naenote.netへようこそ

ガジェット大好きコンサルの運営する
レビューブログです

レビュー記事一覧

【レビュー】SG700 | デュアルカメラでフル機能なのに安い折りたたみ型ドローン

提供:GearBest

海外ガジェットサイトGearBestで最近よく売れているというドローン「Goolsky SG700」をレビューします。

「ドローンでまずやってみたいこと」が一通りできる機能を備えながら、価格は6,000円未満。フル機能を安く試す目的で買う初めてのドローンとしておすすめできる一品でした。

ドローン初心者の方はぜひ手にとってみてください。

SG700の概要、スペック

SG700の外箱写真

  • カメラ:480P / 720P
  • 本体の重さ:150g
  • 飛行時間:8〜9分
  • 値段:5,000〜6,000円(カメラ解像度による)

航空法にひっかからない重さです。

SG700の機能

  • 3段階のスピード切り替え
  • WiFi FPV
  • スマホアプリでの操作
  • ホバリング
  • ヘッドレスモード
  • ワンタッチの離着陸
  • 6軸ジャイロスコープ
  • ワンタッチでの360度宙返り
  • ワンキーリターン

初心者向けドローンの選び方チェックリストに、ほぼ全部マルがつく感じです。

SG700本体レビュー

付属品はかなり充実

SG700の付属品、同梱物

  • ドローン本体(電池取付済)
  • コントローラー
  • プロペラガード
  • 替えのプロペラ4枚(1セット)
  • プロペラガードをつけない場合に入れるパーツ
  • メンテ用プラスドライバー
  • 充電用USB-A〜Micro USBケーブル

一通りそろっている感じです。

他に英語と中国語で書かれた取扱説明書がありました(写真割愛)。

本体もリモコンも折りたたみ式

SG700をiPhone6と並べてみたところ

本体は折りたたんだ状態で17 × 14.5 × 6cm。iPhone 6と比べるとこんな感じ。

スルッとリュックに忍び込ませられる大きさで、とてもコンパクトです。

 

SG700の折りたたみを開いてプロペラガードをつけたところ

本体を開いてプロペラガードをつけてみました。

折りたたまれた状態と比べると、縦横2倍くらいの大きさになるので、かなり存在感が出ます。

 

SG700のコントローラを開いたところ

コントローラーはアンテナとグリップを開いて使います。右のグリップを下に開くとスイッチオン。

左右のスティック以外のボタン構成は、以下の通り。

  • ワンタッチ離着陸
  • 緊急停止
  • 写真撮影
  • 録画開始・停止
  • スピード切り替え
  • ワンタッチリターン
  • ヘッドレスモード切り替え
  • 360度宙返り

ドローン初心者がよく使う機能に一発でアクセスできるよう設計されていて、優しさを感じます。

本体の詳細レビュー

SG700の接地状態。プロペラ下の樹脂部分で接地。本体は浮いた状態

本体部分に脚はありません。

床置きすると本体部分が浮くので、プロペラ部分の下についている樹脂のクッションが脚の代わりのようです。

 

SG700の前面と下面カメラ

本体の前面と底面に1つずつカメラがあります。前面のメインカメラは上下方向に調整可能。

解像度はモデルによって異なります。(480~720p)

 

SG700の本体裏の電池取り付け箇所

バッテリーのスロットは本体後方にあります。

 

SG700の電池。脇にMicro USBあり

バッテリーのサイドにMicro-USBの差込口がついていて、ここから直接充電します。

電池の持ちは8~9分と短めですが、満充電までたったの5分。

以前買ったドローンが満充電に45分かかっていたのと比べるとストレス激減です。

 

SG700のLEDが点灯しているところ

本体上部の電源ボタンでのスイッチを入れると、LEDが点灯。青が前、赤が後ろを示しています。

一般的なドローンの配色と同じです。

SG700の操作感、飛ばしやすさ

本体とリモコンのペアリング:一般的な手順でOK

  1. 左スティックを上に倒して2〜3秒
  2. 左スティックを右下、右スティックを左下に倒して2〜3秒

これでペアリング完了です。

他のドローンと同じ一般的な手順なので、慣れている人は迷わず使えるでしょう。

離着陸:問題なし

床に置いて「ワンタッチ離着陸」ボタンを1回押せば、胸の高さくらいまで自動上昇&ホバリングします。もう一度ボタンを押すと自動着地します。

通常、着地というと高いところからそのままボーンと落ちる感じですが、SG700は着地直前にフワッと少しだけ上昇してから降りる感じ。

機体に衝撃を与えないよう制御が組み込まれているようです。

キャリブレーション:わかりやすい

ドローンの平衡感覚を調整する「キャリブレーション」も可能。

ホバリングした状態で右スティックで前後左右に調整、空中静止するところを探るだけで、自動的に調整されます。

キャリブレーションモードに切り替える手間がないぶん、初心者にはわかりやすいと感じました。

操作性:一部不便かも

スピードモードが3段階で切り替えられます。屋内で試運転したので、まずは「低速モード(ピッ音が1回)」にて。

操作モードは国際標準の「モード2」のみ対応。国内のラジコン操作と同じ「モード1」はできないみたいです。

前後左右の平行移動や8の字飛行などひと通りやってみましたが、変なバランスや操舵のクセなど、気になるところはありませんでした。

ヘッドレスモード:ちょっと不便

ヘッドレスモードの意外な落とし穴はもちろんありましたが、一番気になったのが、飛行中にヘッドレスモードの切り替えができない点。

コントロールを失いかけたときによくやる「ヘッドレスモードに切り替え→緊急退避」ができません。

切り替えるには、一度着地する必要があるようです。

360度フリップ(宙返り)

屋内でやるのは事故が怖いので試していません……。

写真・動画撮影

撮影方法は2つあります。

  1. コントローラーのボタンで撮影、SDカードに保存
  2. 専用スマホアプリ「HFun」を使って撮影、スマホへ保存

ただし、スロットの規格が違うせいか、SDカードは挿入できませんでした。スマホアプリを使いましょう。

HFUN

HFUN

Wen e OuYang無料posted withアプリーチ

SG700のカメラの実力

フロントのメインカメラ

実際に撮ってみました。

SG700の前面メインカメラで写真を撮っているところ

 

撮れた写真がこちら。

SG700のフロントカメラで撮った写真

ピンぼけすみません……。外で飛ばして撮れば、もっとキレイな写真が撮れると思います。

解像度は1920×1080でした。

本体底のカメラ

本体の底部分のカメラでも撮ってみました。

SG700の底カメラで写真を撮っている様子

 

撮れた写真がこちら。

SG700の底カメラで撮れた写真

写真が下手クソすぎて泣きそうになりますが、一応こちらも解像度1980×1080で撮れてはいます。

SG700の壊れやすさ

プロペラ部分が結構弱いです。

屋内でのテスト飛行で結構な回数カベに追突・墜落したんですが、2〜3回に一度くらいのペースでプロペラが1つ回らなくなりました。

ドローンはプロペラが1つでも回らないとバランスが取れないので、離陸直後に斜め45度に飛んでいってしまいます。

これでは困るので、変な飛び方をしたときは、

  • 回らなくなったプロペラの特定(手で持った状態で回してみて、すぐ止まるプロペラを見つける)
  • 故障したプロペラ部分のボルトを締め直す

といった修理が都度必要です。

なので、あまり強度はないと考えたほうが良いでしょう。

SG700はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

  • ドローンの楽しみを一通り試したい
  • 気軽に持ち運びたい
  • 多少の修理が苦にならない

機能は結構充実しているので、FPVや空撮を含め、ひと通りドローンを楽しむには十分です。

本体、コントローラとも折りたためるので持ち運びも便利。都市部に住む人が、電車移動で郊外にドローンを飛ばしに行くのにピッタリ。

ただし衝突・墜落するとプロペラ部分が壊れやすいので、少なくともネジの締め直しなどは自分でできるほうがいいです。

そのわりに値段がかなり安いので、壊しても後悔しづらいですし、フル機能のドローンを気楽に試してみるぶんにはおすすめです。

まとめ:ドローン初心者はぜひどうぞ

総評:

SG700は、スペック、機能、操作性、そして値段のバランスがとても良い初心者向けのドローンです。

操作にかかわる一部機能に不便な点があったり、本体の強度がイマイチなので星マイナス2しましたが、それだけ値段が安いので、

  • 初めてのドローンで大きな金額は出したくない
  • でもドローンでできることをひと通り試してみたい

と思いがちなドローン初心者の方がはじめて手に取るドローンとしてはかなりおすすめできるのではないかと思います。

SG700は日本のAmazonでも売っていますが、中国の大手ガジェットショップ「GearBest」だと、日本のAmazonより1,500円くらい安く買えます。

コスパ重視の方はGearBestで買ってみてください。

以上、「ダブルカメラでフル機能なのに安い、折りたたみ型ドローン「SG700」レビュー」でした。

コメント

  1. OmmyEatWorld より:

    既にSG900が発売されています。
    新製品のレビューをして欲しいですね。

コメント以外のご意見・ご要望、管理人へのご連絡などは、お問い合わせからどうぞ

スポンサーリンク