思考整理の練習に。読んだニュースは「要約してシェア」すべし

サマリしてシェア

読んだニュースをSNSに投稿する際、何も書かずそのままシェアしていませんか?

実はその習慣を少しだけ工夫することで思考整理の練習になるんです。

その工夫とは、シェアする際に内容の要約を付記するというもの。

ぼくも1日試してみたのですが、結構よかったのでおすすめしたいと思います。

SNSシェアに要約をつける、とは?

要約をつけるとは、具体的にはこういうものです。

なえ@IT戦略&マーケ on Twitter
“1.マイクロコピーで迷いをなくす 2〜3.ルールは守破離で身につける 4.残酷なまでに単純化する 5.スピードは正義と知る優れたUXデザイナーになるための身に付けたい5つの行動 - WPJ ”

読んで役に立ったと思った記事を箇条書きか短文で要約し、本文に書いてからシェアするものです。

なぜ要約をつけようと思ったのか

この取り組み、正直面倒です。

そのままURLを貼りつけるなり、思ったことをそのまま書きなぐるほうがはるかに楽でしょう。

実際、ぼく自身これまでRSSフィードを高速大量消費するスタイルでニュースを読んできました。

しかし誰かの記事で「シェアするときには要約つけるとフォロワーさんに優しい」という情報を目にしました。

これは試す価値はあるかも? と、いうことで試してみた次第なのですが・・・

「要約してシェア」をはじめて1日、単にフォロワーさんに優しいというだけでないメリットをさっそく感じています。

思考整理の筋トレになる

要約してからシェアする取り組みは要約の練習に最適です。

要約は思考整理の基礎スキル。言わば筋トレのようなもの。

その練習を日々の行いに組み込み、小さなトレーニングを積み重ねること。

この習慣はいずれ、大きな差になって現れるでしょう。

ちなみに東大の現代文も要約問題だらけだそうですよ。

それだけ重要な技術ってことですね

情報が頭に定着しやすい

シェアする前に要約すると、その情報が頭に定着しやすくなります

単に説明を聞くより、誰かに説明し直すほうが覚えが良いですよね。

要約とは、インプットを咀嚼し、自分の言葉で端的にアウトプットする行いです。

単なる説明し直しより高度なので、より頭を使います。そのぶん記憶に定着しやすいんです。

頭の片隅に残った情報は意外なところで役に立ちます
スポンサーリンク

SNSが自分のネタ帳になる

要約してシェアした投稿は、ゆくゆくは自分のネタ帳になります。

だって、気になったニュースがすぐそこにまとまっているんですから。

実はこれ、仕事でクライアントと雑談する際に重宝するんです。

ぼくはIT戦略コンサルですので、よくテクノロジートレンドの話をクライアントに聞かれます。

そのとき「これは」と思ったニュース記事とそのサマリがすぐ取り出せる場所にあるととても便利なんですよね。

「次に来るテクノロジートレンドってなに?」と聞かれても困りません
スポンサーリンク

まとめ:「要約してシェア」おすすめです

というわけで、気になったニュースは要約してシェアする取り組みをはじめてわかったメリットという話題でした。

ちなみにこの取り組みをはじめてから1日でフォロワーさんが10人増えました。

ツイートに価値を感じていただけているのかな?と思うと嬉しい限りです。

自身のスキルアップと知識の蓄積のため、今後も続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

おすすめ記事

あなたにオススメの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク