スマホ、アプリ

スマホの両手フリック入力はキーボードより気持ちいい

投稿日:2017年6月23日 更新日:

両手でスマホを使う女性

実際の速度は未検証なんですけど、スマホの両手フリック入力のほうがキーボードより気持ちいいと思い始めました。

キーボードでもそれなりに早いとは思うんですが、なんとなくキーからキーへの運指がオーバーヘッドになっている感があるんです。

かたやスマホだと考えをそのまま文字にしている感がキーボードより強いなあと。

思考の文字化、文章化、修正と最終化と文字入力そのもののエクスペリエンスまでトータルで見ると、キーボードより両手フリック入力のほうが気持ちいかもしれません。

スポンサーリンク

これまで試したスマホの文字入力方法

なんとかスマホでの文字入力を快適にしたい。

その思いで、これまでいくつか方法を試してきました。

Bluetoothキーボードをつなぐ

ひとつは、Bluetoothキーボードをつないでの日本語入力です。

こちら早いは早いんですが、テーブルとイスがないと出来ないのが玉にキズ。

腰をすえてゴリゴリ書くならいいんですが、移動中などちょっとした時間には使えません。

ソフトウェアキーボードの大きさを調整する

もうひとつは、ソフトウェアキーボードの大きさを調整する方法です。

こちら片手でフリック入力するならいいんです。

しかし英語入力(QWERTYキー)にしたときにボタンが小さすぎ、ミスタッチが多くなるのが課題でした。

また片手ではどうしても入力速度が遅くなってしまいます。

実は両手フリック入力が便利かも

そこで思い出したのがガラケー時代のことです。

たしか文字入力を高速化するために両手を使っていたはず。

だから両手でもフリック入力ができるのでは・・・

 

と思い、3日ほど前から両手フリック入力を始めてみました。

やり方を参考にしたのはこちらの記事。

参考 フリック中級者が上級者へ駆け上がるコツ。両手フリック・ブラインドフリックをマスターせよ。 | あなたのスイッチを押すブログ

ポイントは4つです。

  • スマホを両手で持つ
  • 右手と左手の担当領域を決める
  • それに則ってフリックする
  • キーボード部分は見ない

ぼくの場合「左2列を左手、右3列を右手の親指」を基本として、あまりに連続して片手ばかり動く場合は互いにサポートに回る、というやり方を試していました。

練習3日目、両手フリック入力が爆速になった

練習をはじめて3日くらいでだんだん慣れてきました。

すると、なんということでしょう。スルスルとスマホに文字が入っていくではないですか。

バンカーリングでスマホを一生懸命ホールドしつつ片手で打っていたときと比べるとはるかに早い。

両手だから当たり前じゃん!と思うかもしれません。もちろんそうなんですが、こんなにも違うのかと驚きを隠せません。

このスムーズさは正直クセになります。

両手フリック入力がキーボードより気持ちいい理由

もはやパソコンやキーボードで文字を打っているときより、スマホで両手フリックしてるときのほうが文字を書いていて気持ちがいいんです。

なんでなんでしょうね?少し理由を考えてみました。

「書いては消して」が少なくなる

キーボードで書いているとなんとなく「書いては消して」を繰り返してしまうんですよね。

気軽に文章が編集できるので、その場で何度も書き直しができてしまうんです。言い回しを変えてみたり。

しかしスマホの場合はそもそも文字を消して書き直すのが面倒なので、「意味が通じればいっか」といういい意味での諦めが出てくるんですよね。

そのため小さな手戻りが積み重ならず、トータルで文章の生産量がアップしている気がします。

打ち間違いが少なくなる

あと、ぼくの場合キーボードだと打ち間違いが結構多いんです・・・。

1文につき3回くらいはミスタッチしてると思います。

しかしスマホの両手フリックだと打ち間違いが格段に減るんですよね。

タッチタイピングがもっと上手ならスピードは逆転するかもしれませんが、

思考がダイレクトに文字に落ちやすい

スピードだけでなく、なんとなく両手フリック入力のほうが思考がダイレクトに文字に落ちる気がします。

キーボードだと運指に脳みその一部を持っていかれている感覚があるんですよね。

でも両手フリック入力だと思考が邪魔される感じがキーボードよりも少ないんです。紙とペンで書いているときの感覚に近いように感じます。

(紙とペンの過去記事)

トータルで両手フリック入力の勝ちかも

このように、

  • 物書きのスピード
    • 思考の文字化
    • 文としての最終化
  • 文字入力の気持ちよさ

というポイントをかけあわせると、実はトータルでは両手フリック入力のほうが気持ちいい気がしました。

もちろん入力するものによってはキーボード一択の場合もありますよ。ソースコードとか記号や文字がまぶされた文章とか。

それに少し複雑なUI操作まで含めるとパソコンやキーボードのほうが早いことは多いでしょう。

しかし、少なくとも日本語メインの文章を書くだけならスマホ両手フリック入力でもいいんじゃないかという気がします。

まとめ:スマホ両手フリック入力おすすめです

以上、スマホの両手フリック入力はキーボードよりも気持ちいいかもしれない、という話題でした。

これまでは正直「ブログはスマホだけで書いている」という方を見かけてはウソやんと思っていましたが、ごめんなさいぼくが未熟でした。

少し練習が必要ですが、慣れてくるとすごく快適ですよ、両手フリック入力。

 

・・・本当は全部音声入力で済ませたいんですけどね。

おすすめ関連記事

-スマホ、アプリ

Copyright© NaeNote , 2017 All Rights Reserved.