イヤホン・ヘッドホン

SOUNDPEATS Air3レビュー | コンパクトで高性能。音質に妥協なし。5,000円台インナーイヤー型の筆頭格

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン レビュー

提供:SOUNDPEATS

SOUNDPEATS様のご厚意で、2021年8月発売のSOUNDPEATS Air3をレビューさせていただけることとなりました。

SOUNDPEATS Air3は、低価格ながら aptX adaptive と言う最新のコーデックに対応したインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンです。

音作りの丁寧さはSOUNDPEATSならでは。持ち前の粒度感や、インナーイヤー型であるにも関わらずしっかりと存在感のある低音が魅力です。

またサイズも非常にコンパクトで、一般的な完全ワイヤレスイヤホンと比べると2/3ほどの大きさ。

そのぶん電池の持ちはイマイチであるものの、音質・性能に対する価格比を考えると、コストパフォーマンスはとても優れています。

コンパクトさや価格を重視しつつ、イヤホンとしての実力も捨てがたい。SOUNDPEATS Air3はそんな人におすすめです。

スポンサーリンク

SOUNDPEATS Air3が気になった理由

SOUNDPEATSの音作りが好きだからです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

SOUNDPEATS Air3の概要

【VGP 2022 金賞】【ブランド史上最小サイズ】 SOUNDPEATS Air3 ワイヤレスイヤホン aptX Adaptiveコーデック対応 / 5時間連続再生 / 装着検出機能 / QCC3040チップセット搭載 / 14.2mmダイナミックドライバー / Bluetooth 5.2 イヤホン/低遅延 ゲームモード / IPX5防水 インナーイヤー型 Type-C充電 サウンドピーツ ブルートゥース ヘッドホン

注目ポイント

  • 極小サイズながら、多彩な機能を搭載
  • 音飛びや音切れの最新改善策「aptX Adaptive」コーデック対応
  • 14.2mmダイナミックドライバーによる豊かな音表現

仕様・スペック

  • チップセット :QCC3040
  • Bluetooth規格 :Bluetooth5.2
  • Bluetoothプロファイル:HSP , HFP , A2DP, AVRCP
  • コーデック :SBC, aptX, aptX Adaptive
  • 防水レベル:IPX5 (イヤホン)
  • サイズ(L×W×H):49.522.547.5mm (充電ケース)

SOUNDPEATS Air3レビュー

それではレビューしていきます。

外観・デザイン:特徴なくミニマル

マットな黒に、前面に再ペアリング用のリセットボタンを配置しているだけ。

無駄がありません。

デザイン的な要素といえば、上面のSOUNDPEATSロゴのみ。

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン ケースの蓋を開けたところ

蓋を開けると本体が縦に収納されています。

指を引っ掛ける部分がないので、少し取り出しにくいかも。

本体は、外側にSOUNDPEATSロゴが光っている以外は普通のインナーイヤー型です。

以上、デザイン面はこれといった特徴はなく、全体を通してミニマル。

個人的にはデザイン要素がこのくらい最小限にまとまっているほうが好みなので、とても好感が持てます。

重さ・大きさ:めちゃくちゃコンパクト

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン ケースの大きさ 手に持った様子

手で持つというより、「指先でつまむ」という表現の方がしっくりきます。

実際に持ってみると、その小ささを実感します。

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン ケースの大きさ比較
左:最近のお気に入り、EDIFIER NeoBuds Pro
右:本記事の主役、SOUNDPEATS Air3

標準的な大きさの完全ワイヤレスイヤホンと比べるとご覧の通り。

縦横共に一回り小さいことが分かります。

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン ケースと本体の重さ

重さを測ると32g。

標準的な完全ワイヤレスイヤホンは50gくらい。軽いです。

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 本体の重さ

本体も軽いですね。片耳4.1gしかありません。

ちなみにクラウドファンディングで「世界最軽量級」を謳っていた完全ワイヤレスイヤホンが3.5g。それに近い数字です。相当軽い。

Bluetooth接続:aptX Adaptive対応は嬉しい

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth接続時の表示 aptXが可能
Androidスマホ(Pixel 4a)ではaptX接続

Bluetooth 接続は、ペアリング速度、接続速度、安定性ともに問題ありません。

新宿駅の山手線ホームなど、人が多い場所でも接続が途切れることはありませんでした。

なおSOUNDPEATS Air3はaptX Adaptive対応。

接続先のスマホや再生デバイスが対応しているなら、Bluetooth通信が原因の音質劣化や遅延が最小限に抑えられるため、音源とスピーカーの実力をいかんなく発揮できます。

くわえて、SOUNDPEATS独自の「ゲームモード」を使うと、遅延が最小で60msまで抑えられます。

タイミングがシビアな音ゲーでは厳しいかもしれませんが、動画鑑賞であれば十分不自然を感じなくなる水準です。

装着感:意外と落ちない

装着感はとても軽いです。耳に押し込むというより耳の上に乗せているイメージ。

そう感じる理由は、そもそも本体が小さめなのと、インナーイヤー型ということで耳に圧迫感がないからでしょう。

乗せるだけと言いつつ、首をぶんぶん横に振っても落ちません。

意図的に振り落とそうとしない限り、落としてしまう可能性は小さそうです。

操作性:自動耳検出搭載で使い勝手よし

タップ操作。

操作方法と主な機能はざっくり以下のとおりで、特に変わった点はありません。

ざっくり操作方法
  • 1タップ:音量操作
  • 2タップ:再生/一時停止
  • 長押し:曲送り/戻し
  • 3タップ:ゲームモード切り替え、音声アシスタント起動

これらに加え、SOUNDPEATS Air3は自動耳検出機能を搭載しているため、

  • 左右どちらかを外す→自動で一時停止
  • 左右両方装着→自動で再生開始

というふるまいが可能。

レジで会計するときに一時的に外すときなどに便利です。

音質:値段を考えると優秀

第一印象は

この価格帯でこのレベルの音質出すの?

です。

音量バランスは低>中=高。目を見張るのは中音域から高音域にかけての粒度感。

高音域のきらめきや中音域の音色の鳴らし分けが優秀で、音を分解しつつ楽しむタイプのぼくにはクリーンヒット。

過去にレビューしとても気に入ったSOUNDPEATS TruEngine 3SEを彷彿とさせる出来です。

かといって低音域を妥協しているわけではありません。

低音の迫力が出にくいインナーイヤー型というディスアドバンテージを乗り越えて、しっかりとバスドラムの音圧が伝わってきます。

とはいえ地面を揺らすようなベース音は期待できず。ここはインナーイヤー型の限界です。

そのためEDMやメタルなど低音重視の音楽は苦手。 逆にジャズやポップスなど中〜高音にかけて魅力を発揮する音楽は向いてます。

欠点を挙げるとすれば、音が全体的に平面的である点。音に包まれるような臨場感は感じられず、「ここが5000円級の限界か」と思わざるをえません。

このように、苦手・得意は出てきてしまいますが、そもそも値段を考えると全方面で100点を取るなんて無理なもの。

しっかりした粒度感、そして音域別の表現力を考えると、音質・値段比の観点でのコストパフォーマンスは優れていると言って良いでしょう。

NAE
NAE

SOUNDPEATSならではの丁寧な音作りだと感じます

マイク:並

マイク音質は、あまり期待してはいけません。

両耳につけた状態で自分の声を録音すると、

  • 声がかなり遠く聞こえる
  • そのわりに破裂音で音割れを起こす

という状態。

普段の通話に使うなら良いですが、オンライン講師など声質が求められるシチュエーションで使うのはやめたほうが良いです。

バッテリー:心もとない

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 充電
充電中はLEDが緑に光る

本体のみでの連続再生時間は5時間。ケース込みで17.5時間。

2021年発売の完全ワイヤレスイヤホンのラインナップと比べると、相当短い部類に入ります。だいたい本体のみ7〜8時間、ケース込みで30時間が相場。

通勤通学の時間に使うならいいんですが、仕事のWeb会議で1日使うとなると正直心もとないです。

ただこれは手を抜いているわけではなくて、本体のサイズや重さを抑えるためのバランス調整の結果。

「コンパクトなのに高機能」を追求すると、どうしてもバッテリーの持ちが犠牲になってしまったのでしょう。

「こういうバランスのアイテムなんだ」と理解しておきましょう。

なお、急速充電やワイヤレス充電には非対応です。コストカットでしょうか。致し方ありません。

防水防塵:雨くらいなら大丈夫

ipx 5等級の防水防塵です。

防塵性能はないものの、防水はシャワー程度ならへっちゃらというレベル。

ジムでのワークアウトや雨の中でのジョギングくらいなら全く問題なく使えます。

保証:1年

SOUNDPEATS 製品には標準で1年間の保証が付きます。

SOUNDPEATS Air3ももちろん1年保証。

ただ値段が安いのでそもそも保証期間はアピールポイントとは言いづらく。

一方、初期不良の際もしっかり対応してくれるというお約束だと思えば心強いかなと思います。

実際に使ってみた感想

SOUNDPEATS Air3 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 外出先で使ってみた様子
外で見るとより小さく見える

良かったところ

  • とにかくミニマル。小さくて軽い
  • 5,000円台のインナーイヤー型としては音質が優秀
  • 使い勝手向上系の機能がふんだんに盛り込まれている
  • aptX Adaptive対応という安心感

「コンパクトなのに高機能」という看板に偽りはありません。

丁寧な音作り、そして5,000円台であるにも関わらず使い勝手が損なわれていない点、さらにaptX Adaptiveまで盛り込んできている点は、完全ワイヤレスイヤホンを多数排出してきたSOUNDPEATSならではです。

悪かったところ(とその対策)

  • 音が少し平面的
  • バッテリーの持ちがいまいち

音質とバッテリーは……悪かったところというより、5,000円台という値段や「コンパクトで高機能」という製品特性のためにカットオフされた部分、と呼ぶ方が正しいです。

なので、あまりあげつらうべきところではありません。「1こういうアイテムなんだ」と理解したうえで購入しましょう。

こんな人におすすめ

  • コンパクトな完全ワイヤレスイヤホンが欲しい
  • 電池の持ちよりも音質や機能性を重視したい
  • 粒度感や分解能が高めの音質が好み

まとめ:バランスの優れた意欲作

総合評価:

ポジショニングがはっきりしていながら、突出しすぎず、優れた音質・機能・価格バランスを保っている、優秀なアイテムだと感じました。

値段が値段なので全方位的に100点とはいかないものの、素直に良いものだと感じます。なので文句なしの★5。

ただ、ぼく個人としてはカナル型が好みなので、SOUNDPEATS Air3のカナル型バージョンがあったら嬉しいなあ、なんて。

数々の完全ワイヤレスイヤホンをレビューしてきた管理人にそう思わせるほどに良いアイテムなんだよ、とご理解いただければ。

ぜひチェックしてみてください。

以上「SOUNDPEATS Air3レビュー | コンパクトで高性能。音質に妥協なし。5,000円台インナーイヤー型の筆頭格」でした。