【まとめ】管理人的ベストガジェット一覧【随時更新】

Shiro’s レビュー | 面倒な歯みがきを30秒で。寝ながら使える電動歯ブラシ。ホワイトニングも可能

3.5
寝ながら自動で歯みがきShiro's(シローズ)日用・家電系

提供:株式会社CED

生まれて30年以上虫歯なし。歯磨きはもちろん、フロスも舌磨きもやって当たり前。

電動歯ブラシのメンテもしっかりやるし、音波水流の歯間洗浄器も買っちゃう

もちろん、歯みがきしないで寝るなんてありえない!

……そんな歯みがきフリークなぼくでも、年に数回ほど、夜の歯みがきをスキップしてしまうときがあります。

それは……力尽きたときです。

疲れてヘトヘト。帰宅した瞬間ベッドにダイブ。もう動けないし動きたくない。1秒でも早く寝たい。

そんなときは「歯みがきしないで寝るなんて……」と思いつつ眠りにつくのですが、だいたい翌朝、自分のネチョっとした口にオエッとなります。

NAE
NAE

寝ながらでも使える歯みがきがほしい……

なんて思っていたところ、当ブログの問い合わせから寝ながらできる歯みがきマシーンがあると教えてもらいました。

それが今回ご紹介する自動歯みがきマシーン「Shiro’s(シローズ)」です。

Shiro’sの特徴を3行で
  • 簡単1秒。口にはめてスイッチオン
  • シリコンブラシ×超音波で、全歯を30秒で洗浄
  • ついでに青色LEDでホワイトニングもできる

というわけで、本記事ではShiro’sの使い心地や歯みがき効果をレビューします。

毎日の歯みがきが面倒と思っている、なおかつ実はちょっとホワイトニングにも興味がある……という方は、ぜひ参考にどうぞ。

とりあえず詳細を見たい方はこちら

Shiro’sの概要レビュー

Shiro's(シローズ)の同梱物
右下のカードは歯の色を番号付けするカード

それではまずは、モノとしてのShiro’sをレビューしていきます。

同梱物:必要なものが最低限

Shiro's(シローズ)本体の同梱物
本体の同梱物
  • Shiro’s本体
  • 据え置き型の充電台
  • MicroUSB〜USB-Aケーブル
  • 取扱説明書

さっぱり最低限、といった感じです。

Shiro's(シローズ)泡ハミガキ
Shiro’s泡ハミガキ

泡ハミガキが一本、付属します。主にホワイトニング向け。含まれる成分はShiro’s公式ショップで確認できます。

デザイン:白くてきれい

Shiro's(シローズ)の裏側のボタン

本体裏側にオン・オフスイッチ。

Shiro's(シローズ)本体のシリコンブラシ部分
Shiro's(シローズ)のシリコン製のブラシは内側に山形

シリコン製のブラシは、3方向から歯をおおって磨くように設計されています。

全般的に、クリニックの道具を思い起こさせる白さに仕上がっています。

機能:LEDと音波で口腔ケア

Shiro's(シローズ)の青色LEDを点灯させたところ
作動させると青色LEDが光る

裏側のスイッチを押すと、青色LEDが点灯し、シリコンブラシが振動します。

同時に20,000Hzの超音波を発します。これで歯石を除去していくとのこと。

なお振動の強さを強中弱の3段階に切り替え可能。歯石除去用の振動・音波は30秒、ホワイトニング用の青色LEDは15分で自動停止します。

使い方:口にはめてスイッチオン

  1. 「Shiro’s泡ハミガキ」を歯に2〜3回プッシュ
  2. 口をクチュクチュして全体に行き渡らせる
  3. Shiro’sを歯に装着する
  4. スイッチオン
  5. 歯みがきなら30秒、ホワイトニングなら15分、連続作動させる

以上、めちゃくちゃ簡単です。

Shiro’sを口にはめていさえすれば、寝ていようがスマホをいじっていようが着替えてようがOK。

「ながら」で歯みがきできるのはとても便利です。

NAE
NAE

両手が自由になるのが地味に嬉しいです

Shiro’sを1週間使ってみた感想

実際、1週間使ってみました。1日1回、1回あたり5分程度。

感想を3行でまとめるとこんな感じ↓

Shiro’sを使った感想を3行で
  • 歯ブラシとして使えるが、工夫は必要
  • 歯ぐきマッサージとしてはかなり優秀
  • ホワイトニング効果は歯の現状による

詳しくお話します。

歯ブラシとして使うには工夫がいる

Shiro’sは、シリコンブラシと超音波のダブルアタックで歯を洗浄します。

しかし日々の歯ブラシとして使うには、一定の工夫が必要です。

歯垢の除去はシリコンブラシ頼り

Shiro’sは、超音波で歯石にアタックします。

ただし歯石は歯垢が固まったもの。歯垢は直接こそぎ落とさないと除去できません。

なので、歯垢を落とす日々の歯みがきという意味では、シリコンのブラシの洗浄力に頼ることになります。

シリコンブラシにも限界はある

ですがこのシリコンブラシ、単に口にくわえて放置するだけでは、一番奥の奥歯まで届きません。(もちろん口の大きさによります)

またシリコンブラシは柔らかく作られているので、 「歯間にブラシをねじ込み、食べカスをこそぎ取る」的な、歯間貫通系パワープレイは困難です。

限界は、コツと手順でどうにかできる

ただしこれら限界は、

  • コツ:シリコンブラシが奥歯まで届くよう、左右上下に動かしながら使う
  • 手順:フロス等で事前に歯間の食べカスなどを落としておく

などの工夫でどうにかなるレベルではあります。

もっと良い使い方、効果的な方法が見つかったら追記しようと思います。

NAE
NAE

ぼくは歯が詰まっているので、歯ブラシだろうとShiro’sだろうと、常にフロス必須です

歯ぐきマッサージとしてはかなり優秀

Shiro’sは、歯ぐきマッサージ機としてはとても優秀です。

振動を一番強いモードにすると、柔らかいシリコンブラシがいい感じの細かい振動で歯ぐきを刺激してくれます。

で、終わったあと「あ、ちゃんと歯ぐきに血が通ってる」と感じるんです。

振動するタイプのマッサージ機の歯ぐきバージョン、といえば伝わりやすいでしょうか。

NAE
NAE

歯ぐきの健康増進効果はわかりませんが、使っていて気持ちいいのはたしかです

ホワイトニング効果は歯の現状による

1週間使ったくらいだと効果は実感できませんでした。

その理由はおそらく、ほかの人以上に歯磨きをしっかりしてきたから。

もとから黒ずみや黄ばみが目立たない状態だったので、変化が見えづらかったんだと思います。

NAE
NAE

Shiro’s公式の説明いわく、効果実感には1週間〜3ヶ月くらいとムラがある模様。もう少し長く使ってみてから、結果を追記したいと思います

Shiro’sの良さは「面倒さゼロ」。これなら続けられる

Shiro’sは

  • 歯みがきとしての性能:そこそこ
  • 手軽さ:ピカイチ。面倒さゼロ

という性質のアイテムです。

面倒さゼロだから、続けられる

実はこの「面倒さゼロ」がポイント。

だって、いくら性能がよくて効果がすごくても、面倒だと長続きしないですよね。

で、歯みがきなんて続けてなんぼ。一発やれば終わりじゃありません。

なので楽に続けられることが一番大事なんです。

その点Shiro’sは

  1. 歯に泡歯みがきをつける
  2. 口に装着してスイッチオン
  3. あとは寝ながら&スマホいじりながらでもOK

と、極限まで面倒さを排除。

だからこそ、続けられるんです。

歯ブラシと一緒に使えば洗浄力の心配もOK

とはいえ、Shiro’s単体だと洗浄力に限界があるのはたしか。

なので、たとえば

  • 朝はShiro’sでチャチャッと
  • 夜は歯ブラシでしっかり

ですとか、

  • いつもは歯ブラシでしっかり
  • 急ぎのときだけShiro’sで

といった使い分けができれば大丈夫でしょう。

そもそも続けやすいよう設計されている

Shiro's(シローズ)本体脇には「ホワイトニング」の文字が
外箱には「Home whitening expert product」と

そもそもShiro’sは、その名前のとおり、本来はホワイトニング用のキットです。

公式ページや本体の外箱にも、でかでかと「ホワイトニング」と書いています……

しかし、実は歯みがきよりもホワイトニングのほうこそ「継続が命」なもの

だって1回で歯が真っ白になったら逆に怖いですもんね。

とどのつまり、

  • Shiro’sは、面倒なホワイトニングでも続けられるよう設計されている
  • 歯みがきだったらなおのこと続けられる

というわけ。

ぼくの体感ですが、こんな簡単に使えるなら90%以上の人が続けられるのではないでしょうか。

続かなかった人向けに、10日間の保証もついてます

Shiro’sの価格

さて、肝心の価格ですが、パッと出すには勇気がいる値段です。

  • Shiro’s本体:19,800円 → 13,800円(泡ハミガキ1本込)
  • Shiro’s泡ハミガキ:2,380円/1本
NAE
NAE

ぼくの愛用している電動歯ブラシBRAUN Oral-B(1,500円)の9倍です

しかし、忘れてはいけないのがShiro’sはホワイトニング効果もあるという点。

ざっとホワイトニング系クリニックの相場を調べてみたんですが、どうやら1回2,500円が底値である模様。

つまり、5回通えば最低でも12,500円。交通費を含めればShiro’sのほうが安くなります。

一方、Shiro’s本体+泡ハミガキ1本で、ホワイトニング20回以上、余裕でいけます。

わざわざクリニックを探して予約する手間と、クリニックまで行く往復時間を考えると、自宅でホワイトニングができるShiro’sのほうが回数あたりの単価は安いと言えそうです。

NAE
NAE

クリニックまでの移動時間、時給換算したらいくらだと思います?

Shiro’sはこんな人におすすめ

  • 力尽きても歯みがきしなければ……な人
  • 忙しいときの歯みがきは一瞬で済ませたい人
  • ホワイトニングは気になるけどなるべくお金は安くおさえたい人

普段からしっかり歯をみがいているけれど、どうしても力尽きてしまった……

朝の忙しい時間帯に歯ブラシでシャカシャカ片手を占領していられない……

そんなとき「手間と努力ゼロ」で歯みがきする道具として、Shiro’sはきわめて優秀です。

また手間なくお金も使わずホワイトニングを試したい方にとっても、Shiro’sは良い選択肢になるでしょう。

まとめ:自動歯ブラシマシーンでスキのない歯みがきを

総評:

「歯磨きのかわりになるかもな」という期待値からすると、星3.5くらいです。

ただし、これをきっかけに毎日の歯磨き習慣がついたなら儲けもの

歯みがきは言わずと知れたオーラルケアの基本。毎日継続すべきものです。

しかし、朝にせよ夜にせよ、力尽きたときにせよ、歯みがきしたくないと思っている人の多くは「めんどくさい」に支配されているはずです。

そう、めんどくさい。この思いが歯みがき習慣の一番の敵です。

その点、Shiro’sは「めんどくささ」を極限までゼロに近づけよう設計されています

力尽きたとき専用の歯みがきマシーンに使うもよし、忙しいときの緊急歯みがき用に使うもよし、本来の用途であるホワイトニングに使うもよし。

その手軽さゆえ幅広いシーンで使えるので、歯みがき習慣を変えるきっかけに、ぜひ試してみてはいかがでしょうか

以上「力尽きたとき専用、寝ながらできる自動歯みがきマシーンShiro’sのレビュー」でした。

初回購入は45%オフ

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました