naenote.netへようこそ

ガジェット大好きコンサルの運営する
レビューブログです

レビュー記事一覧

Surface Go発表で型落ち化したSurface Pro、Amazonプライムデーの大幅値引きに期待

2018年7月10日、Surface Goが発表されました。

その前日の2018年7月9日、Amazonプライムデー2018の特設ページにて、Surface Proがタイムセール品として予告されました。

もしかして、後継機種の発表にあわせた型落ち機種の在庫処分でしょうか。

だとしたら、昨年を超える高い割引率が期待できるかもしれません。

Surface Go発表「最も小さくて手頃な価格」

スペック

  • 画面:10インチ
  • 解像度:1,800×1,200px(アスペクト比3:2)
  • 重さ:約521グラム
  • 厚さ:8.3ミリ
  • CPU:第7世代インテル Pentium Gold 4415Y(デュアルコア、1.60 GHz)
  • メモリ:4GB/8GB
  • SSD:64GB/128GB
  • 充電:USB 3.1
  • キックスタンド
  • 4,096段階筆圧感知

画像や動画をゴリゴリ編集するヘビーユーザー向けではなく、ネットやOfficeでの文書作成など、カジュアルユース向けの性能です。(でもぼくの会社PCより高性能)

値段

  • メモリ 4GB、SSD 64GB版:399 USD
  • メモリ 8GB、SSD 128GB版:549 USD
  • キーボードカバとスタイラスペンは別売り:99 USD

安いです。

iPadやChromebookのお株を奪おうとしている価格設定ですね。

正直ほしい

です。

Chromebookを使い続けてきましたが、この価格設定でこのスペックでSurface筐体はそそります。

Chromebook専門家のChrome速報さんをして「Surface Go欲しい」と言わしめてるくらいですし。

日本向け価格は……高い

日本向けの販売開始日と値段が発表されました

  • WiFiモデルは8月28日より。LTEモデルは年内発売予定
  • 一般向け(Windows 10 Home/Office Home & Business 2016付属):64,800円~
  • 法人向け(Windows 10 Pro搭載/Officeなし):52,800円~
  • 教育機関向け:47,800円~

Officeが付属する影響で、一般向けが極めて高い値段設定となりました。

どうにかOfficeなし版が手に入らないか考えてみたんですが、やはり素の399ドル版を海外のMS StoreやAmazonから個人輸入して買うのが現実解でした……

海外ガジェット個人輸入のやり方▼

参考 海外ガジェットに最適な個人輸入代行サービスEdfa3ly(エドファリー)でPixel 2を購入してみた

Surface ProがAmazonプライムデーに登場

あーあ……と思っていたら、Surface Go発表のほぼ同日、気にある動きがAmazonプライムデーにありました。

Surface Proがプライムデーのタイムセール品チラ見せページに追加されたのです。

Surface Pro 3点セット

それがこちらの3点セット▼


価格帯は18万円くらい。Surface Goよりはるかに高いものの、

  • 画面:12.3インチ
  • CPU:i5
  • 重さ:770g
  • キーボードカバー、スタイラスペン付属
  • Office Home and Business 2016付属

など、ちょっとばかり重装備なので、単純に値段だけを比較すべきではないところ。

プライムデーでの割引率実績は25〜30%

一方、Amazonプライムデーの過去のSurface割引率実績は25〜30%。

型番は違えど、同じくらいの割引率は最低限キープするでしょう。

型落ち化による価格下落で割引率もアップ?

しかし、新製品の発表につきものなのが型落ち機種の値下がりです。

家電やPCなど電化製品では「型落ちモデルが狙い目」とよく言われます。

在庫を処分したいがために、価格を下げて売りさばくんです。

同じように、新型のSurface Go発表により型落ち化する「Surface Pro」も、売りさばかれる運命にあります。

しかもAmazonプライムデーという大イベントというおまけつき。もしかしたら、セールにかこつけて一気に売りさばく計画の可能性もあります。

だとすると、過去実績の30%を超える大幅値引きが期待できるかもしれません。

まとめ:Surface Proは「ほしいものリスト」に入れておこう

Surface Goは魅力的な機種ですが、カジュアルユース向けの性能です。

デザインや動画編集など重い使い方をする人は、Surface Proのほうがマッチするでしょう。

もし狙っているのなら、今のうちに「ほしいものリスト」に入れておきましょう。セール開始時にAmazonアプリから通知が受け取れます。

以上、「Surface Go発表で型落ち化したSurface Pro、Amazonプライムデーの大幅値引きに期待」という話題でした。

その他のおすすめガジェット、まとめてます▼
関連記事 Amazonプライムデーセールの注目ガジェットまとめ

コメント

  1. あ@ より:

    4415yがごみ過ぎて用途がありません。
    小ささで欲しいと思うもののネット見るくらいにしか使えないので
    やはり価格で見たら他のやつの方が魅力的かな

    • NAE NAE より:

      あ@さん
      コメントありがとうございます!
      プロセッサはやはり弱いんですね。
      廉価版なのでしょうがないですが、実際に使い心地はかなり気になりますね……

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク