【まとめ】2018年買ってよかったガジェット13選

フリーWiFiが快適に使えるカフェチェーン店ランキングトップ5

カフェ 無料WiFi フリーWiFi 無線LAN ネット接続

30分くらい時間ができたらカフェでパソコンやスマホを開きますNAEです。

そこで必要なのがネット環境。カフェのフリーWiFiをよく利用しているんですが、実はチェーンによって使い心地が大きく異なります

そこで今回は、ぼくが経験に基づき、フリーWiFiの使い心地という観点だけでカフェチェーンをランキングします。

ノマドワーカーな方の参考になれば幸いです。

わざわざWiFiカフェを探すんですか?

カフェ難民が嫌になって、楽天モバイルにMNPしました。動画も見れる「1Mbps」でデータ通信し放題。全力でおすすめです。

参考 楽天モバイル「スーパーホーダイ」はネットもし放題。使い心地をレビュー

スポンサーリンク

WiFiが快適なカフェランキング

主に「使いはじめる手順の面倒さ」「使いやすさを損ねるローカルルールの有無」「回線速度の速さ」の観点で評価しました。

5位:ドトールコーヒー

ぼくのよく行く店舗だけかもしれませんが、当該無線LANの電波強度は常にアンテナ1〜2本のレベルうろついています。

そのためゲストコードでフリーWiFiを利用しようにも、そもそもポータル画面の表示がおぼつきません。

たまたま繋がったとしても、2〜3分もすればブツッと切れてしまい、とても使い物になりません。

Googleで「ドトール WiFi」で検索しようとするとサジェストに「ドトール wifi 繋がらない」と出てくるあたり、みなさん同じ悩みを持っているようです。

店によって状況が異なるようですが、ぼくは快適に使えたことが一度もありません……

ドトールでパソコンを開くときは結局、スマホをテザリングさせてネット接続しています。

参考 格安SIMでテザリングでデータ通信量を節約できる「Image ON/OFF」が捗る

第4位:スターバックスコーヒー

アクセスポイントに接続できたら迷うことなく使えるスタバのWiFi。

が、実際の使い心地は、ちょっと残念

というのも、スタバのフリーWiFiは1時間たつとブツッと切れてしまうから。

1時間すると規約への合意画面に自動的に飛ばされ、再認証が必要です。

参考 スタバWiFiでログイン画面が出ない、ネットにつながらないときの対処法

これが地味に痛いんですよね。特にWebサイト上で作業してると、途中でネットが切れてしまう=作業内容が全部消える、なんてことになりやすいので。

また、通信速度がガクッと落ちることが結構あります

そんなとき周りを見渡すと、たいてい10人以上がパソコンを開いて作業しているんです。

フリーWiFiといえども通信帯域(一度に通信できるデータ量)は限られています。

たくさんの人が使っていたり、誰かがネット経由で高画質の動画を見ていたりすれば、そりゃ遅くなりますよね。

カフェ作業をする人が多いという客層の点でも、スタバは残念の4位でした。

第3位:ベローチェ

WiFiのパスワードは全店共通「velocewifi」。つなぐとログイン画面に飛ばされるので、「規約に合意」すれば使えるようになります。

使い心地はかなり良いです。

仕事で出先で使うことが結構あるんですが、画面共有+音声でのオンライン会議もスルッとこなせるくらいには速度が出ます。

おそらく、ベローチェの客層がシニア層に寄っているのが原因なのでしょう。パソコによりも本を開いている人のほうが多いくらいですから。(もちろん、店舗によります)

ただし残念なのが、1日1時間✕6回までという制限がある点。

1時間たつとネットが切られ、規約画面に飛ばされて、再度規約への合意が必要になります。

この制限をどうにかして回避できないかなー……と思ったんですが、どうやらMACアドレス別に日ごとの接続回数を記録しているようで、ごまかすのは骨が折れそうなのでやめました。

どうしてもやりたい方は、下記記事を参考にどうぞ。

参考 MacのMACアドレスを偽装する – Qiita

第2位:タリーズコーヒー

全店舗で使わるわけではないものの、使える店での使い心地は、トラブルに見舞われたことがほとんどなくて快適です。

一度接続すればあとは魔法のようにスルッと使い続けられます。1時間でぶつ切りされることもありませんし、ユーザ登録も不要。

そこにあって、すぐに使えて、しかも快適、というの3点揃ったフリーWiFiといえます。

ただし、店と時間帯によっては通信速度がガクッと落ちることがあります

特に満席に近い状態のお昼過ぎだと、結構めにみええて通信が遅くなります。

しかし席数の少ない店ならそんなこともないですし、タリーズでカフェ作業する人もそんなに多くないので、ハズレ店舗にあたらなければ基本ずっと快適に使えるでしょう。

第1位:上島珈琲

文句なしのNo.1です。ユーザ登録を済ませれば最強です。

ユーザ登録といっても、メールでの認証もしくはソーシャルログイン(FacebookやTwitter)なので、あまり手間ではありません。

特筆すべきは通信スピードの早さです。

上島珈琲のフリーWiFiで速度に困ったことは一度もありません。

いつも混んでいる新宿店ですらダウンロードで9〜10Mbpsくらい出ました。

もしかしたら

  • Wi2のようなシェアドサービスを使っていない
  • 「上島珈琲=パソコンでネット作業」な客が少ない

といったあたりが原因かもなと思います。

とはいえWiFiでカフェを選ぶと泣きを見る

カフェのフリーWiFiは便利ですが、WiFiを求めてカフェを選ぶと泣きを見ます。

カフェ難民」になりやすいからです。

カフェ難民とは?

座れるカフェを求めて街をさまよう人。「禁煙」「WiFi」などのこだわり条件が増えれば、それだけ難民になる率が高まる。

あなたもこんな経験ないでしょうか。

カフェ難民あるある
  1. 「スタバは満席だねえ……」
  2. 「近くのタリーズ行ってみよっか」
  3. 「こっちも満席か……」(以後無限ループ)

これ、結局移動時間のせいでやりたいことをに割けたはずの時間が減っていくだけ。せっかくの自由時間がだいなしです。

なら最初から、WiFiがないカフェでもデータ通信量を気にせず自由にネットができるよう、環境を整えたほうがいいですよね。(しかもお金をかけずに)

「そんな都合のいい方法があるのかよ」と思われるかもしれませんが、あるんです。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」って言うんですけどね。1Mbpsっていうそこそこ(=動画は見れるくらい)の速度でデータ通信し放題。ぼくもMNPしてカフェ難民を卒業しました。

実際どんな感じかレビューしてますので、気になる方は見ていってくださいませ。

1Mbpsは実用範囲内。楽天モバイル「スーパーホーダイ」での検証結果を紹介します
...

まとめ:フリーWiFiなら上島珈琲へどうぞ

というわけで、フリーWiFiの使い心地という観点だけでカフェチェーンを比べてみたら、上島珈琲が一番という結果になりました。

もしお近くに上島珈琲があって、一度も入ったことがなければ、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

以上、「フリーWiFiが快適に使えるカフェチェーンランキングトップ5」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました