【まとめ】2018年買ってよかったガジェット13選

【レビュー】Tough Lineは本当にタフなのか?耐久性を検証してみた

4
Tough Line USB-C Lightning PD対応充電ケーブルモバイルバッテリー・充電器

提供:株式会社CIO

Makuakeで目標金額の942%もの資金を集めて大サクセスしたMFi認証&PD対応のUSB-C〜Lightningケーブル「Tough Line」を入手しました。

「タフ」という名前のとおり耐久性がウリですが、本当にタフなのか?が気になったので、検証してみました。

「純正Lightningケーブルが断線しやすくて辛い……」という人はぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

Tough Lineの耐久性レビュー

Tough Lineの全体像
Tough Line 1m ブラックの全体像

今回使うのは1mの黒。ほかに50cmと2m、白黒のカラバリがあります。

では確認していきましょう。

いかに耐久性を高めているか?デザインを確認

Tough Lineの端子部分アップ
端子部分にCIOのロゴと耐衝撃の加工あり

端子近くの一番断線しやすい部分に「断線防止ロングブッシュ加工」が施されています。

ようは硬めの樹脂による補強に、可動性を保つための切り込みを入れたものです。

この補強部分がグニュッと曲がって圧を吸収するのでしょう。

NAE
NAE

と思うじゃないですか

Tough Lineの端子部分をグニュッと曲げてみた様子
補強部分は結構硬い

補強部分は結構固くてあまり曲がりません。むしろその先のケーブル部分がグニャっと……

嫌な予感がしました。ケーブル類は一番動く部分が一番壊れやすいからです。

NAE
NAE

大丈夫なのか?

実際の耐久力を検証

そこで実験です。

1,000回くらい、思いっきり折り曲げてみました。

こんな感じ↓

Tough Lineの耐久性を検証。ひたすら折り曲げ続けてみた
オラオラいじめてみました

途中で親指が疲れたので、両指ででつまんで「いーとーまきまき」的にグリグリ回しまくりました。

結果は……

Tough Lineを1,000回折り曲げた前後の比較写真
左:グリグリ後
右:グリグリ前

左のグリグリしたケーブルには少しばかりクネクネしています。曲げたんだからこれはしかたありません。

拡大してみると……

1000回グリグリ折り曲げたあとのTough Lineの端子部拡大写真
一切のヒビなし

ヒビ割れどころか、断線する様子がまったくありません。

NAE
NAE

強い……

というのも、そもそもTough Lineは10,000回の折り曲げテストに合格しています。

また補強部分のみでなく、ケーブル本体部分もシールド加工や防護メッシュによる高い耐久力を備えています。

つまり1,000回や2,000回の「いーとーまきまき」じゃビクともしなくてあたりまえ、ということです。

ちなみに純正Lightningケーブルは……

比較のため、同じ回数の「いーとーまきまき」を手持ちのApple純正Lightningケーブルに施してみました。

すると……

純正Lightningケーブルを1000回グリグリ曲げたあとの端子部分写真
1,000回のグリグリでシワシワになったLightningケーブル

めちゃくちゃひしゃげました。

シワどころの騷ぎではありません。

拡大してみますと……

純正Lightningケーブルを1000回グリグリ曲げたあとの端子部分はいまにも毛羽立って破れそう
ケーブルカバーが崩れ始めている

ケーブル表面のカバーがケバだって、いまにも崩れてしまいそうです。

NAE
NAE

弱い……

というわけで……

結論

Tough Lineは、純正Lightningケーブルの何倍もタフだった

参考:同等のUSB-C〜Ligntningケーブルとの比較

参考までに、「MFi認証取得済、PD対応、約1m」という条件を満たす同等品を比べてみました。

アイテム名折り曲げテスト値段参考リンク
Tough Line (1m)10,000回クリア1,680円Amazon
Anker PowerLine II (0.9m)12,000回クリア1,599円Amazon
Apple純正 (1m)情報なし1,800円Apple公式

AnkerのPowerLine IIがいい勝負してます。

差額は80円。そこに長さ10cmと折り曲げテスト回数2,000回の差が詰まっています。

なお折り曲げテスト回数は、そもそもテスト方法が同じかわからない以上、単純な数字比較は危険。

あくまで「両方10,000回くらいは耐えられるのね」くらいの解釈が妥当です。

つまりAnker Power Line IIとTough Lineは実質同等なので、Anker好きな人はAnkerを、タフさ重視ならTough Lineを選べばOKと言えそうです。

Tough Lineこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • 充電しながら寝スマホする人
  • ケーブルを結んだままPC/MacにiPhoneをつなぐ人
  • 新しいもの好きな人

横向き寝で寝スマホ。身体を反対に向けるとケーブルがグイッと引っ張られれて断線。

結んだケーブルをほどかないままPC/MacにつないだiPhone。通知がきたのでiPhoneをグッと持ち上げるとケーブルがグイッと引っ張られて断線。

このような、充電しながらスマホを使う&あちこちに動かす的な使い方をする人ほど、ケーブルが断線しやすいので、丈夫さがウリのTough Lineを選ぶと良いでしょう。

またAnkerのような安牌でなく、新しいものを使ってみたいチャレンジャーにもおすすめです。

まとめ:選択肢に入れて損しない

Makuakeで盛大にサクセスしたTough Line。

検証の結果「タフの名に偽りなし」なアイテムだとわかりました。

PD対応のUSB-C〜Lightningケーブルはいくつも出回っていますが、きちんとMFi認証を取得している&頑丈で長続きしそうなものという意味で、選択肢に入れて損はありません。

純正Lightingケーブルが断線して困っているそこのあなた、いかがですか? けっこう強くて良い子ですよ、Tough Line。

以上「Tough Lineは本当にタフなのか?耐久性を検証してみた」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました