【1,000ポイント無料配布中】Amazonギフト券に現金チャージ+初回購入で。詳しくはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

Wharfedaleのスピーカーをイギリスからの個人輸入で安く買う2つの方法

Wharfedaleのスピーカーは個人輸入しよう

世界でその価値が認められ、数々の賞を受賞しているWarfedale(ワーフェデール)のスピーカー。

各所で相次ぐ高レビューに、いつかは買ってみたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

ただ日本での売値はとても高く、売れ筋のDiamond 220でも4万円、憧れのタワーモデルともなると10万円はくだりません。

しかし実は、Warfedaleの本拠地であるイギリスのショップから個人輸入すると、現地価格で安く買えるんです。

今回は日英の価格差と、実際に買ったときの値段の違いをご紹介。Warfedaleを買う際の参考になればと思います。

Wharfedaleの日英価格差

具体的にどのくらいの価格差があるのか、代表的なモデルで見てみましょう。

※価格情報は2018年2月22日時点

Diamond 220 ペア

  • 日本:41,800円 参考
  • UK:£119.00=約18,000円 参考

半額以下です。

Diamond 225 ペア

  • 日本:58,700円 参考
  • UK:£309.76=約46,240円 参考

約1万円オフです。

REVA 2

  • 日本:107,800円 参考
  • UK:£595.00=約89,000円 参考

約2万円安いです。

Diamond 240 ペア

  • 日本:162,400円 参考
  • UK:£786.31=約117000円 参考

価格差4.5万円。30%オフくらいになっています。

Diamond 250 ペア

  • 日本:223,800円 参考
  • UK:£1,104.01約164,747円 参考

6万円安いです。

Wharfedaleを現地価格で買う2つの方法

ではどうすれば現地価格で買えるのでしょうか?

代表的な方法を紹介します。

1. Audio Affairで買う

もっとも有名な方法は、UKのAV系通販サイト「Audio Affair」で買う、です。

Audio Affairを選ぶメリット

日本直送が可能なことに尽きます。

英語が得意で、トラブル対応もお手のものなら、ここで買うのも一手です。

ただし……

Audio Affairのデメリット

応対品質やスピードにかなりバラつきがあります

口コミを見てみると、「かなり早く対応&到着した」という情報もある一方で……

7/16土曜日に到着いたしました。発注から実質10日程ですので早いと思います。

出典:価格.com – 『英国サイトにて』 Wharfedale DIAMOND 10.1 [ブラック ペア] のクチコミ掲示板

逆に届くまで何度も何度もメールで督促しなければならなかった話もあり……

スピーカーのみ英国から個人輸入して大変な感じだった話です。購入ショップはaudioaffair(中略)。マジでクソ面倒でした。

出典:イギリスからスピーカー買ったらエラい目に遭った(゚Д゚) – 福岡のおっさん

果ては詐欺呼ばわりしている人も。

スピーカーを注文後 4ヶ月後に、注文者の日本に送付せず、英国内にて他の人間が受け取る フェデックスの追跡で発覚。詐欺である。

出典:Audio Affair のレビュー| www.audioaffair.co.uk についてカスタマーサービスのレビューをご覧ください

英語でのレビューでは高評価なのでイギリス国内では人気なんでしょうが、日本対応には一抹の不安があります。

2.イギリスAmazonで買って輸入する

そこで検討したいのが、イギリスのAmazonで買って輸入する方法です。

UKのAmazonで買うメリット

日本のAmazonと同じようなUIなので、英語が苦手でも迷いません。

Amazonという安心感もあり、カード決済も不安がありません。

とはいえ……

UKのAmazonで買うデメリット

Wharfedaleのスピーカーのページには全部「No sellers are currently delivering this item to Japan(日本配送可能な販売者はいません)」と書いてあります。

直接日本に送ってもらえないので、別途、個人輸入の手配が必要です。

それぞれの総額をDiamond 220で試算

とはいえ個人輸入となると、気になるのが関税や手数料、国際送料などの追加コストです。

元値が安くても、コストがかさめばお得感は失われます。なら結局audioaffairで買ったら最安値じゃないか……なんてことにもなりかねません。

そこで、本当に個人輸入でお得に買えるか、人気モデルのDiamond 220で試算してみました。

試算の方法

audioaffairと日本のAmazonは、普通にカートに商品を追加&住所を入力して総額を確認しました。

個人輸入はサービスによってコストが異なりますが、ここでは手数料の安さが強みの個人輸入代行サービスEdfa3lyを使いました。(サイトに計算機があるので、商品価格£119、重さ10.6kgで試算)

結果、個人輸入が最安値

  • Edfa3lyで個人輸入……約33,600円(クーポン利用) 
  • audioaffair……約38,000円
  • 日本のAmazon……約41,800円

送料・手数料など、各種コストを全部込みで比較したところ、Edfa3lyの個人輸入が最安でした。

 

もちろん本体価格や為替、日本のAmazonでの取扱額によってどれ最安値になるかは変わりますがが、少なくともEdfa3lyで個人輸入する方法も選択肢に入れるべきでしょう。

Edfa3lyの個人輸入はなにかと楽

 

個人輸入代行業者への依頼イメージ

個人輸入代行での買い物イメージ

そもそもEdfa3lyは「個人輸入代行サービス」なので、英語でのやりとりやトラブル対応など、全部含めて丸投げできます。

総額が安くなるだけでなく、買う手間や時間も大幅に省けるため、一石二鳥です。

具体的な使い方や体験談を次の記事に書いていますので、参考にしてください。

 

海外ガジェットに最適な個人輸入代行サービスEdfa3lyでPixel 2を購入してみた
エジプト発、コストの安さが魅力の新しい個人輸入代行サービスEdfa3lyでGoogle Pixel 2を買ってみたのでレポートします。

 

まとめ:Wharfedaleは個人輸入で安く買おう

スピーカーに限らず、海外ブランドは現地価格が日本よりはるかに安いです。

実物を見てから買いたいなら日本で買うのもありですが、Warfedaleのようにモノのよさが保証されている製品なら、個人輸入を使って現地価格で買うほうが賢い買い方と言えるのではないでしょうか

以上、Wharfedaleのスピーカーはイギリスから個人輸入で買うとお得だよ、というお話でした。

参考 アメリカAmazonで買うと日本より安いおすすめガジェットまとめ

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク