NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

食事中のスマホを注意するホールのおばちゃんの「なるほど」な注意の仕方

ライフスタイル ライフスタイル-食べる
このくらいシェアされています
スポンサーリンク

食事中にスマホをいじっている 目玉焼き ベーコン

こんにちは、NAEです。

夫婦ふたりで切り盛りしている20席もない小さな和食居酒屋へランチに入ったときのこと。

ふと目に入ったのが

食事中のスマホご遠慮ください

という手書きの張り紙でした。

スマホをいじりながら食事をするという人も多い昨今、わざわざこの張り紙を貼るに至った思いはわからなくもありません。

なんて考えていたら、実際にホールのおばちゃんがスマホいじりながら食べている人を注意する場面に出くわしました。

そのときの言い方が、実に神がかっていたので紹介します。

今回はそんなお話。

夫婦で営む小さな和食居酒屋、席数は20弱

地下一階にあるそのお店は、ランチタイムは超混雑する人気店。

4人がけのテーブルが4席にカウンターが3席。混雑の際は相席をするのが当たり前。

人気の秘密は出される料理が質・量ともに飛び抜けており、かつ値段が安いから。

定番メニューは鶏の唐揚げ定食は他店より唐揚げの量が圧倒的に多く、肉もジューシーで美味しいんです。

ホールや会計は奥さん、厨房を守るのが旦那さんの役割です。もう一人、外国人のバイトの子が皿洗いを担当しています。


そんな店の壁の高いところに掲げられているのが、半紙に筆で書かれた

「食事中の携帯・スマホご遠慮ください」

という張り紙です。

「食事中のスマホご遠慮ください」の張り紙。考えられる理由

トイレで立ちションしながらでもスマホをいじる人すらいる昨今、食事中にスマホをいじりもおかしくはない話です。

参考:立ちション中でもスマホいじる人ってなんなの?理由を考えてみた - NaeNote

むしろファストフード店であればスマホを見ながら食事する人の方が多いようにも思います。

そんな中、なぜこの店ではあえてスマホ禁止を掲げているのか?

店主とおばちゃんの思いを推測してみました。

食事中のスマホは料理人に失礼だ

夫婦ふたりで切り盛りして何年にもなるお店。当然出す料理にはそれなりのこだわりや歴史が詰まっているはず。

長年研究してきた下味のつけ方や油の温度、衣の厚さ、揚げ時間・・・その結晶が目の前の唐揚げ定食なのです。

だからこそ食べる人にはぜひ真摯に向き合ってもらいたい。自分の苦労、修行の成果を思う存分楽しんでもらいたい。

だからスマホを見ながらではなく、目の前の唐揚げ定食に集中して味わってくれないか

そんな思いがあるのかもしれません。


「それは出す側の理論だ」
「客がどう食べようが勝手だろう」

そう切り捨てるのは簡単ですが、せっかく丹精込めて作られた食事なんですから、ただかっこむだけでなく、味わってみませんか。

食事中のスマホは座席の回転率を下げる

料理人としての想い以外にも、ビジネスとして側面もあるかと思います。

飲食店の売上は

客単価×席数×回転数

で決まります。

ランチタイムの客単価はおよそ一定、席数も変わらないため、気にするべきは回転数ですね。


回転数を上げるには、客あたりの座席の占有時間を短くする必要があります。占有時間を分割してみます。

  1. 着席〜注文〜料理提供
  2. 食事中
  3. 食事後〜会計
  4. 席の片付け

さて、食事中にスマホをいじると食べるスピードが遅くなりますね。上記2〜3にかかる時間が長くなることになります。

つまり食事中のスマホは回転数を下げ、店の売上減少につながる。

そんな事情でスマホ禁止を掲げているのかもしれません。


「口にはこんだものを噛んでいる間にスマホを見ているだけだから食事スピードには影響ないよ」

それはごもっとも。ただまあ、実測してみないとなんとも言えません。

スマホ見る時間を増やしたいがゆえ、無意識に噛む時間が長くなっているかもしれませんし。(それはそれで健康にいいことなんですけどね)

食事中のスマホはマナーが悪い

なにより、食事中にスマホいじるなんてそもそもマナーがなっていない。そんな思いもあるのでしょう。

実際に「食事中 スマホ」でググってみたところ、出てくるのは

いずれも「マナー悪い」という内容のものです。擁護する声はほとんどみかけません。

一人での食事ならまだしも、複数人での食事ですらスマホをいじり始めるというのはどう考えても失礼です。

一緒に食事をしている人におまえよりスマホの方がおもしれーんだよと言っているようなものですから。


「一人だったら別にいいじゃないか」
「どう過ごすかは客の自由だろ」

まあ、一人自宅での食事であれば文句の言いようはありません。

でも公共の場でまわりを不快に思わせない振る舞いをすることも社会生活では大事ですよ。

ホール担当のおばちゃんの注意の仕方

さて、注意書きを掲げても守らない人がいるのは世の常。そんな人を注意するのはホール担当のおばちゃんの役目です。

ぼくが食事中、ちょうど別の人が食事中のスマホいじりを注意をされる場面に出くわしました。


その人に歩み寄るおばちゃん。通り過ぎぎわにその人の顔をチラ見しながら一言。

「ほらほら、この唐揚げ、揚げたててすごく熱いでしょ。やけどしちゃうかもしれないから、スマホ見ながら食べるのはやめてね」

言い終わるとそのまま他の客の注文を取り、「からあげ1枚追加でー」と奥の店主に声をかけていました。


なるほどなー、と思いました。

  • 店側の事情やマナー的な部分を全く出さず、純粋に食べる人の視点で話をしている
  • おせっかいなおばちゃんというキャラを活かした、言われても嫌な気持ちにならない言い回し
  • 一言かけたらさっと仕事にもどることで、その場の口論や後腐れを避ける

おそらくこれまで毎日店をやってきたおばちゃんの編み出した、最も良い注意のしかたなのでしょう。

そしてこの芸当はきっと、奥でしかめっ面をしながら唐揚げを作り続ける店主には難しかったように思います。よくできた役割分担です。

まとめ:食事中のスマホはやめよう

というわけで、食事中のスマホについてなるほどと思ったワンシーンを共有してみました。

スマホは便利です。触っていればいろいろな情報をくれるし、暇つぶしにもなります。

でもそのスマホ、本当に今見ないといけないんでしたっけ?

目の前に広がるリアル世界の方が実はおもしろく、そして大事かもしれませんよ。

にしても、おばちゃんの対応は見習いたいなあ。

関連記事

スポンサーリンク