naenote.netへようこそ

ガジェット大好きコンサルの運営する
レビューブログです

レビュー記事一覧

Twitterの通信量を節約して通信制限を回避する3つの方法

スクロールするだけで通信量がゴリゴリ減るのがTwitter。

いつのまにか月末を待たずに通信制限地獄になったこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、Twitterのデータ通信量を節約する方法を3つ、紹介します。

通信制限が心配な方は参考になさってください。

方法1:アプリ設定を変える

アプリ設定を見直すことで、データ消費をおさえます。

やりやすさ:★★★★★

Twitterアプリの「プロフィールアイコン>設定とプライバシー>データ利用の設定」から

  1. 「データセーブ」があればオンに
  2. 「高画質画像」をオフに
  3. 「高画質動画」をオフに
  4. 「動画の自動再生」をオフに
  5. 「データを同期する」をオフに

とします。

アプリの設定変更だけなので、気軽にできます。

節約の効果:★

データ消費量の節約効果はいまいちです。

30分もタイムラインを流せばすぐに10MBくらいはいくレベル。

画質を落としたり動画の自動再生を止めているとはいえ、いろいろ読み込んでいるには変わりないのでしょう。

使いやすさ:★★★★

「データセーブ」をオンにしたタイムライン

「データセーブ」をオンにしたタイムライン

Twitterアプリがそのまま使え、かつタイムラインの見た目がほぼ変わりません。

ただし画像がほんの若干荒くなったり、動画の自動再生は止まります。

高画質版の画像を見たり動画を再生するには、都度タップする必要があります。

方法2:「Twitter Lite」を使う

軽量版のTwitterである「Twitter Lite」を使います。

やりやすさ:★★★

  1. mobile.twitter.comにアクセスする
  2. 左上の自分のアイコンをタップする
  3. 「Data saver」をオンにする

「Data Saver」の場所はここです▼

Twitter Liteのデータセーバー

開いたページを「ホームに追加」しておいて、Twitterアプリのかわりに起動するようにします。

節約の効果:★★★★

最大70%データ通信量を削減します。

しかし使い方によっては全然節約になりません。

Data Saverをオンにし忘れていたり、動画をガンガン流したりすれば、それなりにデータ量をくいます。

あくまで「最大で」であって、「いつも70%削減」なわけではないということです。

使いやすさ:★

Twitterアプリではできて当たり前のことが、Twitter Liteではできません。

できないことが多すぎるので、あくまでデータ残量がヤバいときだけ使うべきレベル。

見た目がかなり落ちる

Twitter Liteの画像つきツイート

Twitter Liteの画像つきツイート

タイムラインの画像がボヤけます。

ちゃんと見るには、まんなかの「Load Images」を押さなければならず、面倒です。

複数アカウントの切り替えができない

Twitter Liteにはアカウントの切り替え機能がついていません。ログアウト・ログインし直しが必要。

目的別にアカウントを使い分けている人には致命的えす。

横スワイプでタブ移動ができない

Twitter Liteのタブ

移動するにはアイコンタップが必要

タブ移動には、アイコンをタップする必要があります。

通知やダイレクトメッセージをよく見る人には不便です。

画面左端スワイプでサイドメニューが出ない

Twitter Liteでサイドメニューを出すには、画面左上のプロフィールアイコンをタップしなければなりません。

親指を画面左上まで持っていくの、なにげに面倒です。

検索ワードを保存できない

Twitter Liteの検索画面

検索履歴や検索ワードは空っぽ

Twitter Liteでは検索ワードを保存できませんし、検索履歴も残りません。

エゴサーチその他、特定ワードを定点観測したい人には不便です。

画像加工ができない

Twitter Liteでは画像アップ時にスタンプや加工ができません。

別アプリで画像編集を済ませておく必要があります。

「共有」先に出てこない

Twitter Liteは他のアプリの「共有」先に出てきません。

撮った写真や編集した画像を「共有」メニューからTwitter Liteに送って投稿……という流れができません。

動画が投稿できない

Twitter Liteで動画を投稿しようとした際のエラーメッセージ

動画を投稿しようとすると…

Twitter Liteはそもそも、途上国などスマホ電波の貧弱な地域向けに作られたもの。

なので、データを食う動画の投稿はお門違いなのでできません。

方法3:カウントフリーを使う

Twitterのデータ通信量をノーカウントにするサービス「カウントフリー」を使ってしまう方法です。

やりやすさ:★★

Twitterのカウントフリーを提供している格安SIMに乗り換えます。

Twitterカウントフリーのある格安SIM

  • LINEモバイル
    LINE、Twitter、インスタ、Facebookがカウントフリー
  • LinksMate
    各種ゲーム、AbemaTV、AWA、Twitter、Facebookがカウントフリー
  • DTI SIM
    YouTube、Twitterがカウントフリー

 

 

格安SIMへの乗り換えは少しだけ面倒です。

しかし、

  • 一度やれば、同じプランである限り効果は永遠
  • そもそも月々のスマホ代が安くなりやすいLINEモバイルなら1,110円/月〜)

というメリットもあるので、面倒でもやっておくほうがトータルで得です。

節約の効果:★★★★★★★★★★

いくら使ってもTwitterのデータ通信量がゼロ。

使い放題なので、データ通信量の削減効果は無限大です。

使いやすさ:★★★★★

いつものアプリを、なに不自由なくそのまま使えます。

データ通信量を気にしながらTwitterを開く生活とはオサラバです。

まとめ:カウントフリーがおすすめ

まとめます。

Twitterデータ量削減、3つの方法

  1. Twitterアプリの設定を見直す
  2. Twitter Liteを使う
  3. 「カウントフリー」を使う

どれが一番かはTwitterの使いみちや個々人の感覚によるので、正解はありません。

ただぼく個人としては、

  • 「1. アプリ設定見直し」は効果なさすぎ
  • 「2. Twitter Lite」は使い勝手悪すぎ

と感じるので、「3. カウントフリー」が一番だと思ってます。

なかでもLINEモバイルは、Twitterだけでなくインスタとかもノーカンになるし月々の代金も安いので特におすすめ。

ぜひ使ってみてください。

キャンペーン実施中

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク