【1,000ポイント無料配布中】Amazonギフト券に現金チャージ+初回購入で。詳しくはこちら
naenote.netへようこそ

naenote.netは、「捗る」がテーマのガジェット×テック系情報ブログです

シンプル・ミニマル・スピーディーがモットーの管理人が
「これは!」と感じた情報を厳選してお届けします

Surface Go Officeなしモデルの入手ルートと購入方法をまとめてみた

Surface Goの日本向け版は、買い切り版のOfficeが付属するせいで64,800円~というかなり高い値段設定となりました。

いやいやいやいや、別にOfficeなしでいいんで安くなりませんかね???

……と思ったので、Officeなしモデルを購入する方策を練ってみました。

  • Office 365のサブスクリプションを持っている人
  • 画面10インチ以下なら無料のOffice Mobileで必要十分な人
  • なんでもいいからとにかく安くSurface Goがほしい人

の参考になれば幸いです。

Surface Go Officeなしモデルのでどころ

大きく分けて、2つあります。

  1. 日本の法人向けor教育機関向けモデル
  2. 海外の個人向けOfficeなしモデル

日本の法人向けor教育機関向けモデル

Surface Goの日本向けラインナップは以下の3種類。

  • 一般向け(Windows 10 Home/Office Home & Business 2016付属):64,800円~
  • 法人向け(Windows 10 Pro搭載/Officeなし):52,800円~
  • 教育機関向け:47,800円~

法人向け&教育機関向けは、Officeが付属しないぶん割安です。

特に教育機関向けは、Windows 10のバージョンがProではないせいか、元値の399USDをJPYに換算した値段と遜色ない価格設定になっています。

これら法人向けor教育機関向けのモデルをなんとかして入手するが1つめのルートです。

海外の個人向けOfficeなしモデル

そもそも、アメリカで399USDで売られる個人向けはOfficeが付属しません。

なのでそいつを直接買ってしまう、が2つめのルートです。

1. 日本で法人向けor教育機関向けモデルを入手する方法

個人では買えないので、

  • 法人として入手する
    (会社の経費で買うor法人を設立する)
  • 教育機関として入手する
  • メルカリなどでリース流れを待つ

くらいしかできません。

経費が使える会社員や、科研費が使える研究職であれば、なんとかゴネて法人or教育機関向けモデルを経費落とす……なんて裏技もできそうです。

「法人を設立する」というはなれ業もありますが、現実的「法人成り」を検討しているフリーランス・個人事業主しかとりえない方法でしょう。

一方、個人事業主であれば、個人事業主でも法人向けモデルのSurfaceを買うTipsがあるそう。個人事業主の方は試してみる価値はあるかもしれませんが、開業届を出していない大多数の人には取れない手段です。

リース流れはさすがに入手可能時期が遅すぎます。仮に早く流れてきたとしても、会社や教育機関で買ったものを無断で流している可能性が高いので、気持ちよく買えるわけではないでしょう。

結論、法人向けor教育機関向けモデルを個人が今すぐ気軽に買うのは困難です。

2. 海外からOfficeなしモデルを個人輸入する方法

上記理由から、個人で買うなら現実的には個人輸入一択です。(そのうち日本のAmazonに並行輸入品が出回ると思いますが、転売屋がマージン盛り盛りで高く売ってるだけなので、無視しましょう)

個人輸入する4つの方法と使い分け

ただ一言で個人輸入といっても、いくつか方法があります。

  1. 海外通販サイトで直接買う
  2. 海外の買付人に依頼する
  3. 転送サービスを使う
  4. 個人輸入代行を使う

日本直送してくれるなら「1. 海外通販サイトで直接買う」が一番早いです。ただしショップによるので常に選べる選択肢ではありません。

「2. 海外買付人に依頼する」は要はBUYMAとかですが、条件交渉が面倒なので相当なレアモノでなければ使う意味はあまりないです。

なので現実的には「3. 転送サービス」「4. 個人輸入代行」の2択。諸条件で選び方は変わりますが、結論をざっくり言うと

  • 英語に自信がある → 転送サービス
  • 英語に自信がない → 個人輸入代行

です。

詳しいメリット・デメリットやタイプごとの使い分け方法は過去記事「海外限定アイテムを現地価格で安く買う4つの方法」にまとめています。

個人輸入代行だと英語がいらない理由は、過去記事「個人輸入に英語は不要。英語を一切使わずに海外通販で買い物する方法」をどうぞ。

転送サービスのおすすめ業者と使い方

転送サービスなら名実ともに「スピアネット」一択です。

詳しい使い方はこちら▼
参考  日本へ送れない商品購入時にオススメ!転送サービス「Spearnet(スピアネット)」の使い方をご紹介します。

個人輸入代行のおすすめ業者と使い方

個人輸入代行は業者によって特性が違うんですが、Surface Goの値段帯&重量なら「Edfa3ly(エドファリー)」が最もコスパが良いです。クーポンコード「nae」で割引もつきます。

詳しい使い方はこちら▼
参考 海外ガジェットに最適な個人輸入代行サービスEdfa3lyでPixel 2を購入してみた

個人輸入代行業者の詳しい比較はこちら▼
参考 アメリカからのガジェット輸入におすすめの個人輸入代行業者を比較

アメリカからの個人輸入がおすすめ

早く手に入れるには、アメリカから個人輸入するのが最も確実です。理由は以下。

  • 出荷開始が一番早い(8/6~)
  • 個人輸入の方法が確立されている

もちろん、さきほど紹介した個人輸入サービスもアメリカ対応OKです。

おそらく、公式のMSストアおよびAmazon.comで扱いがあると思いますので、購入される方はチェックしておきましょう。

まとめ:Surface Goを安く買おう

もともと399USD~なのが、日本だけ64,800円~。

USでの発表当日は「さすがMS!価格破壊!」と高評価だったのに、日本発表により一夜にして解散ムードなってしまいました。

日本だとOfficeが付属してないと文句を言う人が多そうだから、というビジネス判断なのはわかります。

けどITリテラシの高い人にとって、抱き合わせ販売でついてくる買い切りOfficeは邪魔者でしかありません。

Surface Go自体はいいモバイルPCだと思います。なのでなんとかOfficeなし版を安く手に入れられるよう、知恵を絞ろうじゃありませんか。

以上、「Surface Go Officeなしモデルの購入方法をできる限り考えてみた」でした。

コメント

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク