NaeNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NaeNote

気楽に生きたい外資コンサルのブログ

ドリームボードが夢を叶えさせてくれる、超シンプルな3つの理由

ライフスタイル ライフスタイル-考え方
このくらいシェアされています
スポンサーリンク
【おトク情報】 12月12日(月)まで!Amazonが本気の割引セール「CYBER MONDAY SALE」を開催中。会場はこちら!

http://i61.tinypic.com/2cmotpf.jpg

画像出典:Cosmic Mind 168

こんにちは、NAEです。

ドリームボードというものをご存知ですか?

自分の夢を描いたボードを作り、毎日目にする場所に貼ることを通じて夢を叶えようというものです。

作って貼っておくだけで夢が叶うなんて調子がよすぎて怪しいねえ!

・・・と思うかもしれません。

しかし、ドリームボードが夢を叶えられるのには、ちゃんとした理由があります。

今回はそんなお話。

ドリームボードとはなにか

ドリームボードとは、コルクボードや模造紙などに自分の夢をあらわす絵を貼ったコラージュです。ビジョンボードとも呼ばれています。

雑誌の切り抜きや印刷した画像など、なんでもいいので自分の夢を具現化している人やものをひたすら貼りつけていきます。

ドリームボードの事例や作り方については、以下のサイトに詳しく解説されています。

参考:潜在意識に働きかけて夢を叶えるドリームボードを作ろう | 生きづらい。それでも生きていく

なんとドリームボード財団なるものも存在するそうです。

ドリームボードが夢を叶えさせる理由

そんなドリームボードが夢を叶えさせてくれると言われているのには理由があります。

一言で言えばなりたい自分になるための行動を引き起こすということです。

ドリームボードは夢を超具体化する

「あなたの夢はなんですか?」

と聞かれたときに、あなたはどう答えますか?


なんとなく頭で思い浮かべたものをエイヤっと言葉にして答えると思います。

たとえば「サッカー選手になりたい」みたいな。

でもこれ、ものすごく抽象的なんです。いざ言葉で具体化しようとすると、それが結構難しい。

  • どんな生活をしていますか?
  • 普段着ているものは?
  • 朝起きてまず何をする?
  • まわりからどう思われていますか?

などなど、個別具体的に思い浮かべようとしたら意外と答えに詰まってしまうもの。


そこで、絵や写真などビジュアルの力を借りて一気に具体化してしまうのがドリームボードです。

頭を使ってゼロから思い浮かべるより、絵や写真を元ネタにイマジネーションを広げるほうがはるかに簡単で、夢を叶えた自分の姿が具体化されやすい。

なりたい自分を具体的に思い浮かべられるか

これができるできないで、夢が叶う確率は大きく変わってきます。

なぜならば、行動なしに夢が叶うことはありえないからです。

目指す姿が具体的に思い浮かんでればいるほど、具体的な行動に落ちやすいと思いませんか?

先ほどの例で言えば・・・

どんな生活をしていますか?
→ 広い部屋に住んでいる
→ 物件探しをはじめよう

普段着ているものは?
→ 特売の安い服じゃない
→ あこがれのブランドの服を買ってみよう

朝起きてまず何をする?
→ 朝日を浴びて背伸びをする
→ 二度寝はやめてすぐ起きよう

まわりからどう思われていますか?
→ 明るくて自信のある人
→ もっと声も胸も張ってみよう

少しだけですけど、夢に一歩近づいた気がしますよね。

これが具体的にイメージする力です。

参考:本気で願い事を叶えたい?であれば自分が即行動できるような願い方をしよう - NaeNote

ドリームボードはパッと見で夢を再確認させる

夢が叶った自分の姿を再確認する、つまりゴールを意識づける機会を増やすことは夢を叶えるための良い手段です

夢を叶えるまでにはくつものハードルがあることでしょう。目の前の課題をやっつけるモチベーションを保つべく、きっと何度も何度も将来の自分の姿を再確認することになると思います。

さて、夢を見返すとき、夢の内容が言葉で書いているとどうなるでしょうか。1回1回言葉を理解し、頭の中でイマジネーションに変換するというプロセスが発生しますよね。

このオーバーヘッドが意外とバカにならないんです。面倒なことはそれだけでやりたくなくなるもの。イマジネーションに変換するどころか、確認そのものが億劫になってしまう可能性があります。


一方、ドリームボードでは言葉より絵や写真をたくさん使います。ボードを見た瞬間に自分のなりたい将来像がパッと頭に入ってくるんですね。

言葉を読み返すよりもはるかに早い。そのため夢を再確認する機会が増え、行動するためのモチベーションを保てるため、叶う確率が上がる、というわけです。

ドリームボードは想定外のチャンスを掴ませる

最後の理由は、想定外のチャンスを掴めるという点です。

夢を叶える=目標達成となると、よくやるのは

  • ゴールを設定し
  • アプローチを決めて
  • スケジュールに落とし
  • 日々の行動計画やTo Doまで細分化し
  • ひたすらそれをこなす

というアプローチ。


でも、これには2つの大きなリスクがあります。

そしてドリームボードには、それらを解消する力があるのです。

行動そのものが目的化されるリスク

1つ目は行動そのものが目的化されるリスク

ぼくも一度ハマりました。行動そのものが目的になってしまって、そもそも達成したかったことがかなわなかった。

こちらに失敗談をまとめています。

参考:トイレでは真ん中の便器を使いなさい - アドバイスの真意を汲み取ることの重要性 - NaeNote


ドリームボードは具体的な行動をイメージする助けにはなりますが、あくまで将来像にフォーカスしています。

行動ではなく、なりたい自分になることが目的である。そう思い出させてくれるのです。

想定外のチャンスを逃すリスク

2つ目は想定外のチャンスを逃すリスク

To Doをこなすのに注力するあまり夢に対する意識づけが薄くなってしまうと、いざ想定外のチャンスが訪れた時にパッと飛びつくことが難しくなります。

自分の決めたことがすべて、それさえやっていれば夢は叶うのだ。そう決めてかかってしまう可能性があるということです。

想定外のチャンスは夢を叶える近道になりえます。前髪しか無い幸福の神様を逃がしてしまうのは哀しいですよね。


一方ドリームボードでは、ドリームボードを作り、見直す過程において夢を叶えた自分の姿が潜在意識や価値観レベルで叩きこまれます

価値観が変われば行動は変わる。チャンスが訪れたとき、夢に近づく選択を自然と選ぶことができるようになるのです。

無心にモノをこなすと同時に、ジャンプアップの機会も一緒に狙える体制ができる、というわけです。

いわゆる「引き寄せの法則」にもつながっているんですね。

まとめ:ドリームボードを作ってみませんか

というわけで、ドリームボードで夢が叶う理由をひもといてみました。

ドリームボードは夢を超具体化し、簡単に再確認する環境を与え、潜在意識や価値観に染み込ませることで日々の行動を変える。

もし叶えたい夢があるなら、作ってみて損はないと思いますよ。

関連記事

スポンサーリンク