ポッカ「パクチー&レモネード」をパクチー好きが飲んでみたのでレビュー

パクチー&レモネードのシール

パクチー
好きのための
レモネード

ぼく?パクチー大好きです。

というわけで、ポッカサッポロが世に送り出したワールドレモネード「パクチー&レモネード」を飲んでみたのでレビューします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パクチー&レモネードとは

パクチー&レモネードとは、ポッカサッポロが販売している清涼飲料水です。

「ワールドレモネード」という、世界の様々な食材とレモネートをかけあわせることで「おいしさ×驚き」を探る取り組みの一環とのこと。

これまで黒蜜やアサイーミックス、ダージリンやモヒートなどの商品が発売されています。

参考 ワールドレモネード | ポッカサッポロフード&ビバレッジ

パクチー好きとしては飲まざるをえない

ぼくはパクチーが大好きです。

家にはKALDIで売っているパクチー焼きそばが常備されていますし、ペヤングのパクチー焼きそばも発売日に食べました。(まずかったです)

以前、職場の近くのバーで「パクチーだけサラダ」というメニューを見つけた瞬間にオーダー&一人で完食しました。

そのうちパクチーハウス東京にも行ってみたいと思っています。

ねえねえ
どうした妻
パクチー好きでしょ?
大好きです
はいこれ

パクチー&レモネードのシール

パクチー&レモネードのパッケージ写真

!!!
飲んで感想教えてね

ちなみに妻はパクチー苦手です。

パクチー&レモネードのレビュー

というわけで、パクチー大好き人間がパクチー&レモネードを飲んでみたのでレビューします。

味はレモネード、香りはパクチー

ボトルのフタを開けると、ほんのかすかにパクチーの香りがします。

パクチー好きとしては期待してしまいます。

しかし、口に入れるとレモネードの味。

甘めに作ったレモネードというイメージです。

が、はつみつレモネードほど甘くもありません。

鼻から抜ける息の香りはパクチーそのもの。

ただし本物を食べたときより香りは弱めです。

パクチーが嫌いな人は「オエっ」となるかも?と思うくらいの微妙な強さです。

あと味はさっぱり爽やか

口に入れて飲み込んだあと、しばらくパクチーの香りがします。

が、そこまで長く続きません。あと味さっぱり。

パクチー飲料というよりレモネードを飲んだあとのような感覚です。

「パクチーのクセになる香りと果実感のあるレモネードのすっきりとしたおいしさ!」

というパッケージの文言はまさにドンピシャです。

開封後2時間、パクチー臭が消えた

さっぱりしてておいしいよ
でもパクチー感はうすめかな?
ふーん

というわけで2〜3口飲んで満足したぼく。

あとでまた飲もうと、ボトルのフタをしめてカバンにしまいました。

〜 2時間後 〜

続き飲むか
…ん?
パクチー感が消えた…

パクチー&レモネードからパクチーの香りが全くしません。

ただのレモネードになっていました。

なんで?

というわけでパッケージをちら見してみると、答えがありました。

パクチー&レモネードの端書き

「本商品はパクチーの種子から抽出した成分の入った香辛料抽出物を使用しています」

コリアンダー油か

パクチーは別名コリアンダー。

コリアンダー油はアロマオイル向けの精油としても使われている香料です。

おそらくパクチー&レモネードでは、コリアンダー油のような揮発性の抽出物でパクチーの香りを出しているのでしょう。

そのため時間がたつとパクチーの香りが飛んでしまうのでは。

パクチー&レモネードを温めるとパクチー臭が立ち込めたという情報もあるため、おそらく正しいと思います。

パクチー感のないパクチー飲料って
スポンサーリンク

総評:パクチー感が調整できるレモネード

総評します。

  • パクチー好きには物足りない
  • パクチービギナーにはちょうどいいかも?
  • 苦手な人は開封後時間をあけて飲もう

一番の特徴は、開封後時間がたつとパクチー感が減っていくという点です。

パクチー感が強すぎると感じる人にとって、パクチー臭を調整できるのは安心できます。

しかしぼくのようなパクチー好きや、パクチー感を胸いっぱい楽しみたい人にとって、開封後すぐに飲みきる必要があるのは難点。

ぼくはおそらく、リピートしません。

スポンサーリンク

まとめ:パクチー&レモネードはパクチービギナーにおすすめ

以上、ポッカサッポロのパクチー&レモネードのレビューでした。

「パクチニスト」という言葉も出てくるほどもてはやされているパクチー。

パクチー&レモネードはパクチーワールドへの入り口というか、登竜門のような存在だと思います。

いきなり生パクチーをほおばるのに抵抗がある方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアやコメントはこちら

購読・フォローはこちら

おすすめ記事

あわせて読みたい