【開催中】Amazonタイムセール祭りのおすすめガジェット情報を随時更新しています。詳しくはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

過去のレビュー記事一覧はこちら

英語キーボードでの日英入力切替が3倍捗るWindowsアプリが超便利

日本語入力と英語入力をワンタッチで切替

英語キーボードで日本語・英語入力を切り換えるショートカット「Alt + `」は、ホームポジションから手が離れるため不便です。

そこでワンタッチで切り替えできる方法を探してみたところ、「alt-ime-ahk」というアプリにたどり着きました。

参考 WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った | karakaram-blog

これのおかげで、英語キーボードでの物書きが超捗るようになったので、おすすめです。

スポンサーリンク

alt-ime-ahkでできること

  • 左Altで英語入力へ切替
  • 右Altで日本語入力へ切替

というショートカットが使えるようになります。これだけです。

「Alt + tab」など、Alt系ショートカットも引き続き使えます。

alt-ime-ahkの魅力

機能はシンプルですが、使ってみると便利さがわかります。

ホームポジションをキープできる

左右の親指だけで日英切替ができるので、ホームポジションから手を動かす必要がありません。

日英切替から文字入力にとりかかるまでのタイムラグが最小になります。

今の入力モードを気にしなくて良い

「今は日本語入力だから切替すれば英語になるな」が「日本語入力したいから右Altを押そう」になります。

今の入力モードを意識しなくていいのは、地味に効率に効きます。

インストール不要、かつ軽い

alt-ime-ahkのメモリ使用量

インストールが不要で、レジストリを汚しません。

使うメモリ量はたったの0.5MB程度と軽量のため、他のアプリの動作を邪魔しません。

物書きのストレスが減り、スピードが上がった

昨日alt-ime-ahkを見つけて導入してから、物書きが楽しくなりました。

ぼくは外資系企業で働いていて、メールなど日本語文章の中でも社内用語は英語で書くため、日英切替をよく使うんです。

日英切替がストレスなくできるだけでも、かなりのストレス軽減&スピードアップになっています。

まとめ:英語キーボード使いにおすすめ

alt-ime-ahkは、Windowsで英語キーボードを使っている人は絶対にインストールすべき逸品です。

体感ですが、物書きが3倍くらい捗るような気分になります。

インストールは下記記事からどうぞ。

参考 WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った | karakaram-blog

 

コメント