Surface Pro 6のOfficeなしモデルを日本で入手する方法を調べてみた

Surface Pro 6海外ガジェット

Surface Pro 6はほしいけど、付属のOfficeはいらない。

もうOffice 365のサブスクリプションを持ってるから、買い切りライセンスなんてもらても困る……

 

という方のために、Surface Pro 6のOfficeなし版を買う方法を探ってみました。

正直、「Officeなしだからそのぶん安く」とはなりません。しかし余計なものが手元にあること自体が気持ち悪い・許せない方の参考にはなるかと思います。

入手ルート1:日本の法人向けモデルを買う

Surface Pro 6の日本法人向けモデル(黒)

日本の法人向けモデルはOfficeなし

Surface Pro 6の法人向けラインはOfficeが含まれていません。

厳密には、Office 365のソフトウェアは付属されますが、未認証=課金なしの状態です。

すでにOffice 365のライセンスを買っている企業向けの配慮でしょう。

価格は非公開(要リセラー問い合わせ)ですが、おそらく個人向けSurface Pro 6より単価は安いはず。

この法人向けモデルをなんとかして入手するが1つめのルートです。

参考 軽量のビジネス向けノート PC – Surface Pro 6 – Microsoft

ただし個人では入手困難……

しかし、そもそも法人向けモデルを個人が入手するには、

  • 法人として買う
    • 支給PCをSurface Pro 6にする
    • 法人を設立する
  • リース流れを待つ

くらいしかできません。

「支給PCをSurface Pro 6にする」なんて、オーナー社長の役員レベルしかできない荒業です。

「法人を設立する」といっても、Surface Pro 6のだめだけに法人設立はどう考えても投資対効果が見合いません。
法人成りを検討しているフリーランス・個人事業主しかとりえない方法でしょう。

一方、個人事業主であれば、個人事業主でも法人向けモデルのSurfaceを買うTipsがあるそう。
個人事業主の方は試してみる価値はあるかもしれませんが、開業届を出していない大多数の人には取れない手段です。

リース流れとなると、3年使い込んだSurface Pro 6を3年後に手に入れるという感じ。ありえません。
仮に早く流れてきたとしても、会社で買ったものを無断で流している可能性が高く、気持ちよく買えるわけではないでしょう。

結論、法人向けモデルを個人が今すぐ気軽に買うのは困難です。

入手ルート2:US版を個人輸入する

アメリカAmazonの個人向けSurface Pro 6

海外の個人向けモデルはOfficeなし

アメリカのAmazonで899ドル〜で買える個人向けSurface Pro 6は、Officeが付属しません。

これを直接買う=個人輸入するのが、2つめのルートです。

参考 Amazon.com: Microsoft Surface Pro 6

アメリカAmazonから個人輸入する方法

amazon.comのSurface Pro 6は日本発送NG

アメリカのAmazonではSurface Pro 6は日本配送NGになっているので、業者を経由して個人輸入します。

業者には2種類あります。

  • 転送サービス
  • 個人輸入代行

転送サービス

輸入慣れした人向け。手間はかかるが、手数料が安くおさえられます。

おすすめ業者はPlanet Expressです。使い方は下記記事で解説しています。

Planet Expressを使ってみた。使い方をわかりやすく解説します

「Planet Express」は、スピード・サービス品質・値段の3つを自由に組み替えてバランスできる新しい転送サービス。WebサイトのUI/UXも優れており、「また使いたい」を思えるサービスでした。

個人輸入代行

個人輸入初心者向け。手数料は高くなるものの、プロが全部代行してくれるので安心です。

おすすめ業者はEdfa3ly(エドファリー)です。使い方は下記記事で解説しています。

Edfa3ly(エドファリー)でアメリカAmazonの商品を個人輸入する方法
個人輸入代行サービスEdfa3ly(エドファリー)でamazon.com商品を購入する手順をまとめました。とても簡単です。

まとめ:Surface Pro 6のOfficeなし版は個人輸入で買おう

Surface Pro 6のOfficeなし版を買うには、個人輸入一択という結論となりました。

思えば、Surface Goのときもそうでした。日本だとOfficeが付属してないと文句を言う人が多そうだから、という理由でOfficeなし版が出されなかったんです。

しかしOfficeのサブスクリプションを持っている人にとって、抱き合わせでついてくる買い切りOfficeは無用の長物。

Microsoftがそういうビジネス判断をするなら、ぼくたちは個人輸入するという判断をするのみ、です。

以上、「Surface Pro 6 Officeなしモデルの購入方法をできる限り考えてみた」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました