • Geekbench:シングルコア545点、マルチコア1698点
  • AITuTu:92790点

SoCがミッドハイ向けのSnapDragon 730Gのため、ベンチマークスコア自体は決して高くありません。Geekbenchスコアも控えめ。

ただAntutuスコア26万点もあれば超重たいゲームを複数立ち上げない限りサクサク動きます。

一方、画像処理などAI性能を測る新しいベンチマークAITuTuでは、SnapDragon 845搭載のOnePlus 6Tのスコア(93737点)に迫るスコアを叩き出しています。

実際、カメラとSNSをメインに2週間使ってみたところ、一度ももっさり感やパフォーマンスに関する不満を感じたことがありませんでした。

使い勝手:Mi系プリインアプリを避ければ快適

Xiaomi Mi Note 10はMIUI112がデフォルトインストール済

MIUI 11が最初からインストール済。Android 9ベースですが、独自拡張で「画面端フリックで戻る」など便利機能が最初から使えます。

指紋認証や顔認証は、めちゃくちゃ早いです。

  • 指紋認証:指をつけた瞬間に認証完了
  • 顔認証:顔に向けて電源ボタンを押すとホーム画面が出てくるくらい早い

電池の持ちは、5000mAh超えなだけあって文句ありません。1日使い込んだ日でも夜に50%は必ず残っています。

なお、Xiaomiの提供するMi系プリインアプリは広告が出てくるのが玉にキズ。気になる人は、Google Playでランチャーや音楽アプリなどをダウンロードして使いましょう。

参考 MIUIに出る広告はうざい?実例と非表示にする方法を調べてみました

Xiaomi Mi Note 10はこんな人におすすめ

  • カメラ性能重視な人
  • 「オートマ派」でなく「マニュアル派」な人
  • 世界初の108MPにロマンを感じる人

正直、評価が割れるスマホだと思います。

カメラ特化なので、カメラ性能を重視する人向けです。最新のゲームを楽しめるだけの性能は備えていますが、1フレームを追い求めるゲーマーには物足りないでしょう。

くわえて、カメラを重視する人のなかでも「オートマ派」でなく「マニュアル派」の人向け。

  • オートマ派:何も考えずシャッターボタンを押すとそこそこキレイな写真が撮れる、を期待する人
  • マニュアル派:被写体やシーンに応じてレンズを切り替えることで最高の一瞬を捉えたい、と思う人

理由は、Mi Note 10のカメラは、単焦点寄りのメインカメラや、特性の異なる複数のレンズを持っているがゆえ、それらの使い分けを覚えることで最高の撮影ができるようになっているからです。

レンズの切り替えに面倒さを感じる人は、Mi Note 10のカメラの実力を引き出すのは難しいと思います。

また世界初の108MP(1億画素)による超高解像度撮影は、体験すると驚きの連続。それにロマンを感じる人は、ぜひMi Note 10を手にとっていただきたいです。

まとめ:上級者向けデジカメにスマホ機能がついたもの

総評:

Xiaomi Mi Note 10は、複数レンズを使い分けられることで実力が最大限に発揮される、カメラにこだわる人向けのスマホです。

その意味で、カメラ特化のスマホというより、レンズ交換できるデジカメにスマホ機能がついたもの、と呼ぶほうがふさわしいかもしれません。

なので、万人向けではないと思います。あくまで、本当に(レンズの特性を理解したうえで)良い撮影をしたい人こそ、手にとるべきスマホと言えるでしょう。

撮影を楽しみたい、そして良い写真を撮りたい。かといって一眼レフはToo Muchだ。一方、スマホに性能は求めない。そんなぼくにとって、Mi Note 10はドンピシャでハマるため、星5つでした。

もし同じ方向性でカメラにこだわりを持っているなら、ぜひ購入してみてください。きっと満足できると思います。

以上「Xiaomi Mi Note 10をカメラ性能メインでレビューしてみた」でした。

Xiaomi Mi Note 10の購入先
サイト名クーポンコード
Mi Note 10 on Gearbest※おすすめGBXMNT10BF
Mi Note 10 on Etoren.com
Mi Note 10 on BanggoodBGBFN10
Mi Note 10 on geekbuying42NFKLCM

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました