Twitterのデータ通信量を7割減らすTwitter Liteの使い方と制約事項

Twitter Liteでデータ利用量が70%オフ

あなたは知ってましたか?

Twitterは1ツイートあたり最大1〜3MBもデータ通信しているんです…

こんにちは、今月のギガ数がやばいNAEです。

Twitter楽しいですよね。空き時間についタイムラインを追ってしまいます。

しかし気づいたら4月8日時点で今月の高速データ通信量を半分以上を使いきってしまいました

Twitterで写真や動画を流し見していた結果がコレです。

このまま行くと中旬過ぎには通信制限地獄に…

やばい

しかし、そこに救世主が現れました。

Twitterのデータ通信量を最大70%節約してくれるTwitter Liteです。

参考 軽量版ウェブアプリ「Twitter Lite」公開、スマホのブラウザーから利用可能 -INTERNET Watch

そこでさっそくTwitter Liteをゴリゴリ使ってみています。

いやあ惚れますねこれは。200kbpsの低速通信モードでもサクサクです。

「本家Twitterアプリと同じような使い心地」というウワサの通り、大抵のことはできます。

が、よくよく見てみるとできないことが目につくようになってきました…

そこで今回はTwitter Liteでデータ節約する方法とできないことをざっくりまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitter Liteとは?

Twitter Liteとはその名の通り「軽量版のTwitter」です。

本家Twitterアプリの機能を一部制限するかわり、データ通信量を最大70%削減するというもの。

詳しい説明はコチラの記事に詳しく載っています。

参考 軽量版ウェブアプリ「Twitter Lite」公開、スマホのブラウザーから利用可能 -INTERNET Watch

Twitter Liteの使い方

Twitter Liteの使い方は簡単。 mobile.twitter.com へアクセスするだけ。誰でも無料で使えます。

ブラウザの機能で「ホームに追加」すればアプリのようにホーム画面から直接呼び出せます。

メニューは英語ですが、画面の作りは本家Twitterアプリとほぼ同じ。使い方に迷うことはありません。

ちなみにTwitter Liteはパソコンからで使えます。(実体はただのWebサイト)

