自宅WiFi

TP-Link RE700Xレビュー | 万能WiFiマシンの進化系。より高速なネット環境を追求する人向け

5.0
TP-Link RE700X AX3000 WiFi6対応 中継器 レビュー

提供:TP-Link

2022年8月発売のWiFi中継器「TP-Link RE700X」をご提供いただきました。レビューしていきます。

RE700Xは、「万能型WiFi装置」と呼べる優秀な先代機種RE600Xの進化版。

3つの用途でオールマイティに使えるという特徴を引き継ぎながら、総通信帯域が1800Mbpsから3000Mbpsと進化(AX1800→AX3000)。サイズやその他のスペックはほぼ変わらないので、純粋に上位互換です。(具体的な比較結果はこちら

3つの用途
  1. WiFi中継器
  2. WiFiアクセスポイント
  3. メッシュWiFiのノード
    OneMesh対応WiFiルーターとの組み合わせ

自宅のインターネット回線が2Gbps以上でないと実力を引き出しきれない(1Gbps回線なら前作RE600Xで十分)という点は気になるものの、将来を見据えてより高速通信が可能なWiFi機器を持っておきたいという方はぜひチェックしてみてください。

TP-Link
¥9,080 (2022/09/21 18:55時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
スポンサーリンク

TP-Link RE700Xの概要

TP-Link RE700X WiFi中継器 レビュー 機能概要
出典:www.tp-link.com

注目ポイント

  • WiFi 6対応。デュアルバンドの高速通信
  • 2つの動作モード。WiFi中継器とアクセスポイント
  • OneMesh対応。メッシュWiFiのノードにもなれる
  • AX3000。より多くの機器の通信を支えられる

仕様・スペック

  • ポート:ギガビットポート × 1
  • ボタン:WPSボタン、Resetボタン
  • 消費電力:11.2W
  • 寸法(幅x奥行きx高さ):78×36×149 mm
  • アンテナ:内蔵アンテナ×2
  • ワイヤレス規格:IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz, IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
  • 周波数範囲:2.4GHz 及び 5GHz
  • 信号レート:574 Mbps (2.4GHz), 2402Mbps (5GHz)
  • ワイヤレスセキュリティ:WEP, WPA, WPA2, WPA3
  • ビームフォーミング対応

より詳細なスペックはTP-Link公式サイトをどうぞ。

TP-Link RE700Xレビュー

それでは実機レビューです。

外観・デザイン:コンセント直挿し前提

白の四角い筐体。側面に向かって傾斜がついていたり、排気口やギガビットポートがが側面にあったりと、壁に取り付けることを前提にデザインされています。

というか、筐体のデザインは、前作RE600Xとまったく同じです。中身のアップグレードのみだから外装は使い回してコスト抑制、ということなのでしょう。

大きさ・重さ:薄くて壁に馴染む。コンセントの干渉もなし

横から見るとそのスリムさがよくわかります。

実際にコンセントに挿してみると、まったく邪魔になりません。ギガビットポートにLANケーブルを挿してもケーブルが壁に沿うようになっています。

くわえて、2口コンセントの上に挿してもちゃんと下のコンセントが使えます。大きさ的な工夫はとても良好です。

なお重さは前作RE600Xから30gほどアップ。中の部品がパワーアップしているからでしょう。

コンセントに挿しても垂れてこないレベルなので、重さの違いは気にしなくて大丈夫です。

通信速度:実測550Mbpsは処理可能

TP-Link RE700XはWiFi中継器でありアクセスポイントとしても使えるので、

  • WiFi中継器としての実力
  • WiFiアクセスポイントとしての実力

の双方を見ていきます。

なおインターネット回線は1Gbps(理論値)、LANケーブルはCAT6(リンク速度1Gbps)を使っており、有線接続での実測値最高速度は600Mbpsくらいです。

WiFi中継器としての実力

WiFiルーターの電波が届きにくいところで、RE700Xあり・なしで通信速度をテストしました。

結果、RE700Xを仲介すると、100Mbps→200Mbpsと通信速度が倍速になりました

WiFi中継器として申しぶんない実力です。

WiFiアクセスポイントとしての実力

RE700Xのギガビットポートに直接LANケーブルを接続し、アクセスポイントモードに設定し計測。

有線接続の最高速度が600Mbpsであるなか、実効速度で550Mbps出ているので、RE700Xがボトルネックにはなっていないようです。

ただ、インターネット回線速度がもっと早かったらもっと速度が出るはず。RE700XはAX3000、5GHz帯で最大2404Mbpsが理論値なので、インターネット回線が2Gbps以上であれば性能を100%引き出せると思います。わがやは1Gbpsなので、ちゃんと実力値を評価できていないことになります。逆に言うと自宅のインターネット回線が1Gbpsなら、AX1800(5Ghz帯で最大1201Mbps)である前作RE600Xで十分です。

ちなみに、電波が届きにくい場所はさすがに速度が落ちます。接続先デバイスに電波を集中する「ビームフォーミング」等の仕組みは備えていつつも、物理的にアンテナが生えていない影響もあるのでしょう。

NAE
NAE

WiFiアクセスポイントとしての運用にも十分耐えられますが、広さにはかぎりがあるようです

電波の範囲:2LDKが限界か

TP-Link RE605X RE600Xの電波到達範囲 3LDKマンションの間取りでイメージ
3LDKマンションでのWiFi電波到達範囲イメージ

では電波到達範囲的にはどうなのか?で確認。3LDKの自宅マンションでテストしたところ、電波到達範囲はおよそ上図のとおり。

1K〜2LDKなら1台で余裕でカバーできそうですが、3LDK以上になると電波強度が少し苦しくなってくるので、

  • 1K〜2LDKまで
    →WiFiアクセスポイントとして使う
  • 3LDK以上
    →別のWiFiルーターと組み合わせ、WiFi中継器またはメッシュWiFiノードとして使う

と使い分けると良いでしょう。

メッシュWiFi対応:OneMeshで抜かりなし

普通は、WiFiルータと中継器を組み合わせるとSSIDが変わってしまう
OneMesh対応なら、WiFiルータと中継器の組み合わせでメッシュWiFiが組める

RE700XはTP-Linkの独自技術「OneMesh」に対応。

他のOneMesh対応ルーターと組み合わせることで、普通の中継器で問題になりがちな「SSIDが分かれてしまう」をスマートに解消できます。

参考 OneMesh対応のWiFiルーター一覧

発熱:気になるレベルではない

ことさら気になるレベルの発熱はありませんでした。

背面側に多少の熱は持ちますが、触るとほんのり温かい程度です。

NAE
NAE

側面メッシュの排熱が効いているんだと思います

設定と管理:専用アプリ「Tether」で簡単

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

あらゆる設定や管理が、専用アプリ「Tether」で完結します。

初期セットアップは画面の指示に従えばすぐに済み完了。各種設定もメニューを見ると一発で理解可能。

洗練されています。

NAE
NAE

さすがトップブランド、という感じです

保証:3年間の長期保証

RE700Xには、標準で3年間の長期保証がついてきす。

WiFi系の機器は一度買ったら長く使うものなので、保証もそれなりに長期間だと安心です。

TP-Link
¥9,080 (2022/09/21 18:55時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

実際に使ってみた感想

良かったところ

  • コンセントに挿しても全く目立たない
  • 必要十分な高速通信
  • 家のすみずみまで電波が届く

悪かったところ

  • 自宅のインターネット回線速度が1Gbps以下の場合はオーバースペック

TP-Link RE700Xはこんな人におすすめ

  • 自宅WiFiの繋がる範囲を広げたい
  • 手持ちのTP-Link WiFiアクセスポイントを使って、安くメッシュWiFiを組みたい
  • 将来的を見越して、拡張性の高いWiFi機器を選んでおきたい
  • 自宅のインターネット回線速度が2Gbps以上である

まとめ:非常に完成度が高い

総合評価:

機能に一切無駄がなく、デザインも価格も洗練されたアイテムです。辛口めの評価が多い管理人ですが、RE700Xは欠点が見当たりません。完成度が非常に高いです。

唯一の欠点?は、わがやにとってはオーバースペックであることだけ。ただわがやの環境に依存することなので、RE700X自体の欠点ではありません。

WiFi中継器としてもWiFiアクセスポイントとしても申しぶんないので、自宅のインターネット環境の快適さ・高速性を追求したい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上「TP-Link RE700Xレビュー | 万能WiFiマシンの進化系。より高速なネット環境を追求する人向け」でした。

TP-Link
¥9,080 (2022/09/21 18:55時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで探す
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
注意

自宅のネット速度はWiFiルーターだけで決まるわけではありません。

WiFiルーターでカバーされるのは、5つの要素のうち2つだけ。5つすべてケアしてはじめて速度が改善されます。詳細は以下記事で解説しています。

参考 自宅のネット・WiFiが遅い5つの原因と対策

スポンサーリンク
フォロー
2ミニッツ

タイトルとURLをコピーしました