だらだらスマホをやめたらメリットしかなかった

だらだらスマホを眺めている女性

スマホヘビーユーザーのNAEです。

何かと便利で暇つぶしにも最適なスマホ。時間ができるとつい手にとって見てしまう人も多いのではないでしょうか。

ぼくもその1人なんですが、なんか最近気分が重いので、ひとつ実験をしてみました。

  • だらだらスマホを見る時間を削ってみたら?
  • その時間を休息に回してみたら?

結果、メリットしかありませんでした

そこで今回は

  • だらだらスマホが息抜きにならない理由
  • スマホ時間を休息に回して得られたメリット
  • スマホを見る時間を削る方法
  • できたスキマ時間で休息をとる方法

についてお話したいと思います。

スマホってついだらだら見ちゃいますよね

スマホ、一度開くとついだらだら長時間見ちゃいますよね。

しかしなぜスマホはそこまで時間を食っていくのでしょうか。

ニュースやSNS、ゲーム、メール、なんでもこなせる存在である以上の理由があるとぼくは思っています。

スマホは屋根裏部屋の天窓である

天窓

ぼくはスマホは世界を切り取る天窓のような存在だと思っています。

子供のとき、屋根裏部屋に憧れませんでしたか?ベッドに寝て天窓を見上げる風景を夢見ませんでしたか?

限られた視界の向こうには無限の宇宙。見えない窓枠の外側は好奇心と冒険心と想像力をくすぐりませんでしたか?

スマホも同じだと思うんですよね。

6インチの動かせる天窓でくすぐられる好奇心

スマホの画面の向こうは無限のインターネットの世界が広がっています。

たった6インチ弱の小さな画面で、ぼくたちはその一部を切り取って覗きこんでいるわけです。

ただ本物の天窓なら窓枠は固定ですが、スマホだと指先を少し滑らせれば枠の外側やさらに奥が見られます。

そうして得られるのは「なんでも見られる」という全能感。しかし一度に見られるのはほんの少しの範囲だけ。

だからスマホは人の興味を離さないんです。もっと見たい。その先の見えないところ、もっと奥にはお宝があるはずだ。

そうしてぼくたちはスマホにのめり込んでいくんです。気づけば10分、20分、30分・・・

スマホを見るのは息抜きになっていない

そんなスマホ時間、多くの人は息抜きだと考えていると思います。

しかしぼくはそれを真っ向から否定したい。

なぜなら、スマホを見ている時間でも頭や身体は酷使されているからです。

スマホを凝視していると異常に目が疲れる

目が大きな女性が上を向いている様子の目元アップ

スマホに表示される小さな文字や明るい画像を見ていると目が疲れます。

特に画面の揺れやすい歩きスマホや、夜の暗いベッドルームで見るスマホは最悪です。

JINS SCREENのようなブルーライトカットメガネでかなりダメージはやわらげられるものの、それでも目を酷使していることには変わりません。

スマホを眺めるだけでも脳は酷使されている

メンタルクリニック

もっと言うと、単に目をあけているだけでも脳みそは疲れるもの。

風呂やトイレで色々とアイデアが出てくることってありますよね。

それはインプットを遮断することで脳にストックされた情報が整理されてあふれ出すからです。

つまり脳は常にインプット過多なので、スマホで情報をさらにインプットしているとさらに疲れてしまうんです。

スマホのだらだら見は「疲労」の回復には効かない

人形 重石 疲れた 疲弊 燃え尽き症候群

もちろん、スマホは心の感じる疲れである「疲労感」なら回復できるかもしれません。

好きなものをスマホで見たり、好きなゲームをプレイしていると気分があがってきますもんね。

しかし上で述べたとおり、スマホを見ること自体が頭と身体に負担をかけています。

したがってスマホを息抜きに見るのは「疲労」の回復には役に立ちません。

だって頭と身体は休息を取れていないんですから。

休息は心身の健康に欠かせないピース

過労でベッドに倒れた人の足

そもそも、頭や身体の「疲労」がちゃんと回復できていないと心身の健康に支障をきたします。

ぼくは過去に、過労で倒れて心療内科送りになった経験があります。

そのとき担当医にいの一番に言われたのがまずは十分な休息をとってくださいでした。

特に頭(脳)の休息は心の健康や前向きな自分を作るためにとっては非常に重要。

脳外科医である築山節さんの著書「脳と気持ちの整理術」 でも前向きになりたければ、つべこべ言わず寝ろと書いてあります。

だらだらスマホをやめたメリット

実は頭と身体に負担しかかけていない、だらだらスマホ時間。

それを必要最低限まで削り、頭と身体の「疲労」を回復する休息に回したら?

ここ数日、試してみた結果を共有したいと思います。

正直、効果抜群でした。

イライラしにくくなった

イライラすることが目に見えて減りました

厳密には、外部からの刺激やストレスへの耐性がアップしたように感じます。

たとえば何かが自分の思い通りにならなかったり、期待と現実にギャップがあったり、もしくは単純に外が寒くて雨が降っていたり。

そういった気が滅入るような出来事に対しても気持ちが重くなることが少なくなりました。

「しょうがないからこうしよう」と次のアクションに視点を移すだけの心の余裕ができたイメージです。

頭の回転が早くなった

頭の回転が早くなったことを実感しています

疲れているときのあの頭の後ろのだる重さがなくなっているのを感じます。脳に元気が巡っている感じ。

そして、休まった脳みそがクルクル回るのがわかります。文章を書いていても、人と話していても、次へ次へとアイデアやトピックが溢れ出てくる。

「深夜残業より早帰りの翌朝の方がはるかに生産的だ」「朝活はいいぞ」とよく言われていますよね。それは頭が十分に休息できた状態だからです。

朝だけでなく、だらだらスマホを見ていたスキマ時間でとった休息でさえ、頭の回転は戻るんです。

キビキビと動けるようになった

あまりくよくよ悩むことなく、キビキビと動けるようになりました

心に余裕がない、頭が疲れているときほど、必要以上にくよくよしてしまうもの。やらないといけない大事なことでも「めんどくせ」が出てきて、行動を起こすまでワンテンポ遅い。

時には他のことに手をつけ始めて大事なことは後回。そしてスマホに手を伸ばして・・・なんてことも。

しかし、だらだらスマホの時間を休息に回したら、「腰が重い」状態になることが激減しました。

思い立つ、やるやらないを判断する、行動に移す、という3ステップを処理するのにかかる時間が短くなり、「腰が重い」状態がなくなったんです。

身体が疲れにくくなった

身体も疲れにくくなりました

頭(心)と身体の疲れはリンクしているもの。頭が疲れていると身体もだるいし、逆も然り。

だらだらスマホで「疲れ」をためるのでなく、逆に休息にあてることで「疲れの回復」を目指してみた結果、頭だけでなく身体も疲れにくくなったと感じています。

もちろん休息の種類によって回復できる部分や度合いは変わりますが、少なくとも目の疲れはかなり軽減されましたよ。

スポンサーリンク

だらだらスマホをやめて休息を増やした方法

メリットだらけで正直自分でも驚いています。休息の威力はすごい。

それではスマホを見る時間を休息に回すため、ぼくが実践した方法をご紹介したいと思います。

ざっくり言うと、

  • スマホを見る時間を減らす
  • できたスキマ時間で休息を取る

です。それぞれ、下記の記事に具体的な方法をまとめています。

スマホをいじる時間を無理なく減らす3つのコツ
スマホ依存をやめる第一歩として、そもそもスマホを使う時間を減らす方法をご紹介します。
スキマ時間で効率的に休息を取る方法まとめ
まとまった休憩時間が取れない人に向けて、スキマ時間で効率的に休む方法を3つまとめてご紹介します。

寝る前のだらだらスマホは最悪の習慣なので即やめる

寝スマホで寝落ちしている女性

だらだらスマホを減らしてできたスキマ時間を休息にあてるだけでは実は足りません。

眠くなるまでベッドの中でスマホをいじってしまう寝スマホもやめましょう。

寝スマホは、ハフィントン・ポストの創業者、アリアナ・ハフィントンをしてスマホの充電器を寝室に持ち込んだ時点であなたは経営者失格と言わしめるくらいの悪習です。

寝スマホは寝つきを悪くし、睡眠時間を削ります。つまり、将来の自分に負債をかけているのと同じ。

ぼくも寝る前のだらだらスマホをやめるべく、スマホと充電器をベッドの遠くに置いています。

スポンサーリンク

まとめ:だらだらスマホをやめて休息を取ろう

以上、スマホをだらだら見るかわりに休息をこまめに取るメリットと具体的な方法のご紹介でした。

  • だらだらスマホが息抜きにならない理由
  • スマホ時間を休息に回して得られたメリット
  • スマホを見る時間を削る方法
  • できたスキマ時間で休息をとる方法

スマホは便利なのでつい開いてだらだら見てしまうもの。気づいたら30分たっていたなんてことも。

しかし、あてもなくスマホを眺める習慣は、息抜きの顔をしながら頭や身体に負担となってあなたを蝕みます。

その時間を休息に回して、スッキリと前向きな気持ちでいれらる時間を増やしてみませんか?

この記事が役に立ったら
いいね!をどうぞ

ブログで言えない話はTwitterにて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントお待ちしてます

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク