【随時更新】コスパの高い注目ガジェットをAmazonタイムセールからピックアップ!詳しくはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

フリーWiFiが快適に使えるカフェチェーン店ランキングトップ5

カフェ 無料WiFi フリーWiFi 無線LAN

スキマ時間はカフェ作業なNAEです。

30分〜1時間くらいの時間ができたらカフェに入ってパソコン(Chromebook)やスマホで作業をする生活をしています。

パソコンで作業するとなると、必要なのがネット環境。そのためカフェの提供しているフリーWiFiをよく利用しているんですが、実はチェーンによって使い心地が大きく異なります

そこで今回は、ぼくがこれまで使ってきた実感に基づき、フリーWiFiの使い心地という観点だけでカフェチェーンをランキングしてみたいと思います。

最下位:ドトールコーヒー

ドトールコーヒーには、Wi2 300PremiumというフリーWiFiサービスが入っています。

利用方法はこちらの記事で画像つきで詳しく解説されています。

参考 ドトールでも無料で無線LAN使えたって知ってた?Wi2 300premiumで有料だと思い込んでました! – 物欲に負けた日

 

実際の使い心地ですが、ひとことで言えばつながりにくいです。

ぼくのよく行く店舗だけかもしれませんが、当該無線LANの電波強度は常にアンテナ1〜2本のレベルうろついています。

そのためゲストコードでフリーWiFiを利用しようにも、そもそもポータル画面の表示がおぼつきません。

たまたま繋がったとしても、2〜3分もすればブツッと切れてしまい、とても使い物になりません。

Googleで「ドトール WiFi」で検索しようとするとサジェストに「ドトール wifi 繋がらない」と出てくるあたり、みなさん同じ悩みを持っているようです。

店によって状況が異なるようですが、ぼくは快適に使えたことが一度もありません……

ドトールでパソコンを開くときは結局、スマホをテザリングさせてネット接続しています。

参考 格安SIMでテザリングでデータ通信量を節約できる「Image ON/OFF」が捗る

第4位:スターバックスコーヒー

スターバックスでは「at_STARBUCKS_wi2」という名前のフリーWiFIが利用可能です。

以前まではFacebookやTwitterを使ったソーシャルログインが必須でしたが、最近は規約に合意するだけで利用可能になりました。

利用方法は公式サイトが一番完結でわかりやすかったです。といってもアクセスポイントに接続できたら迷う要素はありません。

参考 ご利用方法|at_STARBUCKS_Wi2

 

実際の使い心地は、ちょっと残念です。

というのも、スタバのフリーWiFiは1時間たつとブツッと切れてしまうんですよね。1時間すると規約への合意画面に自動的に飛ばされ、再認証が必要です。

参考 スタバWiFiでログイン画面が出ない、ネットにつながらないときの対処法

これが地味に痛いんですよね。特にネットを介しての作業をしているとき。ブログ記事を例にすると

「よし書き終わった(投稿ポチ)」

『規約への合意が必要です』

「あ・・・」

という感じ。書いていた内容が消えてしまって涙を飲んだ回数は両手では足りません。

 

また、通信速度がガクッと落ちることが結構あります。

そんなとき周りを見渡すと、たいてい10人以上がパソコンを開いて作業しているんです。

フリーWiFiといえども通信帯域(一度に通信できるデータ量)は限られています。

たくさんの人が使っていたり、誰かがネット経由で高画質の動画を見ていたりすれば、そりゃ遅くなりますよね。

カフェ作業をする人が多いという客層の点でも、スタバは残念の4位でした。

第3位:ベローチェ

ベローチェでは、「+veloce_free_wifi」というフリーWiFiが利用できます。

WiFiのパスワードは全店共通、「velocewifi」です。つなぐとログイン画面に飛ばされるので、「規約に合意」すれば使えるようになります。

 

使い心地はかなり良いです。

仕事で出先で使うことが結構あるんですが、画面共有+音声でのオンライン会議もスルッとこなせるくらいには速度が出ます。

おそらく、ベローチェの客層がシニア層に寄っているのが原因なのでしょう。パソコによりも本を開いている人のほうが多いくらいですから。(もちろん、店舗によります)

 

ただし残念なのが、1日1時間✕6回までという制限がある点。

1時間たつとネットが切られ、規約画面に飛ばされて、再度規約への合意が必要になります。

この制限をどうにかして回避できないかなー……と思ったんですが、どうやらMACアドレス別に日ごとの接続回数を記録しているようで、ごまかすのは骨が折れそうなのでやめました。

どうしてもやりたい方は、下記記事を参考にどうぞ。

参考 MacのMACアドレスを偽装する – Qiita

第2位:タリーズコーヒー

タリーズコーヒーでは「tullys_Wi-Fi」というフリーWiFiが利用可能です。

ただし全店舗で使わるわけではありません。利用可能店舗と接続方法は公式サイトからどうぞ。(利用店舗可能拡大中とのこと)

参考 接続方法について|Tully’s Wi-Fi |TULLY’S COFFEE

 

実際の使い心地は、トラブルに見舞われたことがほとんどなくて快適です。

タリーズのフリーWiFiは一度接続すればあとは魔法のようにスルッと使い続けられます。

1時間でぶつ切りされることもありませんし、ユーザ登録も不要です。

そこにあって、すぐに使えて、しかも快適、というの3点揃ったフリーWiFiといえます。

 

ただし、店と時間帯によっては通信速度がガクッと落ちることがあります。

特に満席に近い状態のお昼過ぎだと、結構めにみええて通信が遅くなります。

しかし席数の少ない店ならそんなこともないですし、タリーズでカフェ作業する人もそんなに多くないので、ハズレ店舗にあたらなければ基本ずっと快適に使えるでしょう。

第1位:上島珈琲

上島珈琲では「ueshimacoffee-house-wifi」というフリーWiFiが利用可能です。

接続方法はこちらのサイトに詳しく書いてあります。(公式サイトもあるんですが、こっちのほうがはるかに見やすい)

参考 新宿駅の上島珈琲店(ucc珈琲)はノマドに最高の環境。新宿南口の電源カフェならここでしょ!

 

実際の使い心地は、ユーザ登録を済ませれば最強です。

ユーザ登録といっても、メールでの認証もしくはソーシャルログイン(FacebookやTwitter)なので、あまり手間ではありません。

ただし「たかがフリーWiFiになんで連絡先を教えなきゃならないんだ」と思う人には気持ち悪いかもしれませんね。

ぼくは上島珈琲は大好きなので、喜んでメールアドレスを入力しましたけど。

 

さて、特筆すべきは通信スピードの早さです。

上島珈琲のフリーWiFiで速度に困ったことは一度もありません。

いつも混んでいる新宿店ですらダウンロードで9〜10Mbpsくらい出ました。

もしかしたら

  • Wi2のようなシェアドサービスを使っていない
  • 「上島珈琲=パソコンでネット作業」な客が少ない

といったあたりが原因かもなと思います。

カフェのフリーWiFiの注意点

カフェによっては快適なフリーWiFiですが、便利なかわりにリスクもある点も覚えておきましょう。

通信速度や安定性への過信は禁物

カフェのフリーWiFiは、全員が一度に使えばかんたんにパンクして、通信速度がガクッと落ちます。

全然つながらないドトールや、みんなフリーWiFiでYouTubeを見ているスタバなど、設備や客層によっては全然快適に使えません。

サイトによってはセキュリティに注意

カフェの提供するフリーWiFiは、ふつうのインターネットよりもセキュリティレベルが低いです。通信している内容を人から読み取れないようにする「暗号化」の仕組みが少ないんですね。

アドレスが「https」ではじまるサイトなら別に安心なんですが、「http(sがない)」で始まるサイトの場合、「うわっ、こいつこんなサイトにこんなこと書き込んでる……」ってことが筒抜けになる可能性があります

セキュリティが気になるなら、スマホの回線を使うか、定額で高速データ通信し放題のポケットWiFiを使うほうが全然いいです。

まとめ:フリーWiFiなら上島珈琲へどうぞ

というわけで、フリーWiFiの使い心地という観点だけでカフェチェーンを比べてみたら、上島珈琲が一番という結果になりました。

もしお近くに上島珈琲があって、一度も入ったことがなければ、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

以上、「フリーWiFiが快適に使えるカフェチェーンランキングトップ5」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