タブレット

Amazon FireタブレットでGoogleファミリーリンクを使う方法

お子様向けGoogleファミリーリンク

2020年7月26日現在、Amazon FireタブレットでGoogleファミリーリンクを使う方法は、ありません。

期待させて申し訳ないですが、5〜6時間の実機格闘、考えうる原因の考察、および信頼できる海外サイトのリサーチによる裏付けの結果です。

確認した実機はAmazon Fire HD 10(2019年版)ですが、挙動を見る限りFire OSの基礎をなす部分の機構に関連しているため、Fire 7や8でもおそらく同じです。

「子供用タブレットにFire HDを」「Googleファミリーリンクで細かな制御を」と考えている方は、無理なので、Fire HD以外のAndroidタブレットの購入を強くおすすめします。

NAE
NAE

ぼくも結局、別のものを買い直しました

スポンサーリンク

Amazon FireタブレットにGoogleファミリーリンクを導入すると起こること

Fireタブレット側のGoogleファミリーリンクアプリの設定が途中から進まなくなります。

試した限りでは、Fireタブレットの中の仕組みが壊れたり、起動しなくなる(文鎮化する)ことはありませんでした。

実際に試した手順と、起こったことを示します。

  1. 事前に、子供のGoogleアカウントを作成し、ファミリーメンバーに登録しておく お子様の Google アカウントを作成する – Google For Families ヘルプ
  2. Google Playを導入するFireタブレットにGoogle Playをインストールする方法【2020年版】 | 有限工房
  3. Playストアを開き、子供のGoogleアカウントでログインする
  4. Googleファミリーリンクアプリのダウンロードが始まるが、終わらない
  5. 一度Playストアを強制終了する
  6. 再度Playストアを開くと、子供のアカウントでログインされているので、Googleファミリーリンクアプリ(保護者向けではないほう)をダウンロードする
  7. ダウンロードは成功するので、Googleファミリーリンクアプリを開く
  8. セットアップするデバイスを聞かれるので、「このデバイス」をタップする
  9. 画面の案内に従い、操作を続けていく
  10. 途中で「ファミリーリンクで管理されているGoogleアカウントには、このプロフィールマネージャーが必要です」のエラーが出る
  11. OKボタンを押すと再度上記エラーが出る。以下、無限ループ

どうやらAmazon Fireタブレットに搭載されているFire OSは「プロフィールマネージャー」とやらに手が入っているようです。

Amazon FireタブレットでGoogleファミリーリンクが使えない原因

推測される理由は、Amazon Fireタブレットの基礎をなす「Amazonアカウントおよび独自のプロフィールによりタブレットを制御する」という機構にありそうです。

エラーメッセージにある「プロフィールマネージャー」は、おそらくAndroid OSにおけるアカウント管理のような機能と思われます。

そして、「プロフィール」という呼び名から連想されるのは、Amazo Fireタブレットの持つ以下の機能。

  • Amazon Fireタブレットは、Amazonアカウントを使ったログインが必須である
  • 初期セットアップ時に、Amazonアカウントに紐づく自分用「プロフィール」が作られる
  • 追加で、子供用の「プロフィール」を複数作成できる

察するに、Amazon Fireタブレットに搭載されているFire OSは、「プロフィールマネージャー」部分にかなり手が入っている、もしくは機能を専有する制御が入っていると思われます。

一方Googleファミリーリンクも、機能の性質がアカウント管理そのもの。「プロフィールマネージャー」を専有することを前提に作られているはずです。

つまり、

  1. Googleファミリーリンクは「プロフィールマネージャー」を使いたい
  2. しかしFire OSが先に居座っていて、使えない
  3. なのでエラーが起きてしまう

が、Amazon Fireタブレットの中で起きていることと考えられます。

要するに「プロフィールマネージャー」の競合です。

実機確認したFire HD 10(2019年版)以外でも、きっと同じく使えない

「プロフィールマネージャー」の競合が原因とするなら、ぼくが実機で試したAmazon Fire HD 10以外、Fire HD 7や8でも、同じエラーによりGoogleファミリーリンクが使えないものと思われます。

「プロフィールマネージャー」はAndroid OSの根幹部分であり、あらゆるFire OSはAndroid OSをベースに作られており、かつ「Amazonアカウントおよび独自プロフィールによるタブレット制御」はすべてのAmazon Fireタブレットに共通する機能(仕様)だからです。

実際に、各種Fireタブレットをレビューしている海外大手Android系情報サイト「Android Police」に

IMPOFTANT INFO

There is no way to manage a Fire tablet through Google Family Link, even after the Play Store is installed.

How to install the Google Play Store on an Amazon Fire tablet

と思いっきり書いてあります。

NAE
NAE

最初から海外サイト含めて調べておけばよかった……

しかし、使えないからといって文句は言えない

ただ、GoogleファミリーリンクがAmazon Fireタブレットで使えないことに文句を言ってはいけません。というか、言える立場にありません。

なぜなら、そもそもGoogleファミリーリンクはGoogle Play導入が必須であり、Google Play導入はAmazon Fireタブレットの動作保証対象外なので、なにが起きても自己責任だからです。

Amazon Fireタブレットで子供の利用時間をコントロールするには

素直に、Amazon Fireタブレット備え付けの「子供用プロフィール」「Free Time」「ペアレンタルコントロール」機能を使いましょう。

参考 Amazon.co.jp: 子ども用プロフィールの設定について: Amazonデバイス・アクセサリ

ただしこの機能でコントロールできるのは、

  • プリインアプリ
  • Amazonアプリストアからダウンロードしたアプリ
  • Amazonで購入したコンテンツ(Kindle本、ビデオ、ミュージック等)

のみ。Google Playでダウンロードした各種アプリは、一切コントロールができません。動作保証対象外なので当たり前です。

Google Playでダウンロードしたアプリが実際どうなるかというと

  • 親用のプロフィールでのログイン時しか表示されない(子供用プロフィールに表示させられない)
  • 親用プロフィールでは、ベッドタイムや1日のタイムリミットが設定できない
  • 結果、子供にアプリを使わせる=親のプロフィールで使う=時間制限なしに使えてしまう

となります。

ちなみに、購入や決済に至る部分はプロフィールによらず「設定」からパスワードロックがかけられるので、お金の面は心配無用です。

が、時間制限が一切できないのは正直キツいでしょう。

まとめ:素直にGoogle PlayプリインのAndroidタブを買おう

「Fire OSはAndroidベースだし、Googleファミリーリンクもいけるだろう」と思い込んでいた自分が浅はかでした。まさかOSの深いところで競合を起こすなんて……。

間違えても、Amazon FireタブレットでGoogleファミリーリンクを使おうとしてはいけません。ぼくのように、5〜6時間という貴重な人生の一部を台無しにしないでください。

どうしてもGoogleファミリーリンクにこだわるなら、Google PlayがプリインされているAndroidタブレットを買いましょう。

以上「Amazon FireタブレットでGoogleファミリーリンクを使う方法(は、ありません)」でした。

タイトルとURLをコピーしました