スマホのテザリングでTwitterを使う人には嬉しいですね。

データ通信量を70%減らす方法と仕組み

Twitter Liteでデータ通信量を70%減らすのは簡単です。

Twitter Lite左上のプロフィールアイコンをタップしたら現れる設定画面で「Data saver」をオンにすればOK。

Twitter Liteの設定画面

設定画面の「Data saver」をオンに

すると画像や動画が含まれるツイートが表示される際、ぼやけたサムネと「Load images」というボタンが現れるようになります。

Twitter Liteの画像つきツイート

左下のデータ量に注目。動画だと3MBとか普通です

「Load images」を押すことではじめてキレイな画像が表示されます。

Twitter Liteの画像つきツイート

タップすると画像が表示される

この工夫により、余計な画像や動画にかかるデータ通信量が減らせる、という仕組みです。

たしかに一瞬目に入るだけのツイートに何メガも消費するのはもったいないですもんね。

流し見するぶんには「なんとなくの雰囲気」が伝わるぼかし画像でも実は十分かもしれません。

この他にも、ツイートに貼られたリンクのサムネ画像も非表示になるなど、細かなところで通信データが削られていることがわかります。

Twitter LiteのURLつきツイート

URLのサムネが非表示に

Twitter Liteでできないこと、不便なこと

今月のギガが足りないツイ廃にとって救世主であるTwitter Lite。

ただ「Lite」の名の通り、機能には制約があります。

本家Twitterアプリではできて当たり前の一部のことが、Twitter Liteではできません。

2日ほどTwitter Liteだけを使っていて気づいた、Twitter Liteの制約事項をピックアップしてみます。

複数アカウントの切り替えができない

Twitter Liteにはアカウントの切り替え機能がついていません。

別アカウントに切り替えるには、一度ログオフしてから別アカウントでログインし直す必要があります。

目的別にアカウントを使い分けている人には致命的な欠点かもしれません。

横スワイプでタブ移動ができない

Twitter Liteのタブ

移動するにはアイコンタップが必要

本家Twitterアプリだと横スワイプで「ホーム」「検索」「通知」「ダイレクトメッセージ」タブ間を移動できますが、Twitter Liteではできません。

タブ間を移動するには、アイコンをタップする必要があります。

通知やダイレクトメッセージをよく使う人は不便に感じると思います。

画面左端スワイプでサイドメニューが出ない

本家Twitterアプリでは画面左端を右スワイプすると出てくるサイドメニューが、Twitter Liteでは出てきません。

画面左上のプロフィールアイコンをタップする必要があります。

ニュースタブが出ない

Twitterアプリでは出てくる「ニュース」タブが、Twitter Liteでは出てきません。

そもそもTwitterニュースは日本特有の機能。一方、Twitter Liteは世界共通の仕組みです。

ニュースが出てこないのはある意味当然かもしれません。

検索履歴や検索ワードを保存できない

Twitter Liteの検索画面

検索履歴や検索ワードは空っぽ

Twitter Liteでは、検索履歴は保存されません。

また検索ワードを保存する機能もありません。

エゴサーチその他、特定ワードの最新情報を定点観測したい人には少し不便です。

画像のフィルターやスタンプが使えない

Twitterアプリでできる画像のレタッチやスタンプによる装飾、Twitter Liteではできません。

写真の補正やプライバシーにかかわる部分のモザイク処理は事前に行う必要があります。

「共有」先に出てこない

Twitter LiteはWebサイトのため、他のアプリの「共有」先には出てきません。

そのためたとえば他のアプリで補正した画像を「共有」でTwitter Liteに送ることができません。

Twitter Liteを開き、新規ツイートからの画像選択…という手順を踏む必要があります。

動画が投稿できない

Twitter Liteで動画を投稿しようとした際のエラーメッセージ

動画を投稿しようとすると…

Twitter Liteでは動画が投稿できません。

投稿しようとすると「GIFアニメ1枚か画像4枚まで」というエラーメッセージが現れます。

Twitter Liteは通信スピードの遅い地域向けに作られた仕組みなので、そもそもデータを食う動画の共有はお門違いなのでしょう。

GIFアニメの検索・投稿ができない

本家TwitterのGIFアニメ検索画面

GIPHYのGIFアニメは使えない

本家Twitterアプリでできる「GIFアニメ」の検索・投稿が、Twitter Liteではできません。

LINEスタンプのように使える地味に便利なGIFアニメ。

重宝している人にとっては痛い制約かもしれません。

プロフィールの背景画像を変更できない

Twitter Liteのプロフィール管理画面

「背景画像の変更」がない

Twitter Liteでは、プロフィール画面から「背景画像」の変更ができません。

背景画像はサイズが大きくデータ量を食うので機能から外されたのでしょうか。

頻繁に変えるものでもないですし、気になる人は少ないかもしれませんね。

ツイートアクティビティが見られない

ツイートアクティビティ画面

Twitter Liteでは見られません

自分のツイートに対する反応がわかる「ツイートアクティビティ」機能。

本家Twitterでは使えますが、Twitter Liteにはありません。

(PC限定)キーボードショートカットが使えない

Twitterのキーボードショートカット

PC向けのWeb版Twitterのショートカットキー

あとこれはPC限定ですが、キーボードショートカットが使えません。

Twitter Liteはスマホ前提に作られているようなので、ある意味なくて当然ではあります。

スポンサーリンク

とはいえ、普段使いには十分

以上Twitter Liteでできなくて不便だと感じたポイントをまとめました。

しかし主要な機能はカバーされているので、普段使いで困ることはほとんどありません。

設定を変えれば通知も届きますしね。

ギガに困っている人は、とりあえずTwitter Liteを使って様子を見てみてはいかがでしょうか。

参考 mobile.twitter.com

それでも本家Twitterアプリが使いたい人は…

それでもなお「やっぱり本家Twitterがいい」「Twitterアプリじゃないと嫌」と思う人もいるかもしれません。

複アカできないのは論外。フィルターやスタンプは必須。動画やGIFアニメは外せない…

でもギガを買い足したりフリーWiFiのあるカフェにわざわざ入るのもお金がかかるし面倒…

という方はTwitterのデータ通信量がいつでもノーカウントになるLINEモバイル を検討されてみては。

ついでにLINEやInstagram、Facebookもノーカウントになるので、SNSヘビーユーザーなら一見の価値ありです。

参考 LINEモバイル

スポンサーリンク

まとめ:Twitter Liteを試してみよう

というわけで、Twitter Liteを2日間使い倒した感想でした。

今月のギガが足りない、もしくはすでに使い切って通信制限地獄にいるツイ廃各位は、ぜひTwitter Liteをどうぞ。

とてもよくできたいい仕組みですので、とりあえずブックマークに突っ込んでおいて損はないと思いますよ。

参考 mobile.twitter.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

おすすめ記事

あわせて読みたい