長すぎるショルダーバッグの肩紐ベルトを道具なしで短く調整する方法

ショルダーバッグの肩紐が長すぎると全然スタイリッシュに見えない

先日、ネットで買ったショルダーバッグの肩紐が思った以上に長すぎて格好悪すぎるという憂き目にあいました。

一番短く調整してもカバン本体が腰のあたりにダラっと・・・

これ、正直ダサいし不便です。カバンは高い位置に持ってくるほうがスマートでしょう。

そこでちょっと工夫して、長さ調整ができず余って困る肩紐を、さらに短く調整してスタイリッシュに見せる方法を編みだしたのでご紹介します。

条件さえそろえば道具は必要ありません。無料でできます。

ショルダーバッグの肩紐が長すぎる問題

ショルダーバッグの肩紐が長すぎるとは、つまり下の写真のような状態を指します。

ショルダーバッグの肩紐の長さの見た目の差

(出典:3秒でオシャレになる方法 – コウベンのブログ

ときどき街で見かけるやつですよね。

しかしこれ、デメリットしかありません。

スタイルが悪く見える

肩紐が長すぎるとスタイルが悪く見えます

カバンはボリューム感があるため目を引くもの。

下の方にあるほど重心が下に見え、胴が長く見えてしまうんです。

オタク臭が漂う

肩からダラっと下がったカバンはオタク臭を放ちます。上の画像のとおりです。

ぼくのまわりでもオタク系の人は肩紐が長い傾向があります。

理由は不明です。なんなんですかね、あれ。

歩きにくい

肩紐が長すぎると歩きにくくなります

腰より下にカバンがくるので、歩くときに腰骨や足にあたるんですよね。

歩くたびにブラブラ揺れて足の自由を邪魔しするので、歩きにくいんですね。

肩紐は短め調整がよい

と、見た目にも利便性にも、長すぎる肩紐はマイナスです。

肩紐やストラップは短めに調整し、カバン本体が肩甲骨の間から少し下あたりに持っていきましょう。

これだけでグッとスタイリッシュに見えます。動きやすさも段違いですよ。

むしろ高い位置にカバンを持ってくるスタイルに慣れると、それ以外の持ち方ができなくなります。

肩紐の長さが調整できる範囲にも限度がある

とはいえ、モノによってはそもそも長さが調整できなかったり、調整範囲に限度があったりします

ぼくが先日買ったショルダーバッグ(ボディバッグ)もそうでした。

肩紐の長さは調整できるんですが、一番短く調整してもまだ長すぎる。

カバン本体が腰のあたりに落ちてきてしまい、残念な見た目になってしまいます。

本体のサイズ感やポケット構成は完ぺきなのに・・・

でも、せっかく買った新品です。肩紐だけが理由で使わないのももったいない。

そこで自前で肩紐をもっと短く調整することにしました。

これ以上短く調整できない肩紐をさらに短くする方法

というわけで、短く調整してもなお長すぎるショルダーバッグの肩紐をもっと短く調整する方法をご紹介します。

ぼくの買ったショルダーバッグを題材にしていますが、同じような材質や金具構成の肩紐(ベルト)なら応用できると思います。

どんな肩紐ならできるのか

今回ご紹介する方法が使える肩紐の条件が3つあります。

  • ベルト型であること
  • 調整金具のスキマに余裕があること
  • ベルトが滑りにくい材質であること

いわゆる、こういうやつです。

綿素材のショルダーバッグ

ロの字型のコキ(アジャスター)

下の写真のように、調整金具にベルト1〜2本通るくらいの余裕があるとよいでしょう。

コキ(アジャスター)にベルト1〜2本が通る余裕がある

調整方法

では、具体的な調整方法をご紹介します。

まず下の写真の通り、肩紐のベルト部分をグイッと引っ張って畳み込みます。

折りたたむ

次に、畳み込んだ部分を調整金具の手前側に差し込みます。

全部差し込みきると畳み込みがほどけてしまうので、途中で止めてください。

ベルトを通す

同じ要領で、畳み込んだベルトを調整金具の反対側に挟み込みます。

反対側にはさみこむ

調整金具の左右にはみ出るベルトの長さが均等になるように調整します。

ビシっとして完成

これでオシマイです。カンタンですね!

仕上がりを表側から見るとこんな感じ。

上から見たところ

裏側の仕上がりはこちら。

裏面を見たところ

調整金具の片方に、畳み込まれたベルトがペロッと出る形になります。

この「ペロッ」部分を身体側にもってきたい場合、最初のステップで身体側のベルトを畳み込めばOKです。

この方法はいいところは、追加で買うものが必要ない点。

カバンの自重でベルト同士を密着、摩擦でズレをおさえる仕組みなので、ストッパーやピンは不要です。

スポンサーリンク

この方法で肩紐ベルトを短く調整したショルダーバッグを使う際の注意事項

最後に、注意事項です。

丸紐や調整金具のない肩紐では使えません

この方法は、ベルトが畳めること、調整金具があることを前提としています。

そのため、革を縫って丸紐にしているストラップや、そもそも調整金具のついていないベルトでは、この方法は使えません。

滑りやすい素材のベルトは別途固定してください

ベルトの素材がナイロンのように滑りやすいものの場合、畳み込み部分がほどけやすくなります。

追加の金具でベルト同士を固定してあげてください。

センスが許すなら缶バッジなどの安全ピン系のグッズを使ってもいいかもしれません。

紐の片側だけ引っ張るとほどけます

構造上ベルトの片側だけを引っぱると畳み込みがほどけてしまいます。

持つときは上下のベルト両方をつかむようにしてください。

ベルト片方だけ引っ張っちゃダメ

この方法じゃ短くできない!という場合

  • 調整金具のすきまがガバガバでベルトが固定されない
  • ベルトの素材がすべりやすくて畳み込んだのがすぐ外れる
  • そもそもベルトが畳めない・・・

などなど、今回ご紹介した方法では短く調整できない場合もあるでしょう。

そんな場合、もしベルトの付け外しができるなら、ベルト自体を買い替えてしまうのも手です。

Amazonでこういうベルト↓が1000円未満で売ってますよ。

スポンサーリンク

まとめ:ショルダーバッグの肩紐は短め調整で格好良く使おう

以上、ショルダーバッグの肩紐を調整金具に畳み込んで短くする方法でした。

肩紐のベルト長すぎ問題に悩んでいる方はぜひお試しください。

カバンの使い方ひとつで、見た目はシュッと変わります。

見た目を変えて、少しだけ新しい自分になってみませんか?

服を変える、自分が変わる。一瞬でオシャレになれるマネキン買いサービス3選
ファッションに悩むメンズはマネキン買いを活用しよう!目的や年代別(20/30/40代)におすすめサービスを厳選しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

あなたにオススメの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク