スタンディングデスク

FlexiSpotの電動スタンディングデスクが揺れる原因と対策

FlexiSpot電動スタンディングデスクが揺れるときのメンテナンス方法

電動スタンディングデスクFlexiSpot EJ2を使い始めて半年。天板の揺れやすくなりました。

デスクが揺れると画面が揺れ、集中力や仕事の効率に支障をきたします。

なので、原因調査のうえ対策を打ちました。結果、揺れを体感で5割ほど減少しました。

本記事では、原因と対策、実際の手順などを紹介します。

FlexiSpotの電動スタンディングデスクをはじめ、いわゆる「T字型」の脚のスタンディングデスクに適用できる方法です。

スタンディングデスクをお使いの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
FlexiSpotキャンペーン

創業5周年キャンペーン「FlexiSpotDay

5/25から

原因:4つの「グラつきポイント」

FlexiSpot電動スタンディングデスクが揺れる原因 4箇所

まずはFlexiSpot電動スタンディングの構造から、揺れの原因となる「グラつきポイント」は4つあります。

  1. 足元と柱の間
  2. 柱と梁の間
  3. 梁と天板の間
  4. 天板の中心

1〜3は、それぞれががっちりくっついていないと天板が揺れてしまいます。

4は天板そのものがたわむ(歪む)ことで揺れにつながってしまいます。

対策:脚と天板に手を入れる

原因を大別すると、

  • 脚のネジのゆるみ
  • 天板のたわみ(ゆがみ)

なので、それぞれ対策していきます。

1. デスク脚のネジを締めなおす

まずは足元。

  1. 高さを一番低くする
  2. 倒してネジを露出させる
  3. ネジを締め直す

左右合計8箇所あるので、すべて確認していきましょう。

次に柱と梁の中心。

  1. 天板のネジ止めを外す
  2. 天板をズラしてネジを露出させる
  3. ネジを締め直す

こちらは左右2箇所ずつ、合計4箇所あるので、全部点検していきます。

最後に、デスク脚と天板をつなげるネジを締めて完了です。

ここまでで、デスク脚から天板までつながる部分における「グラつきポイント」はケアできました。

2. 天板のたわみ(ゆがみ)を防ぐ

あとは天板そのもののたわみ(ゆがみ)を防いでいきます。

ただぼくのは今回、デスク脚のネジの締めなおしだけで十分揺れがおさまったので、天板には手を入れていません。

なので、ネットで調べた結果の共有だけとさせてください。

・・・

以下のサイトに、スタンディングデスクに限らず、天板のたわみ(歪み)を直す有効な方法が網羅的に紹介されています。

参考 デスク天板のたわみ抑止方法と既存デスク天板のたわみ矯正方法

このなかでFlexiSpotのスタンディングデスクで使えそうなのは、

  • 天板の底面を木材や角パイプ等で補強する
  • そもそも厚みのある天板に交換する

の2点。

今ある天板を使うなら「補強」一択です。

材料はAmazon等で1cm単位のカット売りがあるので困らないと思います。

しかし本格的に補強するには、木材・金属加工やネジ穴あけなどが必要で、

  • ドリル等「また使うか微妙」という意味で手を出しにくい道具の入手
  • そもそも慣れている人のほうが少ない木材・金属加工

など、結構高いハードルを超えなければなりません。

なので、天板のたわみ(ゆばみ)防止は、日曜大工に慣れた人向けの対策といえそうです。

再発防止策・予防策

一度対策しても、効果は永遠ではありません。

再発防止策や予防策など、根本解決するための方法も考えていきます。

1. 定期的にメンテする

初手から「根本対策」でもなんでもなくて恐縮なのですが……

締めたネジはいずれ緩むもの。スタンディングデスクもそれは同じ。

なので、「揺れやすくなってきたな」と思ったとき、または半年に1度くらいの定期で、ネジが緩んでいないか確認しましょう。

NAE
NAE

ネジの緩みを完全になくすには、溶接するしかありません

2. 厚くて丈夫な天板に交換する

一方、天板のたわみはネジ締めなど定期メンテではどうにもなりません。

定期でなくとも、たわんだ天板を直すのは素人では無理です。(玄人でも無理かも)

そのため天板のたわみをそもそも防ぐなら、熱くて丈夫な天板に交換するのが無難です。

NAE
NAE

FlexiSpot公式の天板なら安心でしょう。位置がピッタリの専用ネジ穴もついています

まとめ:まずはデスク脚のネジ締めから

FlexiSpot電動スタンディングデスクの構造から、揺れは

  1. 足元
  2. 天板
  3. デスクの上のもの(モニターアーム等)

と順に伝わります。そして、この順に揺れ幅も大きくなっていきます。

つまり、揺れ対策は「デスク脚 → 天板 → デスクの上のもの」という順番でおこなうほうが、高い効果が期待できます

なので、スタンディングデスクが揺れやすいからといって、いきなりモニターアームの買い替えや天板の交換を考えるのは、得策ではありません。

まずはデスク脚の定期メンテから着手しましょう。

以上「FlexiSpotの電動スタンディングデスクが揺れる原因と対策」でした。

FlexiSpot EJ2レビュー | コスパと機能と安定感、どれも満足の電動スタンディングデスク
FlexiSpot EJ2を発売直後に購入。人柱として使い倒した結論は「最高」です。