スキマ時間に執筆したいノマドブロガーにおすすめのボディバッグ7選

シェアする

スタバで執筆

こんにちは、NAEです。

どこでもササッとブログを書きたい!

出先で待ち時間ができたら、10分でも良いから文章を書いてしまいたい!

ぼくはこれまで、そういう思いでスマホを中心としたノマドブロギング環境を整えてきました。

そして行き着いたのが、ノマドブロガーorライターにはボディバッグこそ最適だという解です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノマドブロガーならボディバッグと言い切る理由

ハンドバッグやリュックなど、大きめのカバンを普段から持ち歩く人もいるかと思います。

そういう人なら、ノートPCなりMacBookなりChromeBookなり、少し大振りなものを入れても違和感や不自由はないでしょう。

しかし、ぼくは

  • 持ち歩く物を少なく保ちたい
  • 同じ便利さなら、より軽く小さいものこそ正義

という考え方のため、ブログを書くだけのためにわざわざ重たいノートPCを持ち歩きたくないのです。

そこらへんの背景を含め、ぼくがノマドブロギングのためいろいろと買い揃えてきました。

スキマ時間でのブログ執筆を爆速化するおすすめグッズ3選
ネタはある。記事の骨子もできている。しかし記事を仕上げる時間が取れず、下書きがたまる一方。そんな状況を脱するべく、スキマ時間にさっと執筆できる環境を整えました。

これら、短小軽量なブログ用ガジェットの数々。

こいつらをものの見事にピッタリ収納できる最小サイズの入れ物こそボディバッグだったというわけです。

ノマドブロガーの使っているボディバッグ

こちらがぼくが購入&愛用しているボディバッグです。

ボディバッグ

地元のリサイクルショップで1000円で手に入れたお買い得品。ブランドはモノコムサ。Amazonでは見当たりませんでした。絶版なのかな・・・・

およそのサイズ

  • 縦:30cm
  • 横:15cm
  • マチ:10cm

くらい。標準〜少し小さめ、という感じでしょうか。

このくらいのサイズ感であれば、どんなボディバッグでも必要十分だと思います。

ノマドブロガーのボディバッグの中身

さて、このボディバッグの中にいつも入れているものは以下の通り。

書き出してみると結構多いですね!

床に広げてみました。これプラスKindle Paperwhiteを入れています。

ボディバッグの中身

※「なぜわざわざKindleか。タブレットでいいじゃないか。」というコメントをいただきました。タブレットでできることはスマホでも十分できるため、あえて重いタブレットを持つことはないと考えたためです。

ボディバッグはノマドブロガーの持ち物をぴったり収納できる

では、これらをボディバッグに収納してみましょう。

あまりのピッタリさに目が飛び出ますよ!

メインコンパートメントには大物を

まずはメインコンパートメント。

最初に本(Kindle Paperwhite)を入れていきます。

当時はコンパートメントに本をそのままつっこんでいたのですが・・・

なんとKindle Paperwhiteが中のポケットとサイズぴったり!

ボディバッグの中のKindle Paperwhite

なんという孔明の罠。もともと文庫本を入れる用途で設計されていたのかも?

次に一番の大物、Bluetoothキーボードを入れるのですが・・・

ボディバッグの中のBluetoothキーボード

これが見事なまでにサイズピッタリなんですよ!

モノコムサが狙ったのか、はたまたAnkerの超緻密なサイジングを褒めるべきか・・・

いずれにせよ、これだけでもよだれもんです。

続いて長財布を入れます。

ボディバッグに収まった荷物

Bluetoothキーボード裏返しに入れ、その上に長財布を配置します。

こうすることで、キーボード裏の電池用の出っ張りをうまく収納できます。

これにてメインコンパートメントは完了。この時点で、本がもう一冊入るくらいの余裕があります。

今日は先日手に入れたこちらの本を入れてみました。

サイドポケット(大)にはガジェット類を

次に表にあるサイドポケット(大)に物を入れていきます。

文庫本が2〜3冊入るくらいの容量があり、中には2つの内ポケットがついています。

ボディバッグのサイドポケット

この内ポケット、小さめのガジェットを入れるにはちょうどいいサイズ感なんです。

ここに、折りたたみ式のスマホスタンドモバイルバッテリー、USBケーブルの3点を入れていきます。

まだ用量に余裕があるため、ティッシュなどの日用品もポンポンと。

コンタクトを入れる日は、メガネと持ち歩き用のコンタクト用品一式もこの中へ入れてしまいます。

ボディバッグのサイドポケットに荷物を入れたところ

サイドポケット(小)にはその他細かいものを

最後に、もうひとつのサイドポケットにはさらに細かな日用品を入れていきます。

ボディバッグのサイドポケットに荷物を入れたところ

絆創膏や目薬、鼻炎用の簡易鼻スプレーなど、カバンの脇ポケットに突っ込むタイプのものは全てここへ。

スポンサーリンク

ボディバッグだけ持てばどこへでも行ける

休日に出かける時は、このワンセットが入ったボディバッグをひょいと持つだけ。

両手が空くため、クロスバイクで遠出するもよし、2歳の息子と公園に行って追いかけっこするもよし。

ちょっと時間ができたらマックにでも入ってカタカタ文章を打てる。なんならKindle Paperwhiteで読みたい本だって読めちゃう

スマホやKindle Paperwhiteの電池が切れそうだったらその場でサッとチャージも可能

あとは、ポケットに入れるのがスマホくらいなので腰回りが自由になるのも地味に嬉しい。

デメリットといえば、

  • 片肩に重みがかかるから身体の歪みが気になる・・・かける方向をスイッチすればOK
  • 茶色に水玉ってデザイン正直どうなの・・・ほら、住めば都って言うじゃん?

くらいです。

快適すぎて手放せません、この環境

ノマドブロガーおすすめのボディバッグ7選

こんな使い方のできるボディバッグ、いろいろな種類がAmazonや楽天にあふれていますよね。

そこで、ぼくの使っているボディバッグを基準に

  • 大きさや構成がちょうどいい(縦30cm、横15cm、マチ10cm前後、ポケットあり)
  • 見た目がオシャレ(主観)
  • 値段が良心的(3000円台未満)

なものをピックアップしてみました。

カジュアルなデザインが多いですが、革をイメージした大人っぽいものも。

3000円台で買えるものばかりなので、その日のファッショにあわせて複数使い分けるのもおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ:ボディバッグいいよ

というわけで、ノマドブロガーはボディバッグ使おうぜというお話でした。

ボディバッグは、メンズのグッズとしてここ数年で一気に商品の幅が広がりました。

最近では女性をモデルにしたボディバッグ写真もあったりします。
女性陣もぜひ、ボディバッグにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※上で紹介したLeaperのボディバッグを買いました

Chromebook Flip C100PAにピッタリ!Leaperボディバッグのレビュー
Chromebook Flip C100PAがピッタリおさまるおすすめボディバッグの購入レビューです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

おすすめ記事

関連記事