naenote.netへようこそ

ガジェット大好きコンサルの運営する
レビューブログです

レビュー記事一覧

WordPressを無料お試しする方法まとめ。調べるより実物を触ろう

「WordPressに興味あるけど、使い勝手とかイメージしづらい……」

という疑問を解消したければ、実際にWordPressを触ってみるのが一番です

そこで今回は、WordPressを無料でお試しする方法をまとめて紹介します。

先に結論をお伝えすると、一番のおすすめはエックスサーバーのお試しプログラムを使うこと。

使いやすさ、性能、そして実績も圧倒的。もちろん、このブログもエックスサーバーを使っています。

WordPressには2つの種類がある

ひとことでWordPressといっても、「サービス型」と「インストール型」の2種類があります。

1. サービス型

サービス型とは、「はてなブログ」や「アメーバブログ」と同じような、WordPressベースのブログサービスです。

「WordPress.com」というサイト(英語)に登録すると使えます。

参考 WordPress.com: Create a free website or blog

が、この方法にはものすごいデメリットがあります。

WordPressの本当におもしろい部分である「テーマ」や「プラグイン」に一切触れないんです。

全てデフォルト状態のWordPressをとりあえず使うぶんには十分ですが、WordPressの本来の魅力に少しでも触れたいなら「サービス型WordPressを選ぶべきではありません

2. インストール型(おすすめ)

インストール型とは、自分で準備した環境にWordPressをインストールして使う形を指します。

WordPress本来の機能をフルに使えるので、お試しするならインストール型を選びましょう

「環境?インストール?ちょっと難しそう……」と思うかもしれませんが、大丈夫です。ポチポチクリックするだけでカンタンにインストールできます。詳しくは後ほど解説します。

インストール型のWordPressを無料お試しする3つの方法

では、「インストール型」のWordPressを無料で試すにはどうすればいいのでしょうか。

方法は3つあります。

1. 自分のパソコンにインストールする

InstantWP」を使って、自分のパソコンにWordPressをインストールできます。

詳しい手順は次の記事にまとまっています。

参考 新しくなったWordPressローカル環境、InstantWPのインストール方法と使い方。

ただし気をつけなければならないのが、この方法はWordPressをヘビーにカスタマイズする人向けという点。

WordPressの中身の構造(Webサーバー、MySQL、PHPなど)がある程度わかっている前提なので、正直初心者向けではありません

2.クラウド開発環境を利用する

クラウド開発環境である「Cloud9」には、WordPressが使える環境を自動で立ち上げる機能があります。

詳しい手順は下記の記事にまとまっています。

参考 簡単数分!Cloud9でクラウド上にWordpressテスト環境を作成する方法

一応無料でお試しできる方法ではありますが、WordPressに関連するプログラム開発を行うエンジニア向けなので、初心者にはおすすめできません。

なんせWordPressを起動する方法が「IDE起動後にRun Projectし、コンソールのログに吐かれたURLをクリック」なんですから……

3. レンタルサーバーの無料お試しを使う(おすすめ)

そこでWordPress初心者に一番おすすめなのが、レンタルサーバーの無料お試しプログラムです。

おすすめな理由は3つあります。

1)WordPressのインストールが超簡単

エックスサーバーのWordPress自動インストール画面

エックスサーバーのWordPress自動インストール画面

レンタルサーバーにはだいたい「WordPress自動インストール」機能がついています。

ガイドに従ってポチポチクリックしていけば、ものの数分でインストールが完了し、すぐWordPressが使えるようになります。

2)ヘルプ、手順、解説が充実している

レンタルサーバーには、ヘルプや手順、解説が非常に充実しています。

なぜなら業者の使命は、自分のサービスを多くの人に使ってもらうことだから。

多くの人をカバーするには、「サーバーって何?」というレベルの初心者もターゲットに入れなければなりません。

そのため初心者でも一発で理解できる解説やヘルプが必要で、なので業者側もヘルプコンテンツを充実させているんです。

こういう背景から、レンタルサーバーは他の方法と比べ、わかりやすい情報が手に入りやすいのです。

3)本格運用と同じ環境が使える

事実上、「WordPressを本格的に使う=レンタルサーバーでWordPressを動かす」です。

なら初めからレンタルサーバーでお試ししておいて、感じをつかんでおくほうがトータルで早いでしょう。

無料お試しできる、おすすめレンタルサーバー

では、どのレンタルサーバーを選ぶべきなのでしょうか?

実はひとことでレンタルサーバーといっても、ざっと数えても20以上の業者があります。

そこで今回は、

  • 性能や使いやすさに定評がある
  • サポートコンテンツが充実している
  • 実際に使ってみて感触がよかった

といった点から、「無料お試しの時点で触っておいて損しない」と自信を持っておすすめできるレンタルサーバーを3つ、紹介します。

エックスサーバー

エックスサーバーは、 数多くのブログに支持されている、レンタルサーバー界のデファクトスタンダードです。

サーバー性能は文句なし。管理コンソールは使いやすい。そして機能アップデートも積極的に行っています。(例:HTTP/2やnginxの導入など)

そして、多くの人が使っているからこそ「何かあったときはググればだいたい解決策が出てくる」ことが何よりの強みです。

無料お試し期間:10日間

公式 エックスサーバー

mixhost

MixHostは、最新の技術を積極的に取り入れたレンタルサーバーです。

  • 従来のApacheやnginxより高速なLitespeedを採用
  • 日本で初めてHTTP/2+QUICという最新プロトコルを導入
  • 独自のキャッシュプラグインでさらなる高速化

後発組だからこそ、超前のめりに先進技術を採用できるんですね。

もちろんサポートコンテンツも充実しています。

無料お試し期間:10日間

公式 MixHost

wpX

wpXは、WordPressに最適化したレンタルサーバーです。

運営会社であるエックスサーバーが、圧倒的なWordPressサイト運用実績に基づき、独自の最適化の仕組みをふんだんに組み込んでいることが特徴。

そのかわりWordPressしか使えないという制限がありますが、WordPress以外を使わない前提なら選択肢に入れるべきサービスです。

無料お試し期間:14日間

公式 wpX

まとめ:ぼくはエックスサーバーを選びました

以上、WordPressを無料でお試しする方法のご紹介でした。

紹介した方法のなかで、ぼくが選んだ&1年半以上使い続けているのはエックスサーバーです。

  • これまで目立ったトラブルが一度もない
  • メンテナンスなどの連絡もこまめで信頼できる
  • いちばん安いX10プランでもリアルタイム1000人は余裕
  • セキュリティまわりがしっかりしている

サーバーのことを気にしなくていいぶん、WordPressそのものや記事執筆に集中できて快適です。

長い目で見ると、きっと行き着く先のサーバーだと思うので、無料お試しの段階から慣れておいて損はないと思います。

コメント

  1. とくめい より:

    わざわざレン鯖借りなくてもローカルで試せばいいのでは

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク