捗るを極める、ガジェット×テック系ブログ

naenote.net

便利アイテム

長すぎるショルダーバッグの肩紐ベルトを道具なしで短く調整する方法

投稿日:2017年1月16日 更新日:

ショルダーバッグの肩紐が長すぎると全然スタイリッシュに見えない

ガジェットを持ち歩くのにショルダーバッグを使っています。

どうせならカッコよく持ち歩きたいのですが、先日買ったショルダーバッグの肩紐が長すぎて、一番短く調整しても腰あたりにダラッと垂れ下がってきてしまいました。

NAE
これじゃダサい……

というわけで、少しく工夫して短くしたので、その方法を紹介します。

条件さえそろえば道具は不要、かつ無料でできます。長すぎる肩紐ベルトをどうにかしたい方はお試しください。

スポンサーリンク

どんな肩紐ならできるのか

紹介する方法が使える肩紐の条件が3つあります。

  • ベルト型であること
  • 調整金具のスキマに余裕があること
  • ベルトが滑りにくい材質であること

いわゆる、こういうやつです。

綿素材のショルダーバッグ

ロの字型のコキ(アジャスター)

 

下の写真のように、調整金具にベルト1〜2本通るくらいの余裕があるとよいでしょう。

コキ(アジャスター)にベルト1〜2本が通る余裕がある

調整方法

では、具体的な調整方法をご紹介します。

まず下の写真の通り、肩紐のベルト部分をグイッと引っ張って畳み込みます。

折りたたむ

 

次に、畳み込んだ部分を調整金具の手前側に差し込みます。

全部差し込みきると畳み込みがほどけてしまうので、途中で止めてください。

ベルトを通す

 

同じ要領で、畳み込んだベルトを調整金具の反対側に挟み込みます。

反対側にはさみこむ

 

調整金具の左右にはみ出るベルトの長さが均等になるように調整します。

ビシっとして完成

 

これでオシマイです。カンタンですね!

仕上がりを表側から見るとこんな感じ。

上から見たところ

 

裏側の仕上がりはこちら。

裏面を見たところ

調整金具の片方に、畳み込まれたベルトがペロッと出る形になります。

この「ペロッ」部分を身体側にもってきたい場合、最初のステップで身体側のベルトを畳み込めばOK。

カバンの自重でベルト同士を密着、摩擦でズレをおさえる仕組みなので、ストッパーやピンなど追加の道具は不要です。

この方法で短く調整した肩紐ベルトを使う際の注意事項

最後に、注意事項です。

丸紐や調整金具のない肩紐では使えません

この方法は、ベルトが畳めること、調整金具があることを前提としています。

そのため、革を縫って丸紐にしているストラップや、そもそも調整金具のついていないベルトでは、この方法は使えません。

滑りやすい素材のベルトは別途固定してください

ベルトの素材がナイロンのように滑りやすいものの場合、畳み込み部分がほどけやすくなります。

追加の金具でベルト同士を固定してあげてください。

センスが許すなら缶バッジなどの安全ピン系のグッズを使ってもいいかもしれません。

紐の片側だけ引っ張るとほどけます

構造上ベルトの片側だけを引っぱると畳み込みがほどけてしまいます。

持つときは上下のベルト両方をつかむようにしてください。

ベルト片方だけ引っ張っちゃダメ

この方法では短くできない場合

紹介した方法でもなお肩紐が短くできない場合、バッグを買いかえるべきです。

腰までダラっと垂れたカバンは、使うだけでオタク臭をまき散らす負債です。あなたにマイナスしかもたらしません。

TORATO」などのセレクトショップで、見た目をレベルアップさせるカバンを買いましょう。

まとめ:ショルダーバッグの肩紐は短め調整で格好良く使おう

以上、ショルダーバッグの肩紐を調整金具に畳み込んで短くする方法でした。

肩紐ベルトが長すぎて悩んでいる方はぜひお試しください。

よく読まれている記事

-便利アイテム

Copyright© naenote.net , 2017 All Rights Reserved.