混雑時間帯はPC禁止なスタバでも堂々とPCを使える方法

スタバでPC

土日ってスタバめっちゃ混みますよね。だいたい満席です。

それを見越して近所の人気のスタバでは土日は12:00〜17:00までPCや勉強での利用は禁止なんて看板が出ています。

ですが今日そのスタバで、混雑時間帯に堂々とPC作業してきました。

なんて迷惑なやつだ!と思ったあなたは少し落ち着いてください。

ぼくは誰にも迷惑をかけていないんですから。

なぜスタバでは混雑時間帯のPCや勉強を禁止しているのか?

そもそも混雑時間帯にPCや勉強を禁止する意図は、多くのお客様にコーヒーを楽しんでもらうためという説明がなされています。

空調の効いた快適な店内でスターバックス品質のおいしいコーヒーを飲むひととき。そういう体験を一人でも多くのお客様にしていただきたい。

そのため特にお客様の集中する土日の混雑時間帯は、一人で何時間も席を占領するノマドワーカー的PC作業奴や参考書広げて勉強奴はご勘弁願いたい。

これが混雑時間帯にPCや勉強を禁止する意図でしょう。

要は回転率を上げたいってことです。

座席毎に標準的な回転率は異なる

すなわち重要なのは「座席の回転率」です。

回転率とは、1日を通してその座席に何人のお客さんが座ったかという指標です。店舗の売上に大きく影響するため、非常に重要な数字とされています。

回転率は多くの場合、店の座席数と1日の客数(グループ数)をもとに割り出すのですが、座席ごとに細かく見てみると実は座席の場所によって標準的な回転率が大きく異なります

たとえばランチメインの飲食店の場合、一人客が多いカウンター席は回転率が高くなる傾向にありますし、逆にグループ客がメインのテーブル席は回転率は低めに出るものです。

座席の「人気度」も回転率に影響する

一方、スタバのような自分で席を選ぶタイプの飲食店では、座席の「人気度」が座席毎の回転率に大きな影響を及ぼします。

入り口の近くで客の出入りが激しい席と、奥にあるゆったりしたソファー席。あなたはどちらに座りたいですか?

明らかに後者ですよね。快適に過ごせるんですから。

このように、人気の席ほど早く埋まっていきます。すると客数の母数が増えるので、自然と回転率がよくなるんですね。

逆に不人気の席はそもそも客が座りたがらないため席が埋まりにくく、回転率は悪くなります。

回転率を上げるにはどうすればいいか?

そのため、店舗の座席回転率を上げるには次の2点が施策として有効なのですが・・・

  1. 人気の席の客に早く帰ってもらう
  2. 不人気の席に客を誘導する

ではここで問題です。スタバように客が席を選ぶタイプの店の場合、店舗全体としての座席の回転率を上げるにはどうすればいいでしょうか?

1「.人気の席の客に早く帰ってもらう」しかないですよね。そもそも客が席を選ぶので「2.不人気の席に客を誘導する」はできないんですから。

もしかしたら「3.不人気の席に座った客に早く帰ってもらう」という選択肢もあるかもしれませんが、施策として現実的ではないですし、顧客体験としても最悪でしょう。

つまり、不人気の席は客にとっても店にとっても「問題児」なわけです。

スポンサーリンク

PC、勉強禁止のスタバで堂々とPCを広げる方法

ここまでくればもう答えは簡単ですね。

PCや勉強禁止の混雑時間帯のスタバで、誰にも迷惑をかけず堂々とPC作業をする方法は「不人気の席に座ること」です。

誰も座りたがらない、かつ店にとっても「はよ帰れ」するメリットがない。そんな席なら混雑時間帯にPC作業をしても誰も文句を言わないでしょう。

わかりやすい例がテラス席です。空調は効いていない、BGMは聞こえない、通行人からは丸見え。なんなら電源もありません。

暑い季節は汗をかきつつ、いつのまにかホットになったアイスコーヒーで水分補給をしつつPCに向かえばいい。

寒い季節なら上着を着込み、手袋をはめ、風邪を引くリスクと戦いながら「この気温ならMacBookの放熱も気にならないな」とか思いながら黙々と作業すればいいんです。

雨や雪の日ならテラス席は絶対に空いています。自慢の防水PCの実力を見せつけるいいチャンスでしょう。

・・・で、本当にそこまでしてでもカフェ作業します?

今日最高気温32度だったんですけど、テラス席でPC広げて作業してたらクッソ暑くて死にそうでしたよ。

もちろんテラス席にはぼく以外誰も座ってませんでしたし、店員さんもだって一瞬たりとも来ませんでした。

ね、ほら迷惑かけてないでしょ?

スポンサーリンク

まとめ:ルールは守る。責任は取る。体調には気をつける

以上、混雑時間帯の土日のスタバで誰にも迷惑がかからないようPC作業してみたら暑くて死にそうだったというお話でした。

店に入る以上、店のルールは守るべきです。もし「そもそも論」でルールの目的や解釈にさかのぼるなら、その決断の責任は自分で取るべきです。

ぼくのようにそれで若干体調を崩すことになったとしても、それは自分が悪いんですから。

・・・今度からはいつも空いてる&電源も使える&爆速フリーWiFiも完備な、少し遠くのマクドナルドにでも行こうと思います。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

ブログで言えない話はTwitterにて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントお待ちしてます

おすすめ記事

こんな記事も読まれています

スポンサーリンク
スポンサーリンク